リトル・インディアには、「見る」、「体験する」、そしてもちろん「食べる」が満載です。

この喧騒のエスニック地区には、フランス料理からタパス(スペイン風の前菜)に至るありとあらゆる食が、昔ながらのインド系のレストランやショップと共存しています。味覚を刺激する、おすすめのレストランや食堂をご紹介しましょう。


インドの味わい

シンガポールのリトル・インディアで多様なインドの郷土料理を訪ね歩きましょう。

まずは、インド東部ベンガルと北部パンジャブの料理が専門の「マスタード」へ。パンジャブ料理には、どちらかというと独特のこってりとした濃厚さがありますが、ベンガル料理は辛く繊細です。チングリ・マチェル・マライ・カレー(ココナッツミルクベースのエビカレー)やアムリタサリ・マチー(ヒヨコ豆の衣を付けた魚のフライ)は、ぜひ味わってほしい一品です。

次は、ナンやチャパティなど、北インド料理を「ジャギズ・ノーザン・インディアン・キュイジーヌ」で試しましょう。平パンに、バターチキンなどの味わい深いソースを付けて食べます。できれば 大人数でテーブルを囲み、メニューを端から端まで食べ尽くすのもおすすめです。

インド料理でも北か南か決められない人は、「バナナ・リーフ・アポロ」へ行きましょう。インド北部・南部両方の料理を出す人気のレストランです。その名のとおり、このレストランでは、料理がバナナの葉に盛り付けられてきます。フィッシュヘッド・カレー、チキンマサラ(ヨーグルトベースの辛いカレールー)、タンドーリチキンなどは、このレストランでぜひ味わいたい人気メニューです。


インドの味わい

北インド料理の食堂と仕出しを行っているチェーン店「コマラ・ヴィラ」も、大人気です。セラングーン・ロード店には、2015年に、シンガポール滞在中のインド首相ナレンドラ・モディ氏が訪れました。人気料理は、ドセイ(発酵米とレンズ豆のクレープ)やバダイ(フリッター)です。シンガポール滞在中には、82 Serangoon Road近くにある同店のスイーツ専門店に必ず行って、昔ながらのデザートを味わいましょう。


心地よい晩、屋外で食事を楽しみたいときは、「カンサマ・タンドーリ・レストラン」に行きましょう。タンドーリチキン(ヨーグルトとスパイスでローストした鶏肉)やナン(平パン)などがおすすめです。北インド料理を出すこの2階建てのレストランには、激辛カレーを忘れて束の間の涼をとれる、空調のきいたスペースもあります。

ベジタリアン料理を食べたいときは、シンガポール、タイ、北インド、南インドの味を折衷的に組み合わせた料理を出す「ゴクル・ベジタリアン・レストラン」へ。サモサ(揚げたペストリー)などの前菜からプラカ・パニール(野菜とカッテージチーズ入りカレー)まで、多彩なメニューはほぼ100種類に及びます。


世界グルメツアー

本格的なインドスタイルのレストランはもちろん、この地区には世界各国の料理が楽しめるレストランがたくさんあります

インドx中華フュージョン料理に挑戦できるのが、シンガポールではほかのどこでも出会えない珍しい料理を出す「サクンタラ・フード・パレス」です。定番人気メニューのフィッシュヘッド・カレーだけでなく、シーフードナン(シーフードを詰めた平パン)などの意外な料理も人気です。

流行発信スポットのケオン・セイク地区にあるレストラン「エスキーナ」では、最先端のスペイン料理を味わえます。メニューは「スナック」、「土」、「海」、「陸」、「デザート」の5つのカテゴリーに分かれています。バカラオ(干しタラ)とローストピーマンの「寿司」、牛肉と豚肉を蒸し煮したカネロニといった大皿料理が特色です。

カリフォルニアやシンガポールの味をイメージしたメニューを楽しみたいときは、デンプシー地区の「モーセルズ」に出かけましょう。シンガポール出身のペトリナ・ロー氏がシェフを務め、西洋料理にシンガポールの味や日本料理を取り入れているレストランです。人気のイカスミリゾットは、ぜひ試したい味。塩味の卵黄ソースをかけていただきます。

夜遅くに軽く食べたいときは、ダンロップ・ストリートの「ゾフィ・タパス・バー」がおすすめです。この人気バーでは、ドリンクを1杯注文するごとに無料のタパス(スペイン風の前菜)が付いてきます。旅仲間とリトル・インディアの光景と音をめぐる1日を終えたら、居心地の良いルーフトップスペースでくつろぎの一杯を堪能しましょう。

たくさんのダイニングレストランをご紹介しています。このリストに多数のダイニングを掲載しています。ぜひ、美食を満喫しにお越しください。