オーチャード・ロードの始まりは1830年代初頭までさかのぼります。当時は、まだ果樹園やナツメグのプランテーション、コショウ農園が広がる名もない通りでした。1958年、地元の商人であるC.K.タンがオーチャード・ロードに最初のデパート、タングスを創立しました。当時はハウス・オブ・タングスとして知られたこのデパートのオープンにより、このエリアはシンガポールで最も愛されるショッピング街への第一歩を踏み出しました。

賑やかな大通りであるオーチャード・ロードは、今やショッピングとダイニングのパラダイス。5,000を超えるショップや施設が並び、旅行者もローカルも至高のライフスタイル体験を味わうことが可能です。

ショッピング天国
夜のIONオーチャードのファサード。

ショッピングの旅はタングスから。シンガポールで最古のデパートの1つであるこのショッピングセンターのデザインは、紫禁城へのオマージュ。東洋建築に独特な翡翠色をした仏塔風の屋根とアイコニックな赤い円柱が特徴です。タングスには、有名ブランドやアジアの雑貨、個性的なお土産が揃っています。

全く対照的なスポットをお探しでしたら、オーチャードロードを散策しつつ、シンガポールでも屈指の華やかさを誇るショッピング・コンプレックス、IONオーチャードを目指しましょう。その斬新なルックスで名高いモールには、8フロア以上のスペースに、ラグジュアリー・ブランドからハイストリート・ファッション、娯楽施設までが軒を連ねています。

TGWCのグランデ・ホールに並ぶウィスキーのボトル。

高品質のスピリッツ通には、IONオーチャード5階のグランデ・ウィスキー・コレクションがおすすめです。このミュージアムは、4,500を超える世界でも屈指のレアで古いウィスキーのコレクションを誇り、ギフトショップには特選のスコッチとジャパニーズ・ウィスキーの銘柄が並びます。テイスティングと詳しいガイド付きのツアーが常時行われており、スピリッツでも多くの愛好家を持つウィスキーについて理解を深めるにはうってつけです。

ショッピングはひと休みして、しばしアートに浸りたいという方は、IONアート・ギャラリーに行ってみましょう。このアート空間では国内外から幅広い展示が行われ、あなたの中のクリエイティブを刺激します。

買い物づくしの締めくくりにファー・イースト・プラザはいかがでしょうか。ストリートファッション好きや、お買い得品を探している人にはぴったりです。このモールには、流行のストリート・アパレルのショップからお手頃な美容サービス、電化製品のお買い得品までが揃っています。

美食家の食道楽:夜明けから夕暮れまで
マンハッタン・バーの内装イメージ

早朝であっても、夕暮れ時であっても、オーチャード・ロードには、舌の肥えたグルメを唸らせるワールドクラスのダイニング体験を楽しめる飲食店が見つかります。

オーチャード・ロードへの朝の小旅行を検討中のカフェイン好きには、オリオール・コーヒー&バーで朝食と香り高いコーヒーがおすすめです。コーヒーはさまざまな小規模農家のコミュニティから取り寄せています。店内でローストしていますので、コーヒー愛好家たちの味蕾をじらすこと間違いなしです。

世界各国のお料理を体験されたい方は、マンダリン・ギャラリーワイルド・ハニーへどうぞ。この小さなカフェでは、さまざまな国の料理が1か所で楽しめるので、美食家たちは世界各国の料理をより深く味わうことができます。レストランでは、イタリアやトルコ、メキシコといった国のおいしいサンドイッチや肉料理、サラダ幅広く提供しています。

ワールドクラスのお酒を楽しみたい方は、リージェント・ホテル内のマンハッタンへ直行しましょう。2018年度アジア最高のバー50選でナンバーワンに輝いたこの高級ホテルのバーでは、職人技が光るカクテルや熟練バーテンダーの技術を、19世紀の変わり目の黄金期さながらの雰囲気の中でお楽しみいただけます。