シンガポール中心部、マリーナ・ベイ・ウォーターフロントに位置するガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、自然を愛する人や将来の若き園芸家の聖域です。

「ベイ・サウス・ガーデン」、「ベイ・イースト・ガーデン」、「ベイ・セントラル・ガーデン」という3つのゾーンで構成されている101ヘクタール超の空間――この緑濃いオアシスは、2012年の初オープン以来、多数の称賛を得ています。

2013年ワールド・アーキテクチャ・ニュース「ランドスケープ・アワード」、2015年トラベル・ウィークリー「アジア太平洋地域ベストアトラクション」、2019年シンガポール・ツーリズム・アワーズ「ベスト・アトラクション・エクスペリエンス」は、その例です。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの主な見どころ、体験しどころを簡単にご紹介します。

フラワー・ドーム
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのフラワー・ドームの内装

自然の美が訪れる人を手招きするのが、ベイ・サウス・ガーデンにある「フラワー・ドーム」です。1.28ヘクタールを緑が覆う空間は、3つの冷室のうち最大規模。2015年には、世界最大のガラス温室としてギネス世界記録を打ち立てました。樹齢1000年のオリーブの木やモクレン、ランなど、5大陸から集まった植物や花が育てられています。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで最も壮大なアトラクションの一つであること間違いなしのフラワー・ドームは、ただ訪れる人を待ち受けるだけの花の楽園ではありません。

フローラル・ファンタジー
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのフローラル・ファンタジーの内装

ゆとりを持ってガーデンズ・バイ・ザ・ベイを散策するなら、「フローラル・ファンタジー」は必見です。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに3つある屋内温室の2つ目に当たるフローラル・ファンタジーでは、歴史とファンタジーの領域を掘り下げています。4つのゾーンそれぞれが、童話と物語で名高いバビロンの空中庭園に着想を得たもの。洞窟のような空間、ドラマチックな流木彫刻、フローラルアート作品を展開しています。

クラウド・フォレスト

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ3つ目の温室は、霧が立ちこめる中に希少な植物とドラマチックな光景が広がる、その名もふさわしい「クラウド・フォレスト」です。

この温室のシダ植物や食虫植物の上に高くそびえる「クラウド・マウンテン」は、高さ35メートル。霧と生い茂る植物に覆われています。はるかな高さに想像力をはせて、南国の高地生まれの植物との出会いを楽しみましょう。

温室を出ると、高くそびえる幻想的な建造物、「スーパーツリー」のグローブ(木立)に気づくはずです。垂直にそびえるスーパーツリーは、それぞれ高さ25~50メートル。そのうち2本にはOCBCスカイウェイの吊り橋がかかっています。日が落ちると、壮観な光と音のショー「ガーデン・ラプソディ」が始まり、グローブがライトアップされます。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ巡りの締めくくりには、ベイ・イースト・ガーデンで記憶に残る日没を眺めましょう。緑の芝生が広がる美しいウォーターフロントでは、シンガポールのスカイラインがよく見渡せます。