新旧のバランスが理想的なチャイナタウンは、シンガポール屈指のダイニングスポットです。

流行最先端のカフェから伝説的なスナックを出す地元屋台まで、店を挙げたらきりがありません。チャイナタウンで食事を取ろうと思ったら、どの店に行くべきか決めるのは難しいはず。でも、心配は無用です。チャイナタウンのどこで何を食べるか、このガイドがお役に立ちます。 


シンガポールらしい創作料理

シンガポールのローカルフードは大人気。その上、多くの料理がとても手頃な値段で食べられるというのも、大きな喜びです。いろいろな料理をたくさん味わいたいなら、チャイナタウン・コンプレックス・マーケット&フード・センターチャイナタウン・フードストリートマックスウェル・フード・センターなどの屋台街に行きましょう。こうした屋外食事スポットには、チキンライス(マックスウェル・フード・センターのティエン・ティエンがかなりおすすめ)、揚げたオイスター・オムレツ(チャイナタウン・フードストリートのカトン・キー・ケー・フライド・オイスターズがおすすめ)、ラクサ(ココナッツミルクベースの辛いスープ麺。チャイナタウン・コンプレックス・マーケット&フード・センターのテリー・カトン・ラクサがおすすめ)といったぜひ味わいたい定番料理を出す屋台があります。


点心(一口サイズの料理)を堪能したい? ホンコンで人気の広東料理の一スタイルである点心には、小さな蒸籠に入って供されるという伝統があります。「ヤムチャ・チャイナタウン」で、エッグタルト、キャロット・ケーキ、豚まん、餃子などの点心をたっぷり召し上がれ。ここでアドバイス。朝飲茶を楽しむのも、良いアイデアです。朝のうちに食べに行きましょう。

スイーツを満喫できるのが、「メイ・ヒョン・ユエン・デザート」です。この店の名物は、ツバメの巣のスープやヤムイモペーストなどの中国のデザート。でも、ドリアン餅や、ライチから抹茶までフレーバーが揃っているかき氷などのスイーツもあります。


世界中のごちそう

洒落た雰囲気に浸りたい人は、「マジェスティック・レストラン」に席を予約しましょう。受賞歴のあるシェフでオーナーのヨン・ビン・ン氏が作る広東料理には、面白い工夫が少しばかり凝らしてあります。たとえば、北京ダックにはスパイスで味を付けてソテーしたフォアグラ(太ったカモやガチョウのレバー)を添えたり、ボストン産ロブスターに煮込み麺を合わせたり。クリスピー・ドリアン・アイスクリームもあります。

美味しい海鮮料理を食べたいなら、「チャイナタウン・シーフード・レストラン」がおすすめです。 チリクラブ、ブラックペッパークラブ、シリアルプロウンなどの料理を堪能できます。ご飯ととてもよく合いますが、チリクラブなら饅頭(揚げパン)で濃厚甘辛ソースをつけて食べましょう。

チャイナタウンで日中を過ごすなら、カフェをチェックしましょう。クレープ通なら「ザ・デイリー・ラウンドアップ」で一日過ごしたいところですが、デザートがお好きなら「マッド・アバウト・ソース」というパティスリーに出かけて、ヨーロッパ風ペストリーを味わいましょう。西洋料理は「ポテト・ヘッド・フォーク」がおすすめです。「スリー・バンズ・キッチン」でジューシーなハンバーガーを食べられる、素敵なディナースポットです。ハンバーガーを食べ終わったら、陶酔のカクテルや街の絶景を愉しめるルーフトップに上がりましょう。


このガイドがあれば、チャイナタウンで食事をする際にも、迷わずにすみます。シンガポールの顔たるこのチャイナタウン地区での見どころやおすすめアクティビティについて、詳しくは よるこのガイドをお読みください。