こだわりの美食好きでも、アート愛好家でも、手に汗握るスリルを求めるチャレンジャーでも、シンガポールの楽しみ方は無限大。あなたの情熱に火がつくこと間違いありません。「ライオンシティ」シンガポールの楽しみ方をほんの少しだけご紹介しましょう。

ママンダのマレー料理

1. スリルと水しぶき、ノンストップアクション
緑豊かな大自然を背景にメガジップを楽しむ4人家族

スリル満点の高所体験から、夜の生き物たちとの遭遇まで。シンガポールはあなたの中に眠っているアクションヒーローの魂を呼び覚ます魅力的なアクティビティにあふれています。

まずはアドレナリン全開でケーブルカーに飛び乗って、セントーサに向かいましょう。世界最大のスカイダイビング用ウインドトンネルや、映画の世界から飛び出したユニバーサル・スタジオ・シンガポールのライド、それに東南アジア随一の高低差を誇るジップラインのあるメガ・アドベンチャー・シンガポールなど、このリゾートの島には楽しいアトラクションが満載です。

大自然の真っ只中でアドレナリン全開のスリルを味わいたい方には、受賞歴を誇るナイトサファリがおすすめです。この世界初の夜間動物園では、130種、2,500頭以上の動物が飼育されています。


2. アートと文化が織りなす美しいモザイク
クイーン・ストリート222番地にある壁画の写真を撮る人々

シンガポールには数多くのギャラリーや劇場、ミュージアムがありますが、街角や歩道、ショップハウスの店内の壁など、街中のあちこちにもアートがあふれています。

シンガポールの中心部、シビック・ディストリクトでインスピレーションの源を見つけてみましょう。ここは、シンガポール国立博物館シンガポール・アート・ミュージアムナショナル・ギャラリー・シンガポールなど、ワールドクラスのギャラリーやミュージアムが軒を連ねるエリアです。ナショナル・ギャラリー・シンガポールには、シンガポールの国家コレクションとなっている8,000点以上の作品が収められており、草間彌生やマーチン・クリードなどの国際的に有名なアーティストの展覧会が開催されています。

シンガポールのストリートアートをチェックしたいなら、ブラス・バサー - ブギスティオン・バルリトル・インディアなどの地区を訪ねてみましょう。


3. 世界的なブランドと地元の職人たちの出会い
携帯電話で女性用ファッションの写真を撮る女性

ファッション愛好家や掘り出し物狙いの人には、シンガポールはまさにうってつけのショッピングスポットです。

まずはシンガポール最高のショッピングエリア、オーチャード・ロードをチェック。ファー・イースト・プラザでバーゲン品に狙いをつけたり、あるいはジョルジオ・アルマーニやマーク・ジェイコブスなどの世界の一流ブランドの最新アイテムをチェックしたりと、誰もが心ゆくまでショッピングを楽しむことができます。

「ライオンシティ」シンガポールの地元のクリエイターたちの作品が気になる人は、ボヘミアンな活気があふれるホーランド・ビレッジ地区を訪れてみましょう。中でも特におすすめなのが、地元のファッションブティックのオン・シュンムガムや、製本職人たちが仕上げた美しい本が並ぶバインド・アルチザンです。


4. 美食好きの楽園
屋台でローストした肉を切るホーカー・チャン

食はシンガポールの人々の最大の楽しみだと言われています。その理由は簡単。「ライオンシティ」シンガポールには、フュージョン日本食レストランのベニからフレンチのオデットまで、ミシュラン星付きのレストランが数多く集まっています。

世界的に有名な名店だけではありません。シンガポールの食の豊かさを象徴しているのが、地元の屋台(ホーカー)文化です。本格的な屋台(ホーカー)の味をチェックしたいという人には、チャイナタウン・コンプレックス・フードセンターがおすすめです。この広大なホーカーセンターには260を超える屋台が軒を連ねています。世界で最も低価格なミシュラン星付きレストラン、リャオ・ファン・ホンコン・ソヤソース・チキンライス&ヌードルもここにあります。


5. 緑豊かな自然保護区
植物園の園内を散策するカップル

「庭園都市」と呼ばれることもあるシンガポールには、緑豊かな公園や、手付かずの自然が広がる自然保護区、美しい緑地などが数多く点在しています。

静かなフォート・カニング・パークはシンガポールの歴史が感じられる場所です。壮大なガーデンズ・バイ・ザ・ベイは未来的なデザインが魅力。シンガポール植物園はシンガポール初のユネスコ世界遺産です。

大自然の中で一日を過ごしたいという根っからのアドベンチャー好きには、多様な地形と生態系の豊かさで知られる野生生物の宝庫、ウビン島のバムボートでの探索がおすすめです。


6. ナイトライフ
クラーク・キーのショップハウスの夜景

ライブ好きの人も、インディーズバンドのビートでレイブを楽しみたい人も、パーティーの雰囲気を楽しみたいだけの人も。「ライオンシティ」シンガポールには充実したレパートリーが揃っています。

まず絶対に外せないのが、クラーク・キー。ここは、ズークなどのワールドクラスのダンスクラブや、クレイジー・エレファントなどのロックンロールのライブハウスをはじめ、様々なジャンルの音楽が楽しめるバーが数多く集まっているエリアです。レトロ文化好きなら、レベル・アップがおすすめ。ここでは1990年代のアーケードゲームを楽しむことができます。

カクテル愛好家やお酒好きも大満足の、受賞歴のあるバーも数多くあります。1920年代の雰囲気を再現した高級感あふれるアトラスや、「アジアのベストバー50選」2018で第1位に選ばれたマンハッタンなどは要チェックです。


7. 一年中尽きることのない情熱
中国風の提灯が並ぶ通りを散策する女性

シンガポールは世界を代表する大都市のひとつです。毎年、世界的なアートフェスティバルや音楽イベント、スポーツ大会などが開催されています。一年を通じて、季節を問わず、訪れる人の心をかきたてるようなお祭りがいつでも開催されています。

スポーツのイベントも目白押し。ラグビーのHSBCシンガポール・ラグビー・セブンズやサッカーのインターナショナル・チャンピオンズ・カップ・シンガポール、そしてF1のグランプリ・シーズン・シンガポールなどを、アドレナリン全開で楽しみましょう。ダンスが好きな人には、ウルトラ・シンガポールといった大人気のダンスパーティーに合わせてシンガポール旅行の計画を立てることをおすすめします。

文化や歴史、アートが好きな人は、様々な展覧会が開催されるシンガポール・アート・ウィークや、ハリ・ラヤ・アイディルフィトリ旧正月などの伝統的なお祭りをお見逃しなく。