プラナカン*文化が息づき、魅力的な建築が立ち並ぶジョー・チャット/カトンは、多彩な味を楽しみたい地元の美食好きが集まるエリアです。

自家製のプラナカン料理から、アートのようなジェラートまで、この地区には味覚を刺激して新しい食の世界を開く食べ物が幅広く揃っています。

*「プラナカン」はインドネシア/マレー語で「地元生まれ」を意味する言葉で、一般的には中国系とマレー/インドネシア系の婚姻による子孫のことを指します。

バーズ・オブ・パラダイス・ジェラート・ブティックの店内

東洋と西洋の融合した体験

1925 ブリューイング・コー

地元の人々のディナーや飲み会の様子を見てみたいという人は、ぜひ1925 ブリューイング・コーへ。

クラフトビールのお供には、いつものフレンチフライやバーガーのかわりに、この家族経営のパブ・レストランではナスの燻製や「オーニー」(ヤム芋の餡を使ったデザート)など、潮州風の料理をお試しあれ。シンガポールの中国系移民の中でも大きな割合を占めている潮州人の出身地・潮州の料理は、繊細な味と新鮮な食材で知られています。ここは、シンガポールで発展してきた中国料理を味わうことができる場所です。

8種類の特徴あるビール(すべて「ライオン・シティ」シンガポールでつくられたもの)が揃うこの店は、シンガポールのクラフトビールの世界に初めて足を踏み入れるという人にまさにぴったりの場所です。

1925 ブリューイング・コー261 Joo Chiat Road, Singapore 427515. +65 6909 1425.
火曜日~金曜日 午前11時~午後3時、午後6時〜午後11時 土曜日・日曜日 午後6時~午後11時


ブリティッシュ・ハイナンのチキンスープ

ブリティッシュ・ハイナン

ブリティッシュ・ハイナンは、食が異文化の橋渡しに大きな役割を担っていることを示してくれるレストランです。海南人は、植民地時代のシンガポールで西洋料理のテクニックを最初にマスターした人々です。この家族経営の食堂では、そんな歴史を舌で感じることができます。

メニューには、英国の国民食であるトリュフフライやイングリッシュ・ポーク・ソーセージなどの他、海南ポークチョップや牛テールのシチューなどの海南西洋料理の定番も揃っています。レストランの内装や家具調度にも、西洋文化の影響が感じられます。ビンテージのお土産物やレトロなアクセサリーなど、食後にゆっくり眺めることができます。

ブリティッシュ・ハイナン. 75 Carpmael Road, Singapore 429812. +65 6336 8122.
月曜日・水曜日〜日曜日 午前11時〜午後5時、午後6時〜午後10時


本物の地元のダイニングなら
ロティ・プラタとカレー

ミスター・アンド・ミセス・モーガンズ・スーパークリスピー・プラタ

ミスター・アンド・ミセス・モーガンズ・スーパークリスピー・プラタはただの屋台ではありません。30年以上にわたって、シンガポール東部の人々が集まる人気店として愛され続けているのです。

地元の人と同じように朝食を楽しみたいなら、ここがうってつけの場所です。「プラタ」(南インド地方の平たいパン)をカレーにつけて食べるのが地元流の朝食の定番。この屋台のプラタは、軽くてパリパリとした食感が楽しめます。このおいしい「プラタ」のつくり方を知りたいという美食好きの方は、この店のオーナーが粉をこねて揚げてつくっている様子を見ることもできます。

初めて訪れる人は、「コソン・プラタ」(プレーン)、または「エッグ・プラタ」を注文することをおすすめします。シンプルな味を堪能することができます。味わい濃厚なマトンと魚のカレーをつけて、スパイシーな味わいを楽しむこともお忘れなく。

ミスター・アンド・ミセス・モーガンズ・スーパークリスピー・プラタ・アット・ティン・ユン・レストラン. 300 Joo Chiat Road, Singapore 427551.
月曜日・木曜日〜日曜日 午前6時30分~午後1時、火曜日 午前6時30分〜午前11時30分


シンガポールで最も歴史の長いプラナカンレストラン、グアン・ホー・スーンでプラナカン料理に舌鼓を打つビジネスマンたち。

レストラン「グアン・ホー・スーン」

本物の地元シンガポールの味を体感してみたいという方は、ランチにはグアン・ホー・スーン・レストランがおすすめです。ここはシンガポールで最も古いプラナカン料理の食堂なのです。

プラナカン料理は豊かで複雑な味わいで知られています。このお店では、「バビ・ポンテ」(発酵した大豆を使ったポークシチュー)から「サンバル・アダン」(エビチリ)まで、伝統的なプラナカン料理を数多く取り揃えています。

メモ:「キャプテン・マーベル」の主演女優、ブリー・ラーソンは2019年2月にグアン・ホー・スーンを訪れ、そのダイニング体験を称賛するコメントを残しています。スーパーヒーローも大満足の味を是非お試しあれ!

レストラン「グアン・ホー・スーン」 40 Joo Chiat Place, Singapore 427764. +65 6344 2761.
毎日 午前11時〜午後3時、午後6時〜午後9時30分


チリソースとニョニャ・ピクルスを添えたチキンライス

デリシャス・ボーンレス・チキンライス

多くのシンガポール人にとって、チキンライスはただの地元料理ではありません。チキンライスは、昔の楽しい思い出が詰まった国民食なのです。

デリシャス・ボーンレス・チキンライスでは、風味豊かなお米とやわらかいチキンをたっぷり使い、最後にごま油と揚げニンニクを添えています。食欲をそそる「アチャー」(野菜のピクルス)や、自家製のスープも絶品です。

ランチ目当てなら、正午前に来店することをおすすめします。なぜなら、30分の待ち時間はざらだからです。

カトン・ショッピング・センター. 865 Mountbatten Road #B1-85/87, Singapore 437844.
火曜日〜日曜日 午前10時30分〜午後8時


デザートやスイーツに
バーズ・オブ・パラダイス・ジェラート・ブティックのジェラート

バーズ・オブ・パラダイス・ジェラート・ブティック

甘い物好きに人気のバーズ・オブ・パラダイス・ジェラート・ブティックでは、植物をテーマにしたさまざまなアイスクリームが楽しめます。チョコレートやバニラといった定番の味のかわりに、ここではハーブやスパイス、花を使ってつくったユニークなアイスクリームをつくっているのです。

一番人気はストロベリー・パジル、パンダン、そしてピスタチオ。お持ち帰りもできるので、ホテルの部屋でゆっくり味わうこともできます。

バーズ・オブ・パラダイス・ジェラート・ブティック. 63 East Coast Road #01-05, Singapore 428776. +65 9678 6092.
火曜日〜木曜日・日曜日 正午〜午後10時、金曜日・土曜日 正午時〜午後10時30分


ドナ・マニス・ケーキショップ

お母さんが焼いてくれたケーキの懐かしい味を思い出させてくれるのが、ドナ・マニス・ケーキショップです。

地元の人々に人気の、伝統的なベーカリー。カトン・ショッピング・センターの地階にひっそりとたたずむ隠れた名店です。家族経営のこのお店には、毎朝6時につくられた、焼きたてのおいしいペストリーが並びます。

タルトや人気のクリームパイももちろんおいしいのですが、このお店の注目は何と言ってもバナナパイ。バターとバナナ、アーモンドとココナッツを使った、贅沢な一品です。

カトン・ショッピング・センター. 865 Mountbatten Road #B1-93, Singapore 437844. +65 6440 7688
月曜日・木曜日〜土曜日 午前9時30分~午後5時、日曜日 午前9時30分~午後4時