安全渡航情報
2022年8月29日より、全ての旅行者は隔離なしのご旅行をお楽しみいただけます。ただし、ワクチン接種が完了していない方は出発前に新型コロナウイルス感染症の検査を受ける必要があります。

1日目:アクティブに

リチュアル・ジム
1

汗をかこう

ダンベルを持ち歩いて外出するわけにはいきませんが、だからと言って運動ができないというわけではありません。手間いらずで時間効率のよいワークアウトをしたいと思っている忙しい旅行者が朝を過ごせるのが、リチュアル・ジムです。

やる気のある人に充実のスケジュールで応えているこのジムは、コンパクトで効率の高いワークアウトを提供していることで知られています。準備、ワークアウト、シャワーの一通りでわずか30分です。

このジムの自慢は、参加10人までの少人数クラスセッションや、有酸素トレーニングと筋力トレーニングをミックスしたダイナミックなプログラム。ビギナーもアスリート志向の人も対象です。

フォート・カニングのフォート・ゲートの外観
2 フォート・カニング・パーク

自然と歴史を探訪

午前中の残り時間は、フォート・カニング・パークを静かに散策して、自然と歴史に触れるひと時を過ごしましょう。歴史を物語るフォート・カニング・パークは、かつて「禁断の丘」として知られていました。憩いにもってこいの緑豊かな場所です。

昔、シンガポールの古代の王たちは、もとは「ブキ・ラランガン(禁断の丘)」として知られていたこの場所から統治していました。「ガバナーズ・ヒル」に名称が変わった植民地時代にも権力の中枢であり続け、シンガポールの弁理公使の住居となった場所です。

また、フォート・カニング・パークには、シンガポール料理でよく使われるさまざまなハーブやスパイスも栽培されています。グルメな方は、この静かな空間を歩きながら、ナツメグの木、カルダモンの木、野生のコショウ属のツル植物に目を凝らしてください。

「ラビリンス」の厨房で皿に料理を盛り付けている2人のシェフ
3

地産食材のランチを食べる

ランチには、地産食材でつくられる美味しい料理をラビリンスでたっぷり楽しみましょう。シェフオーナーのハン・リ・グァンが指揮を執るこのミシュラン星付きレストランでは、環境に配慮した料理や絶品の料理をつくることを誇りにしています。メニューに載っている料理の80%の食材が地元産です。

この店のおすすめは、本来、ローカル料理や定番料理に斬新な工夫を凝らした「モダンシンガポール」。ランチメニューには、ひと工夫ありの人気ローカル料理も並びます。黒トリュフと、サバではなくウニでつくる「オタオタ(スパイシーな魚のすり身をバナナの葉で包んで焼いたもの)」を付け合わせた「ロティ・プラタ(南インドの平パン)」は、その一例です。

フナンのロッククライミング設備をよじ登っている男性
4

環境に配慮してショッピング三昧

ハイテクや音響が好きな人のパラダイス。その枠に収まりきらないのが、環境にやさしい小売店やアドレナリン全開のアクティビティが自慢のきらびやかなショッピングスポット、「フナン」です。

健康の新たな高みを目指すなら、クライム・セントラルでロッククライミングを。緊張をほぐすヨガセッションはTFXフィットネスで。ショッピングモールの屋上庭園を散策して、しばしマインドフルネスを実践するのもおすすめです。

エコ意識の高い買い物をするなら、ザ・グリーン・コレクティブにまっすぐ向かいましょう。ここには、植物由来の製品、再生素材でつくられたホームウェアや、ガーデニングビギナーのための堆肥化キットが山のように並んでいます。

2日目:インナーバランスを整える

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのパノラマビュー
5 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

自然美を発見

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイにある都会の喧噪に囲まれた庭園を訪ねましょう。この緑生い茂る自然公園は、敷地面積約41万平方メートル。余暇に探検できる3つの庭園で構成されています。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの設計の土台を強固にしているのは、サステナブルなデザインへのこだわりです。サステナビリティに支えられている目を見張るような景観を楽しむなら、ベイ・サウス・ガーデンを訪れましょう。この場所で出た植物性廃棄物は、苗や挿し木用の肥料づくりと、複数の敷地や温室の発電に使われています。

庭園にある、かの有名なスーパーツリーの多くは、太陽エネルギー利用や排気ガス排出のために、太陽電池を上部に装備しています。

世界中の植物に関する知識を広めたいなら、フラワー・ドームを訪れることをおすすめします。9つの庭園に広がる5大陸の花と植物の見応えあるディスプレイが自慢です。

ヘリテージ・ガーデンに行って、絡み合う自然、文化、歴史を学ぶのも一つです。このスペースには4つのテーマを冠した庭園があり、シンガポールの過去をそれぞれが物語るさまざまな植物や花で埋まっています。

フリーダムヨガ
6

心身を調和させる

午後遅い時間は、フリーダムヨガで心身を落ち着かせて過ごしましょう。リバー・バレー・ロード沿いにあるこのスタジオは、身体の調整とマインドフルネスを実践するための理想的なオアシスです。

基礎クラスから元気になるパワーヨガのクラスまで、さまざまなヨガエクササイズを行っています。心身を爽快にしたいときは、75分間のハタベースセッション「フォレスト&メディテーション」を。中級のヨガワークアウトとガイド付き瞑想の組み合わせです。

「アーティチョーク」の代表料理、エビの炒めもの
7

環境に優しいディナーに舌づつみ

ディナーは、伝統にとらわれず楽しく環境に優しいフュージョン料理を提供する「アーティチョーク」でどうぞ。飛ぶ鳥を落とす勢いの地元シェフ、ビョルン・シェン氏が指揮を執る「アーティチョーク」は、フムスのディップ、キノコのシャワルマなどの植物由来の料理、ラムショルダーのミントソース添えなどの肉料理を含む中東の料理にヒントを得た多彩なメニューを取り揃えています。

料理の多くは地元の食材を使って作られており、大自然を守りながら味覚も満足させてくれる素晴らしいスポットです。

こちらも

チェック