セントーサとして知られるようになる前、シンガポール南岸にあるこの島は英国軍の要塞でした。第二次世界大戦で日本軍の占領下に置かれた後、シンガポールは英国領に戻り、この島の名称は「平和と穏やかさ」を意味する「セントーサ」に変わりました。

その非凡な歴史の中で、セントーサは熱帯のビーチや豪華なホテル、スリル満点のアトラクションで人々を魅了する人気アイランドリゾートへと生まれ変わりました。スリル満点のアクティビティも島の探検も思いのまま。セントーサには冒険の世界が広がっています。

冒険と興奮に満ちた世界
プラワン・ビーチでバレーボールを楽しむ男性グループ

セントーサ島のさまざまな魅力と自然の風景を堪能できる、刺激的なアクティビティがよりどりみどりです。

観光プランを決める前に、まずはセントーサ沿岸に広がる3つのビーチのことをもっとよく知りましょう。どのビーチにも、それぞれの魅力があります。シロソ・ビーチはセントーサ島で一番賑やかなビーチで、さまざまなレストランやアトラクションを楽しむことができます。プラワン・ビーチには遊び場、公園、ラグーンがあり、家族連れにぴったり。タンジョン・ビーチは、静かなひとときを過ごすにはうってつけの隠れ家的なスポットです。

自然愛好家の方には、セントーサ・ネイチャー・ディスカバリーの体験ツアーがおすすめ。東南アジアの多様な熱帯動植物に関する知識をさらに深めることができます。この遊歩道の出発点となる体験型ギャラリーは科学的調査のスキルを磨くことができます。その後、セントーサに生息する多くの野生生物やシンガポールや東南アジア原産の天然記念樹「ヘリテージツリー」の展示を見学していきます。

海中を再現したシー・アクアリウム™にも立ち寄ります。世界屈指の大型海洋水族館であるこの施設で飼育されている海洋生物は100,000種超。間近で見られる深海海洋生物に目が釘付けです。教育プログラムが豊富なので、お子様の向学心や成長を育みたいご家族にはうってつけのスポットです。

お金持ちやセレブたちと肩を並べる夢を叶えるなら、マダム・タッソー・シンガポールがおすすめです。この世界的に有名な蝋人形館には、ポップス界の天才、マイケル・ジャクソンや、銀幕スターのマリリン・モンロー、政治家のエリザベス2世やバラク・オバマといった世界でも屈指のセレブたちの像が並んでいます。

スリル満点のアクティビティが待っています
iFlyでスカイダイビングに挑戦する女性とインストラクター

スリルを味わえるセントーサの各種アトラクションに挑戦すれば、アドレナリン全開まちがいなし。

世界最大の屋内スカイダイビング・ウィンド・トンネルiFlyシンガポールではスーパーヒーローになった気分を味わうことができます。約5.5メートルのアクリル製「ガラス壁」からは、南シナ海とシロソ・ビーチのパノラマビューを満喫できます。最先端テクノロジーを駆使したこのアトラクションでは、高さ約3700メートルから約915メートルまで急降下する疑似体験を堪能することができます。初めての方でも心配はいりません。訓練を受けたインストラクターがサポートしてくれます。

メガジップでセントーサ島のジャングルを通り抜ける家族

さらにスリルに満ちたアクティビティを堪能したいときは、メガ・アドベンチャーパーク・シンガポールで新しい高みに挑みましょう。パーク一番人気のアトラクションである「メガジップ」は、東南アジアで一番険しいジップラインです。このスリル満点のジップラインに挑戦すれば、セントーサ島の緑濃いジャングルと白いビーチを、地上450メートルというまったく新しい目線から体験することができます。その他、ハイロープコース、ロッククライミング、15メートルフリーフォール・シミュレーターなどのアクティビティも揃っています。

ハイドロダッシュ・シンガポールのすべり台上の少年

太陽や砂浜、波しぶきを満喫するなら、午後はハイドロダッシュで楽しめます。パラワンビーチの海沿いにあるシンガポール初の海に浮かぶアクアパークでは、お子様や子供の心を忘れない大人たちにとって忘れられない体験ができます。巨大なエア遊具を使った障害物ゾーンを、水しぶきをあげながら滑り抜けながら、家族や恋人、友人たちと一緒に楽しくはしゃぎましょう。

ケーブルカー・スカイネットワークの眺め

スピード感のあるアクションを楽しんだ後は、ケーブルカー・スカイネットワークに乗ってセントーサ島とフェーバーピークを眺め、セントーサ島とマウント・フェーバーの全景を満喫してください。ケーブルカーの最終便は午後8時出発ですので、それを考慮して訪問を計画してください!