シンガポールへの旅行準備をする際は、こちらのウェブサイトで出発国/地域別の条件や要件を確認されることを強くおすすめします。

シンガポールへの出発前

   安全な旅行に必要な手配をする

短期旅行者は全員、下記の安全渡航レーンのうち1つを利用してシンガポールに入国することができます。

エアトラベルパス(Air Travel Pass、ATP)
一部の国から渡航する外国人短期旅行者は、入国予定日の30日前~7日前の間にエアトラベルパスを申請することによってシンガポールへの入国を希望することができます。

コネクト・アット・シンガポール(Connect@Singapore、Connect@SG)
商用または公用で訪問する短期旅行者は、指定機関のオペレーターを通じて、「コネクト・アット・シンガポール」イニシアチブに基づく当該旅行予定者のセーフトラベルパス(SafeTravel Pass)の身元保証/申請を申し込むことができます。これは、入国予定週の14日前までに行う必要があります。

相互グリーンレーン(Reciprocal Green Lane、RGL)
シンガポール国内の企業または政府機関は、入国予定週の35日前~14日前の間に当該旅行予定者に代わって相互グリーンレーンに基づく安全渡航パスの身元保証/申請を行うことができます。

ワクチン接種完了トラベルレーン(VTL)
2021年9月1日0時1分(シンガポール時間)より、VTL対象国の旅行者は、入国予定日の7ー30日前に新型コロナワクチン接種証明書を添えてワクチン接種完了トラベルパス(VTP)を申請することができます。


   ビザを申請する(該当する場合)

シンガポールへの入国に際してビザが必要となる場合は、現地スポンサー、シンガポール在外公館、または公認のビザ申請代行機関を通じて申請してください。申請するには、シンガポール入国に使用するそれぞれの安全渡航レーンの承認書が必要になります。

有効なビザをすでにお持ちで、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のために一時停止されている場合は、再度申請する必要はありません。お持ちのビザが有効かどうかを確認するには、こちらにアクセスしてください。


   出発前の確認

2021年5月7日23時59分より、エアトラベルパス、コネクト@シンガポール、ワクチン接種完了トラベルレーンを利用してシンガポールに入国する全ての短期旅行者は、シンガポールへの出発前に申告した出発地に出発前の21日間連続して滞在することが求められます。

相互グリーンレーンを利用して入国する旅行者については、シンガポールに向けて出発する前に14日間連続で申告した出発地に滞在する必要があります。

出発3日前には、以下のことを行う必要があります。

  • 到着時に受けるCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のためのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の登録と支払い
  • SG Arrival Cardのすべての健康申告書および渡航申告書をVisit Singapore Travel Guideアプリ1またはSG Arrival Card(SGAC)電子サービスで送信
  • TraceTogetherアプリ2のダウンロードと各自のプロフィールの登録
  • エアトラベルパス保有者および相互グリーンレーンを利用する旅行者は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のPCR検査の結果を待つ間、認定宿泊施設に宿泊の予約をして、最大48時間自主隔離することが義務付けられています。3
  • ワクチン接種完了トラベルレーンのパスの保有者は、到着時の新型コロナウイルスのPCR検査の結果を待つ間、事前に指定された居住宿泊施設又は条件を満たす非居住宿泊施設のいずれかで最大24時間の自主隔離が必要です。
  • 2021年5月29日23時59分より、シンガポールに入国前の21日間に低リスクの国または地域*に滞在したことのある人を除く全ての旅行者は、新型コロナウイルス感染症のPCR検査が陰性であることを提示する必要があります。

中国本土、ニュージーランド、香港、マカオ

1 Visit Singapore Travel GuideアプリをApp StoreやまたはGoogle Playでダウンロードしてください。

2 登録に関する詳細情報はTraceTogetherをご覧ください
お持ちのモバイルデバイスにTraceTogetherアプリをダウンロードできない方は、シンガポールへの出発前にチャンギ・レコメンズでアプリに対応するモバイルデバイスをレンタルすることができます。

3 安心して利用できるよう、選択した宿泊施設がSG Clean認証の高い衛生基準を満たしているかどうかを確認してから予約するとよいでしょう。


    旅行保険の補償内容を確認する

アトラベルパス、相互グリーンレーン、ワクチン接種完了トラベルレーンをご利用の方は、シンガポールへの渡航前に旅行保険に加入する必要があります。

保険でカバーされるCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)関連の入院費や治療費の補償額はS$30,000以上とします。詳しくは、入国管理局のSafeTravelウェブサイトをご確認ください。


シンガポールへの到着時

   到着書類の提出

シンガポール入国時には、以下を提出する必要があります。

  • いずれかの安全渡航レーンに関する承諾書
  • 有効なビザ(必要な場合)
  • TraceTogetherアプリをダウンロードしてプロフィールの登録を済ませているモバイルデバイス
  • エアトラベルパス、相互グリーンレーン、ワクチン接種完了トラベルレーンをご利用の方は、旅行保険証書の電子ファイル又は証書のコピーの提示が必要です。
  • コネクト@シンガポール及び相互グリーンレーンをご利用の方は、出発前72時間以内に取得した新型コロナウイルスの検査の陰性結果を提示する必要があります。ワクチン接種完了トラベルレーンの旅行者は、出発前48時間以内に取得した新型コロナウイルス検査の陰性結果を提示する必要があります。
  • 相互グリーンレーンを利用する旅行者には、以下の提出も義務付けられています。
    • 14日間の旅程
    • シンガポール出国の証明

   COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のPCR検査を受ける

すべての短期旅行者に対して、到着時にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のPCR検査を受けることが義務付けられています。

到着後、エアトラベルパス、相互グリーンレーン、ワクチン接種完了トラベルレーンの旅行者は、空港から申告した非居住宿泊施設までの移動に必要な手配を行うか又は民間交通機関、タクシーまたはハイヤーを利用してください。コネクト@シンガポールの旅行者は、指定施設のオペレーターが用意する交通手段で移動してください。

検査結果が陰性であることの通知を受けるまで(48時間以内)、自主隔離を続けてください。陰性判明後は、シンガポールの観光や散策に出かけることができます。

シンガポール滞在中にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の診療を受ける必要が生じた場合、旅行者の医療費はすべて自費負担となります。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が補償される旅行保険を契約している方は、診療にかかった費用を請求できます。


   接触者追跡を活用して安全を確保する

  • TraceTogetherアプリのダウンロードとプロフィール登録
  • 接触者追跡を円滑に進めることができるよう、シンガポール滞在中はこのアプリを常に有効な状態にしておいてください。
  • TraceTogetherアプリの「SafeEntry」を使用して入退場を記録
  • シンガポール出国後の14日間は、このアプリとデータを保存しておいてください。
  • 相互グリーンレーンを利用する旅行者は、あらかじめ計画された14日間の旅程に常に従ってください
  • 「コネクト・アット・シンガポール」を利用する旅行者は、以下の制限を遵守してください。
    • 指定機関の範囲内にとどまること
    • 事前に申告した2名以下の旅行者の団体と共に滞在すること
    • 指定機関のオペレーターの手配どおりに定期的に検査を受けること

シンガポール滞在中

シンガポール旅行中の感染リスクを減らすため、各自で講じることができる予防策を導入しています。ここでは、ご自身および周囲の方々を守るうえで役立つアドバイスをご紹介します。



食事中や運動時を除き
公共の場所では
マスクを常に着用しましょう。

 


人との間隔は常に
最低1m空けるようにしましょう。

2021年9月27日より、
旅行や交流でのグループの
人数は2名までとなりました。


レストラン、ショッピングモール、
店に入る前に、TraceTogether
TraceTogetherアプリ*
SafeEntryへの記録を
行ってください。


レストラン、ショッピングモールお
よびショップに入る前には、
検温を 行います。
行ってください。


*TraceTogetherは、シンガポールのCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策を支える接触追跡モバイルアプリです。アプリがインストールされているスマートフォンが近くにあると、匿名化された情報がBluetoothを介して交換されます。アプリで収集されたデータは各自のスマートフォンに安全に保存され、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査で陽性反応が出た場合に限りその人のデータが保健省に提供されます。すべてのデータは25日経過後に自動的に削除されます。


COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策に関する最新情報

以下の措置は2021年9月27日より実施されます。

1. MICEイベント、スポーツイベント、ライブパフォーマンス  

  • MICEイベント、スポーツイベント、ライブパフォーマンスについては、事前検査をしない場合は50名まで、参加者全員がワクチン接種済みの場合は1000名までを上限とします。

 2. 外食

  • 飲食店(ホーカーセンターや昔からコーヒーショップと呼ばれる飲食店は除く)での飲食は、全員がワクチン接種済み*の場合は1グループ2名まで、ワクチン接種が済んでいない方は、事前検査(PET)の陰性証明があれば食事ができます。
  • ホーカーセンターやコーヒーショップでの飲食は、ワクチン接種の有無にかかわらず、1グループ2名までです。    

3.運営上の人数制限

  • 観光地やクルーズは定員の50%を上限とします。
  • 乗り物に乗るツアーは50名、乗り物に乗らないツアーは20名が上限となります。

*ワクチンを接種していない12歳以下の子供を含むことができます。詳細はこちらをご覧ください


シンガポール滞在中に体調が悪くなった場合は

体調が悪くなった場合は、ただちに公衆衛生対応クリニック(PHPC)を受診してください。クリニックへの移動には、ハイヤーまたはタクシーを利用してください。公共交通機関の使用は禁じられています。

ラッフルズメディカルグループ(+65 6311 1222)など、シンガポールの一部のクリニックではCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の検査・診療に24時間対応しています。


常に最新の情報を

渡航制限や渡航勧告は突然変更されることがあります。最新情報はシンガポールの関連当局で確認することをおすすめします。役立つリンクをご紹介します。    

  • シンガポールにおけるCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の最新状況は、保健省およびGov.sg COVID 19を参照してください。      
  • シンガポールに入国する長期および短期旅行者への国境措置に関する最新情報は、入国管理局を参照してください。 

2021年9月27日の更新情報です。   


先頭に戻る