1日目

1 オーチャード・ロード

オーチャード・ロードは、地元の人たちにその名を轟かせているだけでなく、世界各地から訪れる旅行者にも世界屈指のショッピング地区として知られています。オーチャード・ロードには、ルイ・ヴィトン、パテック フィリップ、サンローラン、ティファニーといった人気の高級ブランドが入っているIONオーチャードをはじめ、うっとりするようなモダンな建物が並びます。

シンガポールで最も歴史あるデパート「タングス」もここにあり、「アイジェク」(地球に優しいファブリックで仕立てたエフォートレスなアイテムが特徴のファッションライン)のようなローカルブランドやジュエリーブランド「サウト」、世界的な香水ブランド「シーバイクロエ」といった店が多数入っています。

2 シビック・ディストリクト

国産ブランドがたくさんあるキャピトル・ピアッツァは、シティホール地区にあります。シンガポールで最も新しい高級ショッピングモール「キャピトル・ピアッツァ」には、定番のメンズウェアが揃っている「ベンジャミンバーカー」 や、複数のブランドショップが入ったコンセプトストアとして、デザイナーのサブリナ・ゴー氏の最新作や同じ志を持つローカルブランドや地域ブランドを販売する「サブリナ・ゴー」などのローカルブランドがあります。

大胆で鮮やかなプリントが好きな人に嬉しいニュースも。フィンランドのブランド「マリメッコ」の独立店舗も、キャピトル・ピアッツァにあります。シックなアパレルやインテリア雑貨を夢中で眺めて、うっとり過ごせます。もっと高級なグッズがほしいときは、マリーナ・ベイ・サンズザ・ショップスへ。

このショッピング天国の各階と各ウィングを、片端から見ていきましょう。MCM、トム・フォード、プロエンザスクーラーといった世界の有名ブランドの旗艦店が軒を連ねています。

2日目

3 ブラス・バサー / ブギス

コレクションする価値のあるアートなグッズやインディーズブランドを探すなら、活気あるシンガポールの文化地区、ブギス地区やブラス・バサー地区に行きましょう。

ブラス・バサー・コンプレックスは、アート用品(老舗「アートフレンド」で扱っています)、入手しづらいデザイン関係の出版物や雑誌(「バッシャー・グラフィック・ブックス」)、古本(「エバーニュー・ブック・ストア」、「ブック・ポイント」)を探すのにうってつけの場所です。

内なる文化への熱い思いが満たされた後は、インディーズショップがたくさん並ぶハジ・レーンに向かいます。Instagramに投稿する価値のある路地裏に、インテリア雑貨やライフスタイルグッズが揃っている「マンデーズ・オフ」をはじめとする店が並んでいます。魅力的なビンテージデザインなら「ドルチェフィグ」、旅行にぴったりの鮮やかなハンドメイドバッグやアクセサリーなら「コロンビアーナ」もあります。

4 ティオン・バル

一路、ティオン・バルへ―多種多様な店が集まる、シンガポールでも指折りのおしゃれな地区です。午後は、服飾品や素敵な小物を探しに、独立系書店「ブックスアクチュアリー」(看板猫たちに挨拶を忘れずに)、「ウッズ・イン・ザ・ブックス」、「ストレンジレッツ」を巡り歩きましょう。レコード盤を探すなら、キュレーテッド・レコーズに。
 

5 リトル・インディア

24時間営業で年中無休のショッピングモールを歩き回るなんて、夢のようではありませんか? それでは、ムスタファ・センターで腰を据えてショッピングといきましょうか。リトル・インディアにある巨大施設には、必要なものが何でもあります。つまり、DVDから香辛料、金のジュエリー、TVまでありとあらゆるものが揃っています。ちょっとしたサポートが必要なときは、このムスタファ・センター・ビギナーズガイドをチェックしてください

インドのアクセサリーなどを探しているなら、リトル・インディアの通りを歩いてみましょう。サリー(体に巻き付ける長い布でできた、インドの伝統衣装)からバングルまで、あらゆる種類のきれいなものを売る店がいくつも見つかります。

3日目

6 クイーンズタウン

高級品ではなく、お財布にやさしい掘り出し物を手に入れたいなら、「クィーンズウェイ・ショッピング・センター」や近くの「アンカーポイント・ショッピング・センター」などに行ってみましょう。クイーンズウェイ・ショッピング・センターには、スニーカー、アパレルやスポーツ用品も買えるスポーツ店が驚くほど軒を連ねています(多くの商品は、シーズン落ちや過去のコレクションのものなので、期待はほどほどに)。アンカーポイント・ショッピング・センターでは、チャールズ&キース、ビラボン、ハッシュパピーなどのブランドのファクトリーアウトレット商品、魅力的な割引やプロモーションが見つかります。

7 シンガポール・チャンギ空港

ここは逃さないように。しばらく市内に滞在するなら、なおさらです。チャンギ空港での免税ショッピングは、自分のためのお楽しみにしましょう(帰国直前のお土産購入もOK)。どのターミナルにいるかにもよりますが、アディダス、バーバリー、コーチなど品揃えは多彩です。

ご紹介したどのスポットも、出かけてショッピングをするとなると迷ってしまうほど選び放題。格安店、蚤の市などをお探しですか? それなら、『The Smart Local』が参考になります