シンガポールのティアン・ホッケン寺院、またの名を「天福宮」。

撮影者 Joel Chua DY

今では想像がつかないでしょうが、テロック・エア・ストリートは、19世紀には、海に面していました。この水際地区は、シンガポール植民地都市計画立案者にとっての起点となり、チャイナタウンは、ここから内陸に拡張されました。

以来、海岸線が開拓された一方で、ティアン・ホッケン寺院("天福宮")は今も、チャイナタウンの発祥を想わせる凝った装飾を纏って、テロック・エア・ストリートのおしゃれなバーやレストランに囲まれて佇んでいます。

感謝の祈り
初期中国系移民は、ティアン・ホッケン寺院で過酷な南シナ海航海の安全を祈願しました。

撮影者 Joel Chua DY

1839年に、慈善家タン・トク・セン(Tan Tock Seng)など、福建人コミュニティの名士たちの支援を受けて建立されたティアン・ホッケン寺院は、シンガポール最古の 中国系寺院です。

海の女神(天后聖女)である媽祖を祀るこの寺院で、初期中国系移民は、過酷な南シナ海航海の安全へのお礼参りを行っていました。

この寺院は、「波靖南溟」と書かれた扁額で注目を浴びていました。  「南の海を渡る穏やかな波」という意味の中国語で、1907年に清朝光緒帝から贈られたものです。この扁額は、現在、国立博物館に常設展示されています。

装飾モチーフ

この寺院の建物は、中国南部の伝統様式で建てられています。

龍、鳳凰、神々の精緻な彫刻や像や、福建省の装飾技法である棟を飾った色とりどりの磁器破片に、ご注目ください。

驚くべきことに、この寺院の当初の建築には釘が1本も使われていません。現在は、ナショナル・モニュメントの指定を受け、シンガポール福建会館が管理しています。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgheritage インスタグラム

トリップアドバイザー