Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

シンガポールは新型コロナウイルス肺炎予防(2019-nCoV)をさらに強化しました。詳細は こちらをクリックしてください。シンガポール政府観光局は、あなたの安全と健康のための予防措置を強化しています。公共の場で過ごす時間を必要最小限に抑えるために、 eサービスをご利用いただくことをお勧めします。

カクテルをつくるバーテンダー、サーシャ・ウィジデッサ

 
サーシャ

バーテンダー、アルチザン

バーテンダーは職業だという人もいます。サーシャ・ウィジデッサにとって、それは運命のようなものです。4人兄妹の3番目として生まれたサーシャは、製薬業界でのキャリアを進んでほしいという両親の希望に反して、厳しくも楽しいバーテンダーという世界を選びました。

オクスウェル・アンド・コーでウェイトレスをしていたサーシャは、バーテンダーとしての師匠となるルーク・ウィーティーからヘッドハンティングされます。ルークは受賞歴のあるカクテルバー、オペレーション・ダガーの創業者です。若く才能にあふれたサーシャは、内に秘めていた芸術性と、薬学の学位や知識を組み合わせて、この新しい仕事に情熱的に取り組むようになります。そして、醸造学の知識を生かし、天然素材を使ったワインのメニューを生み出します。

今ではすっかりベテランとなったサーシャの今の夢は、自分の店を開くこと。アートと科学の境界を越えて、カクテルを通じて人々の新たな友情が生まれるようなバーが彼女の理想です。

人々をつなげるカクテル

才能に恵まれたサーシャですが、バーテンダーとしての道のりは決して平坦なものではありませんでした。「朝7時半に起きて、午後6時半までは歯医者でインターンとして仕事をして、それからダガーに行って午前3時まで働いていたわ」とサーシャは明かします。「もともととてもシャイな性格なので、バーテンダーのアシスタントの期間が9か月間も続いたわ」

人々の出会いを生み出す、クリエイティビティあふれるサーシャのカクテルは、こうした厳しい修業の日々があってこそなのです。「いつも来てくれる常連のお客さんが何人かいて、彼らとは友達と呼べる関係になったわ。そして、私たちは一緒に旅をしているような感覚なの。いろいろなインスピレーションから新しいドリンクを生み出して、アメリカやヨーロッパ、中国など、世界中のいろいろなところからやってきた人々と一緒にそれを楽しむことができるなんて、最高に楽しい仕事ね」

サーシャの
出会いの物語

賑やかなナイトライフ スポットから、繊細な味わいのカクテルが味わえるバーまで、伝統的な技術と新しい出会いの喜びがひとつに混ざり合った世界にサーシャがご案内します。

アン・シャン・ヒル・シンガポールの道標

バーテンダーとしての専門知識

サーシャにとって、アン・シャン・ヒル はただ賑やかなだけのナイトライフの街ではありません。彼女がバーテンダーとして腕を磨いたバー、オペレーション・ダガーやオクスウェル・アンド・コーがあるのがこの街なのです。「私が尊敬するバーテンダーは、常にこれまでに一緒に仕事をしたことがあるバーテンダーでした。ルークとその奥さんのアキ(オペレーション・ダガーの創業者)、それにイ・ジュンは、ずっと私の師匠です。どんな道を進もうとも、それが変わることはありません」 

ジ・オールド・マン・シンガポールののんびりとした雰囲気のラウンジ店内

クラシックなカクテルと最高のサービス

ケオンサイク・ロードにあるジ・オールド・マンは、小説家アーネスト・ヘミングウェイの世界からインスピレーションを受けたバー。このお店にはサーシャのお気に入りのカクテルがあります。「デス・イン・ジ・アフタヌーンはクラシックでありながら飲みやすいカクテルね。バーというのは、飲み物がおいしいだけではなく、サービスも重要なの。その点、ジ・オールド・マンはどちらも高いレベルにあるわ」

ザ・ココナッツ・クラブ・シンガポールのナシレマ(ココナッツミルクで炊いたライスに様々なおかずを添えた料理)

懐かしく伝統的な味

斬新なフュージョン料理から、「ナシレマ」(ココナッツミルクで炊いたライスに様々なおかずを添えた料理)や「チェンドー」(かき氷のデザート)などの昔なつかしい味まで、ザ・ココナッツ・クラブの料理はサーシャに新しいカクテルのアイディアのヒントを与えてくれます。ザ・ココナッツ・クラブはとても伝統的なお店なの」とサーシャは言います。「ここでは、シンガポールならではのホーカーセンターの味が楽しめるわ」

キロ・ラウンジ・シンガポールのDJ

盛り上がる夜のパーティー

シンガポールのナイトライフはバーだけではありません。ダンスクラブも数多くあります。「キロ・ラウンジは音楽も、有名な壁の落書きも、雰囲気も、すべてがクールな場所ね」とサーシャは言います。「ここは荒々しくて大胆な雰囲気のお店で、ダンスフロアはエネルギーがいっぱい。シンガポールの最高の演奏が楽しめるお店なの」

パナメリカナ・セントーサでドリンクを楽しむ2人連れの客

シンガポールで最もクールなスポットをサーシャがご案内

サーシャ・ウィジデッサが、シンガポールの最高にクールな人気のスポットや最高にホットなナイトライフスポットをご案内します。

こちらも

チェック