東南アジアを代表するサステナブル・ライト・アート・フェスティバル。世界中から集まった光輝くアート作品が、今年も「ライオンシティ」シンガポールの夜景を照らします。

アートとサステナビリティを光で照らすアイ・ライト・シンガポールは、2010年の初開催以来、毎年あらゆる人々を魅了してきました。今年のラッフルズ上陸200周年記念版は、「時の架け橋」という壮大なテーマの下、より華々しいビジュアルで開催されます。30を超えるインスタレーションが無料公開される予定です。

光、空間、そして時間の旅
アイ・ライト・マリーナ・ベイ2018のインスタレーション「エレメンツ・オブ・ライフ」の夜景

今年のフェスティバルでは、シンガポールラッフルズ上陸200周年を記念するとともに、7世紀にわたる過去の歴史を振り返ります。テマセックという名前の古い寄航港が14世紀の状態から転換期を迎えたのは1819年のこと。スタンフォード・ラッフルズ卿のシンガポール上陸がきっかけでした。

これまで、アイ・ライト・シンガポールはマリーナ・ベイで開催されてきましたが、今年のラッフルズ上陸200周年記念特別版は市内全域で開催されます。アート・インスタレーションが、シビック・ディストリクトシンガポール川、そしてフォート・カニング・パークのラッフルズ・テラスをライトアップします。

シンガポールのラッフルズ上陸200周年を記念する主要イベントでもある今年のフェスティバルでは、シンガポール川という歴史的にも重要な場所を舞台に、マルチメディアを駆使した素晴らしいショーを開催します。光、音、そして水を駆使したこの素晴らしいショーでは、漁村からグローバルなメトロポリスへと発展したシンガポールの歴史がロマンチックな立体作品や噴水で描かれます。

素晴らしいアーティストと、その活躍の場
アイ・ライト・シンガポール2019のインスタレーション「シティ・ゲイジング・シンガポール」

「時の架け橋」をテーマに掲げた今年のフェスティバルは、訪れる者を、空間や時間を超えた繋がりを探る旅へと誘います。「ライオンシティ」シンガポールの歴史や、過去700年にわたる世界各国との繋がり。これらの興味深いストーリーが、アーティストやフェスティバル参加者を魅了します。

世界36カ国から249件もの参加申し込みが集まった今年のフェスティバルでは、華やかな作品の数々にご期待ください。注目すべき作品のひとつが、オランダ人アーティストのミンガス・フォーゲルとジャスティン・ブルンスによるインスタレーション、「シティ・ゲイジング・シンガポール」です。この作品は、ザ・ローン@マリーナ・ベイの上にシンガポールの素晴らしい地図を掲げたものです。

今回のフェスティバルには、シンガポール人産業デザイナーのリー・ユン・チンが再び参加します。彼女は、2017年のフェスティバルでインスタレーション「ムーンフラワー」を出品。800個ものソーラーLEDを駆使してベイエリアを光輝く庭園へと変えました。ラッフルズ上陸200周年記念版に向けたユンの新作品、「ザ・レインボー・コネクション」は、太陽光モジュールを組み合わせた万華鏡です。再生素材で作られており、太陽エネルギーを動力にしています。この作品を構成している800個の使用済みクッキー缶は、フェスティバル前に12回にわたって開催されたワークショップの一般参加者がデザインしたものです。

アーティストの卵のための場

ベテランアーティストによる素晴らしい作品の展示に加えて、アイ・ライト・シンガポール ラッフルズ上陸200周年記念版では、学生や若いアーティストが創造性やクラフツマンシップを披露できる場を設けます。

そして、今年のフェスティバルでは、アイ・ライト・スチューデント・アワードを新たに設けます。ここでは、世界中の学生による優れたサステナブル・ライト・アート・インスタレーションが公開されます。上位5作品は、シンガポールと中国を含む9カ国、115名の学生による48作品の中から選ばれました。