Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

シンガポールは新型コロナウイルス肺炎予防(2019-nCoV)をさらに強化しました。詳細は こちらをクリックしてください。シンガポール政府観光局は、あなたの安全と健康のための予防措置を強化しています。公共の場で過ごす時間を必要最小限に抑えるために、 eサービスをご利用いただくことをお勧めします。

電車で

線路を走る大量高速輸送機関(MRT)の車両

シンガポール内を最も速く移動できるのはMRT(大量高速輸送機関)でしょう。大半の観光スポットはMRT駅から歩いてすぐ。電車は、最高の移動手段です。

MRTの利用方法には以下のような選択肢があります。

1. シンガポール・ツーリスト・パス(STP)を購入すれば、MRTを乗り放題で利用できます。これは観光客専用のEZリンク・プリペイドカードで、1日用(S$10)、2日用(S$16)、3日用(S$20)の3種類があります。

シンガポール・ツーリスト・パスは、こちらに記載されているMRT各駅のトランジットリンク・チケット・オフィス、またはサマセット駅にあるコンセッションカード交換オフィスで購入できます。あるいは、オーチャード駅、ハーバーフロント駅、チャンギ空港駅(ターミナル2および3)のトランジットリンク・チケット・オフィス付近にあるSTP自動券売機でも、毎日購入できます。

2. シンガポールの公共交通機関料金の支払いには、シンガポール国外で発行されたマスターカードおよびVisaの非接触型銀行カードも利用できます。

シンガポール国外で発行された銀行カードの場合は、手数料が適用されます。詳しくはトランジットリンクのSimplyGoのウェブサイトをご覧ください。

3. 大人用プリペイドカード(EZリンク/Nets FlashPay):カード代込みで価格はS$12。運賃S$7分がチャージされています。このカードはトランジットリンク・チケット・オフィスで購入できます。

バスで

路上を走行中の2階建て公共バス

シンガポールのバス路線は、シンガポールのほぼ全土をカバーしています。

経済的なだけでなく、車窓を彩る風景も抜群です。エアコンの効いた快適な車内から、「シティ・イン・ア・ガーデン」の豊かな緑や美しい建築物を眺めることができます。バス運賃の支払いには、大人用プリペイドカード(EZリンク/Nets FlashPay)またはシンガポール・ツーリスト・パス(STP)を使用できます。バスドライバーの横に設置されている電子カードリーダーを探して、乗車時にカードをかざしましょう。

また、シンガポール国外で発行されたマスターカードおよびVisaの非接触型銀行カードも、乗車料金の支払いに利用できます。

下車時にも、後部出口のそばにあるカードリーダーにカードをかざす必要がありますので、お忘れなく。現金払いも可能ですが、お釣りのないように小銭をご用意ください。シンガポール国外で発行された銀行カードの場合は、手数料が適用されます。詳しくはトランジットリンクのSimplyGoウェブサイトをご覧ください。

公共バスはすべて、ベビーカーを畳まずに乗せることができます。お手伝いが必要な場合は、バス運転手に声をおかけください。

バスが混雑している場合は、ベビーカーを畳んでいただくことがありますので、ご注意ください。詳細情報とガイドラインについては、SBSトランジットSMRTGo-Ahead Singaporeタワー・トランジット・シンガポールの各ウェブサイトをご覧ください。

交通情報、旅行計画、最寄りの交通機関サービスなど、その他の役立つ情報については、MyTransportアプリ(iOS/Android)をダウンロードしてください。

タクシーで

チャイナタウン付近の交差点

バスやMRTが運行していない場所へお出かけの際は、タクシーが便利で快適です。シンガポールのタクシーはメーター制ですが、利用時間帯や場所、タクシー会社によって追加料金がかかる場合があります。

おおよその料金を知るため、運転手に追加料金がかかるかどうか事前に確認し、支払いの際は領収書をもらいましょう。手早く簡単に比較することができるこのウェブサイトもチェックしましょう。

通常は、道路脇で手を上げてタクシーを止めることができます。多くのショッピングモールやホテル、観光名所では、タクシー乗り場をご利用ください。

自転車で

サイクリング道路で自転車に乗る男性

陽光降り注ぐシンガポール島をサイクリングするのは、ビタミンDを生成しながら市内に点在する緑豊かな空間を満喫するにはうってつけの方法です。

シンガポールには、おすすめスポットを結ぶサイクリング道路が張り巡らされています。自転車は、認可事業者やSG Bikeのような自転車シェアリングアプリを使ってレンタルすることが可能です。

シンガポールの電車やバスでは、折りたたみ自転車の輪行は自由。ただし、サイズが大きい場合は確認が必要です。シンガポール国内のサイクリングガイドラインは、こちらをご覧ください。

シンガポール・ビジターセンター

オーチャード・ゲートウェイの向かいにあるシンガポール・ビジターセンター

サポートが必要な場合やご質問がある場合は、国内7か所あるシンガポール・ビジターセンターにお気軽にお立ち寄りください。

ビジターセンターには、役立つサービスや情報がたくさんあります。ご旅行のプランづくり、おすすめの観光スポット情報の収集、観光チケットの購入、宿泊施設のご予約、またはお土産選びにぜひご利用ください。

もっと詳しく