一般的な旅行

2022年4月1日より、ワクチン接種を完了しているか否かによって入国要件に違いがあります。

ワクチン接種を完了している渡航者

シンガポールはワクチン接種を完了しているすべての渡航者を歓迎致します。入国許可申請、渡航前検査、到着後検査並びに隔離の必要はありません。

ワクチン接種を完了している渡航者ならびにワクチン接種を完了していない12歳以下のお子様はシンガポールへの入国が可能です。

出発前のチェックリスト

  • ワクチン接種証明書を入手してワクチン接種チェックポータルVaccination Check Portalにアップロードしてください
  • シンガポール行きの航空券を購入
  • トレーストゥゲザーアプリをスマートフォンにダウンロードし、必要事項を登録をする
  • 出発3日前:SG Arrival Card(電子入国カード)とe-health declaration(電子健康申告書)をシンガポール入国管理庁(ICA)の無料の公式電子サービスを通じて提出

ワクチン接種を完了していない渡航者

現在、ワクチン接種を完了していない短期渡航者は有効な入国許可(例:例外的な理由)が無い場合シンガポールへの入国が原則できません。

出発前のチェックリスト

  • 入国許可をapplicationより提出
  • 空路もしくは海路での入国の場合はPCR 検査又は専門家による抗原迅速検査( ART )を受検し、英文の陰性証明を入手
  • 到着後:事前に予約をした任意の宿泊施設において7日間の隔離(SHN)を行う
  • SHN終了時:PCR検査を受検


簡素化された新型コロナウイルス対策

最新の新型コロナウイルス対策とともに安心してシンガポールを散策しましょう。

マスク着用
現在、屋外でのマスク着用は任意です。屋内でのマスク着用は飲食時を除き必須です。
10人グループ
懇親の場には最大で10名まで集まることが可能です。
外食
ワクチン接種を完了していることを条件に最大10名のグループで外食をすることができます。これにはレストラン、ホーカーセンター、コーヒーショップが含まれ、ワクチン接種状況の確認を入店時に実施します。


もし体調が悪くなったり、新型コロナウイルス検査が陽性だった場合

シンガポール保健省はシンガポール滞在中に体調が悪くなったり、新型コロナウイルスの症状を呈したり、検査で陽性反応が出た場合の手続き(プロトコル)を発表しています。



常に最新情報をご確認ください

旅行規制や安全距離の規則は急に変更となる場合があります。シンガポールの最新の新型コロナウイルス状況についてはシンガポール保健省またはGov.sgのサイトをご確認ください


現在、すべての国・地域が一般的な旅行のカテゴリーに分類されています。越境、入国に際し別途必要条件が適用される規制された旅行のカテゴリーに分類されている国・地域はありません。

先頭に戻る