こんがりと日焼けした肌に履き慣れたサンダルで繰り出そう−−ズークアウトが今年も帰ってきます。エレクトロニックダンスミュージック(EDM)のスーパースターたちが勢揃い。ダンスミュージックファンにはズークアウトはもはや説明不要でしょう。世界トップクラスの人気を誇る地元シンガポールのクラブ「ズーク」が主催するこのオールナイトのミュージックフェスティバルは、2000年のスタート以来、世界中のパーティー好きの注目を集めてきました。

パーティーは最高潮に
ズークアウト・シンガポール2016のメインステージの観客

今回で18回目を迎えるこのイベントには、DVLM、ギャランティス、ジェフリー・スートラス、KSHMR、チミー・トランペットなど、国際的に活躍する錚々たる顔ぶれのDJが揃います。フェスティバルの会場となるセントーサ島のシロソ・ビーチには、数多くのバーや屋台が出店し、たくさんのステージが立ち並びます。

今年のズークアウトでは、その象徴とも言えるマンボ・ジャンボ・シリーズがマンボ・ジャンボ・ビーチパーティーと共に復活します。AJハケット・セントーサで開催されるこのイベントでは、家族で楽しめるビーチパーティーがセントーサ島のシロソ・ビーチにて催されます。過去と現在を結びつけることでノスタルジア感を呼び起こすようにプログラムされた今回のパーティーでは、象徴的なマンボ・ジャンボ(80年代のヒット曲)やトータル・リコール(90年代のヒット曲)が立て続けに流れます。地元のベテランDJやズーク歴代OBの面々に加えて、トニー・テイ、ブレンドン・P、レナードなどがズークアウトのマンボ・ジャンボのデッキに復活する予定です。さらに、ズークで伝説的な存在となっているジェレミー・ブーンとLincey and The Dinosaurのデュオも登場し、トータル・リコールを熱唱します。

ズークアウト x バーント・エンズ
ズークアウト・シンガポール2016と花火

ズークアウト シンガポールでは、バーント・エンズFOC セントーサ(FOCグループ)などの有名レストランとの提携により、イベント限定のポップアップダイニングをご体験いただけます。12月1日に開催されるズークアウト 2018の一環として、複数のシェフによるコラボレーションディナーが150名限定で提供されます。壮大な夕焼けやイベントを眺めながら、フルサービスのディナーをお楽しみください。

ズークアウトの原点

ズークアウトは、最初は一夜限りの小規模なイベントとしてスタートし、観客も9,000人でした。しかし、世界のパーティーシーンから注目を集める存在になるのにさして時間はかかりませんでした。現在は毎年何万人もの観客が集まるメガイベントに成長しています。テクノミュージック界のレジェンド、リッチー・ホゥティンは第1回目から参加していましたが、今ではアバヴ&ビヨンドやポール・オーケンフォールド、アーミン・ヴァン・ブーレン、カール・コックス、ティエスト、デヴィッド・ゲッタなどの大物も参戦。加えて、オルドリン、レナード、コーフロー、デュリオ、ハーンなどの地元シンガポールのDJたちも登場します。

ズークアウトは、その成功により、シンガポール・ツーリズム・アワードの「ベスト・レジャーイベント体験賞」を2回受賞しています。ズークアウトの魅力はシンガポール国外にも広がり、これまでに香港、ボラカイ、そして東京でもイベントが開催されています。