Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

シンガポールは新型コロナウイルス肺炎予防(2019-nCoV)をさらに強化しました。詳細は こちらをクリックしてください。シンガポール政府観光局は、あなたの安全と健康のための予防措置を強化しています。公共の場で過ごす時間を必要最小限に抑えるために、 eサービスをご利用いただくことをお勧めします。

2020年7月14日

新型コロナウイルス感染症の発生以来、シンガポール政府は輸入感染のリスクを減らし、ウイルスの伝播を遅らせるために、一連の対策を講じて参りました。現在、シンガポールの国境では、安全に渡航していただけるよう出入国の人数を限定し、公衆衛生に配慮した上で必要な予防措置を講じながら、入国制限を徐々に緩和しています。

  1. 現在、シンガポールへの短期滞在者の入国は、グリーン/ファストレーンで入国する場合、もしくは特別な事前承認を得ている場合を除き禁止されています。また、シンガポールは全てのクルーズ船の寄港も停止しています。

  2. 中国
  3. 中国からの旅行者は、必要不可欠な渡航に限り中国の特定の省とシンガポールの間に設けられた「ファストレーン」を利用してシンガポールへの入国が認められています。中国居住者がファストレーンを利用してシンガポールへ必要な商用や公用の渡航を希望する場合は、シンガポール入国前にシンガポールの企業または政府機関が保証人となり、承認を受け、またその他の諸要件も満たす必要があります。中国からシンガポールに帰国するシンガポール国民、永住者、長期パス保持者についても、一連の要件を満たす必要があります。詳しくは、こちらのウェブサイトをご覧ください。 https://www.mfa.gov.sg/Newsroom/Press-Statements-Transcripts-and-Photos/2020/06/20200603-SG-CHINA-Fast-Lane-Essential-Travel.

  4. マレーシア
  5. シンガポールとマレーシアは、2020年8月10日より二国間の相互グリーンレーン(RGL)と定期通勤協定(PCA)の施行に向けて調整を進めています。RGLでは、両国間の必要不可欠なビジネスや公務のための出入国が可能になり、PCAでは長期就労ビザを保持しているシンガポールとマレーシアの居住者による越境通勤が可能になります。対象者は、両国が相互に合意した新型コロナウイルス感染症の予防措置と公衆衛生措置を順守する必要があります。両国間の出入国のための要件、公衆衛生基準、申請手続きなどについては、RGLとPCAの施行10日前に公表される予定です。詳しくは、こちらのウェブサイトをご覧ください。 https://www.mfa.gov.sg/Newsroom/Press-Statements-Transcripts-and-Photos/2020/07/20200714-Joint-Press-Statement

  6. シンガポールは、安全な旅行のための二国間協定の策定について、様々な国や地域と継続的に協議を進めています。今後もウイルスに関する知見や他の国や地域の動向を注視しながら、国境措置についての情報を更新して参ります。

  7. シンガポール在住者、長期パス保有者を含め、シンガポールへの入国を希望する全ての旅行者は、シンガポール保健省(https://www.moh.gov.sg/covid-19)および入国管理局 (https://www.ica.gov.sg/covid-19) のウェブサイトで、シンガポールにおける新型コロナウイルス感染症の状況や国境管理措置、および自宅待機通知要件などに関する最新情報を確認することができます。また、旅行者に対する措置についての情報は、こちらのウェブサイトにまとめられています。 (https://www.moh.gov.sg/docs/librariesprovider5/2019-ncov/measure-for-inbound-travellers-(05-jul-2020).pdf).

  8. すでにシンガポールに滞在中の方は、衛生管理を徹底し、健康に留意し、感染予防に努めてください。