Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

1日目:過去と未来の融合

チキンライスのプレート
1 ゴールデン・マイル・フード・センター

ゴールデン・マイル・フード・センターでの朝ごはん(あるいは早めの昼ごはん)で、チャンピオンはお腹を満たします。シェンのお勧めは、海外の大会に出発する前に食べるお気に入りのハイナニーズ・ボーンレス・チキンライスです。

レトロ・ナッツで友達と携帯ゲーム機をプレイするシェン
2 レトロ・ナッツ

シェンは子供時代を、ゲームセンターのレトロなゲームで遊んで過ごしました。彼はロチョー地区にあるレトロ・ナッツに立ち寄って、プロゲーマーを目指していた頃の懐かしい思い出に浸ります。このビンテージ・ゲームストアは、古いゲームやゲームボーイのような携帯型ビデオゲーム機、それに古き良き時代のゲームセンターの思い出の品を幅広く取り揃えています。

プレイ・ネーションの内観
3 セレギー

セレギーはゲームカフェやインターネットショップ、その他様々なゲーム施設が並ぶ、シェンの思い出の地域です。

「セレギーで、友達とタフクッキー・ゲーミング・カフェという店を始めたんです」とシェンは回想します。「そこでは、ゲームのストリーミング配信や、宣伝動画の撮影、それにトレーニングをしたりしました。僕にとっては道場みたいなところでした。」

タフクッキー・ゲーミング・カフェはその後閉店しましたが、この地域は今でも探索にもってこいの場所です。ビッグ・オーやクリーク・ゲーミングのようなインターネットカフェでは、オンライン・ゲームで対戦する機会があるはずです。定番のカードゲームやボードゲームが好きな方は、マインド・カフェプレイ・ネーションを訪れてみましょう。

スケイプ・ユース・パークでのシェン
4 *スケープ

午後には、ノスタルジックなエリアからシンガポール最高級のショップが並ぶオーチャード・ロードに移動してみましょう。世界的なモールが建ち並ぶこのエリアには、スケイプ・ユース・パークがあります。小売店、スポーツ施設、リハーサル・スタジオ、若者向けのイベントなどが集まったライフスタイル・ハブになっています。

2日目:仲間になる

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークで遊ぶ人々
1 セントーサ島

楽しみなしに働くばかりではチャンピオンにはなれません。忙しい練習スケジュールの合間にもリラックスする時間が必要です。シェンはリゾート・アイランドのセントーサで友達と過ごします。遊歩道やケーブル・カー、ビボシティから出ているトラムでアクセス可能なシンガポール南海岸沖のこの島は、アドレナリンの噴き出るようなアクティビティが盛りだくさんです。

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク™は、シェンがこの島で気に入っている水上アミューズメント・パークです。ぜひここで、水上でのスリルや興奮を体験してみましょう。または、AJハケット・セントーサのフライング・フォックスやバンジージャンプで度胸試しをしたり、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール™の映画をテーマにしたアトラクションでスリルを味わったりしましょう。

ヌードル・ストーリーの看板メニューであるヌードル
2 アモイ・ストリート・フード・センター

「安くて美味しいシンガポールの食べ物は本当に自慢です」とシェンは言います。「ホーカーセンターやコーヒーショップの食事は最高ですよ。」 本物のシンガポール料理を色々と楽しみたい方は、シェンの大好きなホーカーセンター、アモイ・ストリート・フード・センターで夕食を食べてみましょう。美食好きな方は、2016年以降ミシュラン・ビブグルマンの常連となっているヌードル・ストーリーのシンガポール・スタイル・ラーメンが必見です。

ナインティーン80のアーケードゲームをプレイするシェン
3 ナインティーン80

ナインティーン80で、アーケードゲーム黄金時代のレトロな夜を過ごしてみましょう。賑やかなタンジョン・パガーの近くに位置するこのアーケードパブでは、懐かしいアーケードゲーム、ネオンの装飾、そしてレギュラーDJの懐かしの選曲がノスタルジックな気持ちを一層掻き立てます。「ナインティーン80のコンセプトは本当に素晴らしいものです。食事をしながらゲームを楽しめるので大好きです」とシェンは熱っぽく語ります。「(昔のアーケードゲームである)パズル・ボブルには絶対挑戦しなきゃダメです!」

こちらも

チェック