Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

シンガポールは新型コロナウイルス肺炎予防(2019-nCoV)をさらに強化しました。詳細は こちらをクリックしてください。

2020年2月7日

先月1月以来、シンガポール政府は新型コロナウイルス(2019-nCoV)の輸入症例とコミュニティ伝播のリスクを軽減するための一連の措置を実施しています。世界的にもシンガポールでも状況が深刻化するにつれて、これらの対策を段階的に強化しました。

2020年2月7日、中国への渡航歴や既存の事例との関連性のないいくつかの事例があったため、リスク評価をDORSCON YellowからDORSCON Orange [1]に強化しました。本勧告では、旅行者と観光産業の方々へ参考としていただくため、輸入症例とコミュニティ伝播のリスクを軽減するための現在の対策の概要を提供いたします。

旅行者への一般的な勧告

1. 中国からの旅行者の方へ

a. 過去14日以内に中国本土に渡航したことがあるすべての新規訪問者は、シンガポールへの入国およびシンガポール経由の乗り継ぎを許可されません。

b. 入国管理局(ICA)は、中華人民共和国のパスポートを持っている方に対するすべての種別の新規ビザの発行を停止しました。また、中華人民共和国のパスポートを持っている方に対してビザなしのトランジット施設としてのシンガポールの利用も停止されています。

c. 中華人民共和国のパスポートを持っている方へ以前に発行された短期ビザおよびマルチプル・ビザも一時停止されています。この停止期間中、シンガポールへの入国は許可されません。詳細は、シンガポール保健省(MOH)のウェブサイトをご確認ください(https://www.moh.gov.sg)。

2. 他のすべての旅行者の方は、シンガポールに入国してから2週間のあいだ、健康を注意深く観察する必要があります。気分が悪い場合は、直ちに医師の診察を受け、また渡航歴を医師に知らせる必要があります。発熱や呼吸器症状(咳、鼻水など)がある場合は、事前に病院に電話をし、マスクを着用して訪れる必要があります。

3. 旅行者は常に次の予防措置をとってください。

  • 家禽や鳥を含む生きた動物との接触および生肉や調理が不十分な肉の接種を避ける。
  • 混雑した場所への訪問を避け、気分が悪い人や病気の症状を示している人との密接な接触を避ける。
  • 個人的に衛生を保つ。
  • 石鹸を使った手洗い(食べ物を扱う前や食事をする前、トイレに行った後、咳やくしゃみで手が汚れたときなど)を頻繁に行う。
  • 咳や鼻水などの呼吸器系の症状がある場合は、マスクを着用する。
  • 咳やくしゃみをするときは、ティッシュペーパーで口を覆い、汚れたティッシュペーパーはすぐにゴミ箱へ捨てる。
  • 気分が悪い時は、すみやかに医師の診察を受ける。

状況に進展がある場合、シンガポール保健省(MOH)のWebサイト(https://www.moh.gov.sg)を定期的に参照して最新の情報を入手してください。また、こちらで観光業界向けにシンガポール政府観光局が用意したFAQのリストも参照できます。シンガポール人、観光客、観光産業で働く人々の健康と安全はシンガポール政府観光局の優先事項であり、皆様の変わらぬご支援とご理解にに感謝いたします。

[1]Disease Outbreak Response System(通称:DORSCON)は、感染症の現在の状況や、感染の影響を予防および軽減するために何をする必要があるかを示す、色分けされたフレームワーク(緑、黄、オレンジ、赤)です。