新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

カトン

歴史が浸み込んだカトンの東側エリアは、カラフルで写真撮影にぴったりなショップハウス、豊かな伝統、素晴らしいローカルフードの数々で知られています。

全店、ユーノスMRT駅近く
飲む&食べる

ラクサ(ココナッツミルクベースのカレースープに入った麺)は昔ながらのやり方で、スプーンを使ってほおばりましょう。この人気の地元料理の元祖として名乗りを上げている店はいくつかありますが、1 328 カトン・ラクサ もその一つです。

2 キム・チュー・クエ・チャンでは、様々な種類の バッツァン (餅米のちまき)から選べます。この竹の葉に包まれたピラミッド型のちまきの中には、豚肉、鶏肉、エビチリなどの様々な美味しい具材が入っています。

カヤ(ココナッツジャム)トーストで有名な 3 チン・ミー・チン・コンフェクショナリーは、レトロなマーブルトップのテーブル、タイル張りの床、天井の扇風機など、1950年代のシンガポールを思わせる内装が特徴です。エッグタルト、カレーパフ、カップケーキもぜひお試しください。

買う

4 キャット・ソクラテスに立ち寄って、本、アクセサリー、文具、可愛い雑貨などを見てみましょう。地元のデザイナーが制作したおしゃれなアクセサリー類は、お土産にも最適です。

6階建ての5 112カトンカトンでは、ずらりと並ぶ小売店やライフスタイルショップをチェックしましょう。トイ・アウトポストで映画の記念グッズを探してみましょう。小さなお子様には、4階の屋外水遊び場がおすすめです。

文化

プラナカン文化に敬意を表しているもう一つのお店は6 ルーマ・ビビです。ビーズ飾り、刺繍、ジュエリー、バティック・テキスタイルなどのプラナカン民族の手工芸の保存を主眼としたショップです。

インスタグラムにアップするカトンの写真を撮るなら、ジョー・チャット・ロードを散策して道沿いのプラナカン7 ショップハウスを見てみましょう。これらは1900年代初頭に建築されたもので、今もなお大切に保存されています。最も代表的なものはクーン・セン・ロード沿いに並び、やや中心部からは離れていますが、足を運ぶ価値は十分あります。

プラナカンの歴史と文化の専門家であるPeter Wee(ピーター・ウィー)氏が所有する8 カトン・アンティーク・ハウスは、美しく保存された2階建てのショップハウスに入居しています。ここでプラナカンの工芸品の数々と、その一つひとつにまつわるストーリーに触れてみましょう。45分ツアーの料金は15シンガポールドル、事前の電話予約が必要です(6名様以上の団体に限り申し込み可能)。