Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

シンガポールは新型コロナウイルス肺炎予防(2019-nCoV)をさらに強化しました。詳細は こちらをクリックしてください。シンガポール政府観光局は、あなたの安全と健康のための予防措置を強化しています。公共の場で過ごす時間を必要最小限に抑えるために、 eサービスをご利用いただくことをお勧めします。

2020年6月15日

新型コロナウイルス感染症の発生以来、シンガポール政府は輸入感染のリスクを減らし、ウイルスの伝播を遅らせるために、一連の対策を講じて参りました。現在、シンガポールの国境では、安全に渡航していただけるよう出入国の人数を限定し、公衆衛生に配慮した上で必要な予防措置を講じながら、入国制限を徐々に緩和しています。

以下は、旅行者への対策の概要です。

  1. シンガポールへの短期滞在者の入国は、グリーン/ファストレーン(中国から始まり、最終的には多くの国や地域をカバーします。)で入国する場合かもしくは特別な事前承認を得ている場合を除き禁止されています。また現在、シンガポールは全てのクルーズ船の寄港も停止しています。

  2. 中国からの旅行者に限り、中国の特定の省とシンガポールの間に設けられた「ファストレーン」を利用して、シンガポールへの入国が認められています。中国居住者がファストレーンを利用してシンガポールへの必要な出張や公用の渡航を希望する場合は、シンガポールに入国する前に、企業またはシンガポールの政府機関が保証人となり、承認を受け、その他の要件を満たす必要があります。中国からシンガポールに帰国するシンガポール国民、永住者、長期パス保持者も、一連の要件を満たす必要があります。シンガポール・中国ファストレーンの要件についての詳細は次のウエブサイトをご覧ください。 https://www.mfa.gov.sg/Newsroom/Press-Statements-Transcripts-and-Photos/2020/06/20200603-SG-CHINA-Fast-Lane-Essential-Travel.

  3. シンガポールは、安全な旅行のための二国間協定の策定について、様々な国や地域と継続的な協議を行っています。今後もウイルスに関する理解や他の国や地域の動向を考慮しながら国境措置を更新して参ります。

  4. 全てのシンガポール国民、永住者、長期パス(ワークパス、学生パス、長期滞在パス(LTP)、扶養家族パス保持者およびLTPの原則承認(IPA)を受けた者)保有者を含む全ての入国者には、14日間の自宅待機通知が発行されることが義務つけられています。14日間の自宅待機通知に加え、シンガポールに入国する全ての旅行者は、自宅待機通知が終了する前に感染検査を受ける必要があります。

  5. 2020年6月17日以降にシンガポールに入国する全ての旅行者で、入国前の14日間にオーストラリア、ブルネイ・ダルサラーム、香港、日本、マカオ、中国本土、ニュージーランド、大韓民国、台湾、ベトナムに滞在した方は、自宅待機通知専用施設で待機する必要はありません。
    a. シンガポール国民および永住権保持者は、14日間の自宅待機通知をご自身の居住地で受けることができます。
    b. 長期パス保持者は、自分自身もしくは家族が所有している居住地、賃貸の居住地、またはホテルなどの適切な宿泊施設でご自分の費用で14日間の自宅待機通知を受けることができます。

  6. シンガポールに入国するその他の旅行者は、自宅待機通知専用施設で14日間の待機を行います。

  7. 長期パス保持者は、シンガポールー中国ファストレーンで帰国される方を除き、シンガポールに入国する前に事前の承認が必要となります。

  8. シンガポールの国境管理措置の詳細については、入国管理局(ICA)のウエブサイト(https://www.ica.gov.sg/covid-19)をご覧ください。

  9. すでにシンガポールに滞在中の方は、衛生管理を徹底し、健康状態にご留意ください。 シンガポールにおける新型コロナウイルス感染症の最新情報は、保健省(MOH)のウエブサイト(https://www.moh.gov.sg/covid-19)をご覧ください。 

添付

現在、入国に関して制限のある国、地域は以下の通りです (シンガポール国民及び永住権保有者, 長期パス保持者)

渡航歴がある国、地域

シンガポール国民及び永住権保有者

長期パス保持者
(入国のための承
認をお持ちの方)1

入国前の14日間に
以下の国、地域に
滞在した旅行者
オーストラリア
ブルネイ・ダルサ
ラーム
香港
日本
マカオ
中国本土
ニュージーランド
大韓民国
台湾
ベトナム

14日間の自宅待
機通知

自宅待機通知の
終了前に感染検
査(有料)

14日間の自宅
待機通知

自宅待機通知
の終了前に
感染検査
(有料)

その他の旅行者

14日間の自宅待
機通知専用施設
での待機

自宅待機通知の
終了前に感染検
査(有料)

14日間の自宅待機
通知専用施設での
待機(有料)

自宅待機通知の終
了前に感染検査
(有料)

 

現在、入国に関して制限のある国、地域は以下の通りです (短期滞在者)

渡航歴がある国、地域

短期滞在者

入国前の14日間に
以下の国、地域に
滞在した旅行者
オーストラリア
ブルネイ・ダルサ
ラーム
香港
日本
マカオ
中国本土
ニュージーランド
大韓民国
台湾
ベトナム

入国できません。
(グリーン/ファストレー
ンの取り決め2
たは特別な事前承認3
がある場合を除く)

その他の旅行者


1この発表前に入国許可を得た長期パス保持者は、自宅待機通知を専用施設で受ける事ができ、終了前の感染検査料や施設滞在費はかかりません。
22020年6月15日現在、シンガポール―中国ファストレーンを設定しています。
3シンガポールに入国するための特別な事前承認を受けた短期滞在者(グリーン/ファストレーンの手配を除く)は、長期パス保持者と同様に自宅待機通知や感染検査にかかる費用はご負担いただきます。 現在、入国に関して制限のある国、地域は以下の通りです。