ショッピングモール、リサイクルショップ、独立系ショップが無数にあるシンガポールは、観光客がとびきり上等のショッピングを楽しめる街です。

ラグジュアリーブランド、お買い得品、その他諸々あらゆるものが揃う、ぜひ訪れたいシンガポール市内・郊外ショッピングスポットをご紹介します。


オーチャード・ロード

世界にその名を轟かせるオーチャード・ロードは、シンガポールの代表的ショッピングスポットとして、確固たる地位を築きました。多彩な店が揃っているため、観光客に大人気です。ショッピング天国といえば、IONオーチャードパラゴンといったショッピングモール――どちらも、グッチやルイ・ヴィトンなどの海外ラグジュアリーブランドで知られる複合施設です。

地元のデザイナーやファッションシーンに興味があるならタングスオーチャードゲートウェイなどがおすすめです。この2つのショッピングモールでは、Aijek(エコな素材にこだわった着心地重視の洋服)、SUPERSPACE(MASH-UPなどのシンガポールのストリートファッションブランドを取り扱っています)、そして一風変わったお土産が手に入るデザインメガストアのNaiiseなど、面白い店舗もあります。


マリーナ・ベイ・サンズ®

高級ブランドがずらりと揃っているのが、「ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ®」です。

市内屈指の規模を誇る高級ショッピングモール「ザ・ショップス」には、トム・フォード、ミュウミュウ、バーバリーなどの人気ブランドが軒を連ねています。夢中で過ごしているうちに何時間も過ぎてしまうでしょう。ファッションショップのほかに、美容・健康関連の店やジュエリーショップもたくさんあるので、目移りすること間違いなし。


ブギス&ハジ・レーン

ブギス地区の色鮮やかな通りや、隣接する賑やかなハジ・レーン、文化豊かなアラブ・ストリートは、毎日、ショッピングに訪れる人々を魅了しています。この3つの地区はお互いに隣接していますが、軒を連ねている店の種類はまったく異なります。

ブギス・ストリートでは、ファッショニスタが喜ぶ流行アイテムや時代を超えたアイテムを売るリサイクルショップや韓国もの中心の店が大変な人気です。ここでアドバイス。いろいろな場所で似たようなスタイルをしょっちゅう見かけるはずなので、買い物をする前に、一番お買い得な店を徹底的に探しましょう。

ビンテージファッション、ローカルブランド、個性的な掘り出し物が混在する通りとして知られているハジ・レーンには、絵になるショップハウスに店を構える洒落たブティックがいくつもあります。「マンデイズ・オフ」や「スーン・リー」などの店では、小物や大胆なファッションが見つかるかもしれません。

もう少し文化的な価値のあるものがほしいときは、アラブ・ストリートに行ってみましょう。「ロイヤル・ファブリックス」は、マレーやインドネシアのバティック(繊細な図柄を染めた生地)などの美しい品でいっぱいです。「ジャマル・カズラ・アロマティクス」では、華やかに香るアタール(アラブの香油)を扱っています。


リトル・インディア

文化華やぐ地区で、ショッピングをたっぷり楽しみたい? リトル・インディアの賑やかな通りを歩くと、サリー(体に巻き付ける長い布でできた、インド人女性の伝統衣装)や、派手な色のバングルといった、伝統的な衣服やアクセサリーが見つかります。

もちろん、「ムスタファ・センター」に立ち寄らずして、リトル・インディアに行ったことにはなりません。この365日24時間営業の巨大ショッピングスポットでは、電子機器から子供のおもちゃ、スポーツ用品まで、思いつく物はなんでも見つかります。


ティオン・バル

シンガポール屈指の歴史ある地区で、流行最先端を行くエリアの1つでもある街。それが、古きと新しきが麗しく溶け合うティオン・バルです。このエリアには、「ストレンジレッツ」などのインディーズショップやトレンディなブティック、クールな書店「ブックスアクチュアリー」やビンテージレコード店「キュレーテッド・レコーズ」などのショップが集まっています。

また、「ティオン・バル・ベーカリー」や「オープン・ドア・ポリシー」など、Instagramに投稿する価値のあるカフェやブランチスポットがあることでも知られています。ティオン・バルの街めぐりの合間には、こんな一服スポットにぜひ立ち寄ってみましょう。


ハートランド(郊外)

地元の人々が暮らす場所を散策すれば、チェックする価値のある店が驚くほどたくさんあるのが分かります。タンピニスやクイーンズタウン地区では、ショッピングのランドマークとも言えるタンピニス1クイーンズウェイ・ショッピング・センターなどがあり、キャスキッドソンやアディダスなどのブランドが並んでいます。スポーツブランドを見たいなら、クイーンズウェイ・ショッピング・センターをじっくり見て歩くのがおすすめです。スポーツ用品のメッカなので、お気に入りブランドのシーズン落ちや古いコレクションのトレーナーやアパレルを売る店が軒を連ねています。

郊外のスポットをもっと知りたいときは、『Time Out Singapore』(タイムアウト・シンガポール)のこの記事をお読みください。


ハーバーフロント

シンガポール最大のショッピングモールビボシティはコーチなどのファッションショップに行くなら、必見です。それから、わずか$ 2で思いつく限りすべての物が買える日本の店「ダイソー」にも必ず行きましょう。

子連れの方に嬉しいことに、ビボシティはすこぶる子供向けの施設になっています。2階にあるオープンエアの遊び場や3階の水遊びエリア「スカイパーク」で、楽しく遊ばせましょう。


チャンギ空港
画像 Darren Soh

受賞歴を誇るチャンギ空港で、自分のための免税ショッピングを楽しみましょう。離陸直前に友達や家族へのお土産を買うことだってできます。アディダスからバーバリー、コーチまで品揃えは多彩――選ぶのに困ってしまうこと確実です。

シンガポールにはショッピングエリアがよりどりみどりですから、きっと満喫できることでしょう。

ショッピングセラピーをもっと楽しめるスポットを知りたい方は、「シンガポールショッピングビギナーズガイド」をお読みください。