Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

1日目:乗り物を楽しむ

シンガポール・フライヤーの眺め
1 シンガポール・フライヤー

シンガポール・フライヤーに乗って、地上165メートルから360度広がるシンガポールの景色を堪能しましょう。大観覧車から見る朝の「ライオンの街」シンガポールの光景は格別です。どなたでもパーフェクトな一日のスタートとなるでしょう。

シンガポール川を行く伝統的なバムボートのツアー
2 シンガポール川

午後・夜

午後は、歴史あるシンガポール川へ。伝統的なバムボートに乗って、シンガポール川クルーズを楽しめます。ボート・キーとクラーク・キーというシンガポールの2大有名埠頭について、聞き応えのあるエピソードをガイドに披露してもらいましょう。また、ボートでそばを通過しながら、マリーナ・ベイエリアの素晴らしい景色を堪能できます。

その後は、ダック&ヒッポが運営するシンガポールツアーと乗り降り自由市内観光バスを利用して残りの時間を過ごしましょう。市内観光パックなら、一日中自分のペースでシンガポール観光を楽しめます。市街見物パッケージは自分のペースで回ることができます。見どころとしては、リトル・インディア、オーチャード・ロード、チャイナタウン、シンガポール植物園などがあります。

2日目:ステート・オブ・ファン(セントーサ島)へ行く

スカイライン・リュージュでゴーカートに興じる人々
3 セントーサ島

終日

「ステート・オブ・ファン(State of Fun)」とも呼ばれるセントーサ島は、家族全員が楽しめる巨大な遊び場です。シンガポール本島の南にあるこの人気の島には、老若男女が楽しめる魅力があります。丸一日使って島のエキサイティングな見どころを巡りましょう。

まずは、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールへ。映画をテーマにしたエンターテインメントパークです。『トランスフォーマー』や『ジュラシック・パーク』などのヒット作をベースにしたスリリングな乗り物があります。7つのゾーンを巡り歩いて、『怪盗グルーの月泥棒』の愛嬌のあるミニオン軍団など、親しみ深いキャラクターと一緒に家族写真を撮りませんか。

ランチなら、「タンジョン・ビーチ・クラブ」へ。ロブスターバーガーやお子様向けフィッシュ&チップスなど、美味しい軽食が食べられます。ランチの後は、プールサイドのデイベッドでのんびりするもよし、スリル満点のスライダーや海洋生物との触れ合いを楽しめるアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークに行くのもおすすめです。もっと刺激的に過ごしたいなら、スカイライン・リュージュに挑戦しましょう。何歳でも楽しめる小型そり型ゴーカートです。

夕食の時間が来たら、バスでセントーサ・コーブのキーサイド・アイルへ。レストランがたくさんあります。人気は、「ミコノス・オン・ザ・ベイ」のギリシャ料理、「ソルポモドーロ」のイタリアンピザ、「グリーンウッド・フィッシュ・マーケット」のシーフード料理など。

3日目:博物館見学(小さなお子様も楽しめます)

ナショナル・ギャラリー・シンガポールの天井
4 ナショナル・ギャラリー・シンガポール

博物館めぐりは、大人だけのものではありません。子供だって楽しめます。

まずは、シンガポールと東南アジアの作品8,000点を所蔵するナショナル・ギャラリー・シンガポールに行きましょう。子供たちは、「ケッペル・センター・フォー・アート・エデュケーション」へ。謎解きトレイルに参加して、新しい空想上のキャラクターを見つけられる「アート・プレイスケープ」など、4つのアートゾーンで構成されている1,000平方メートルの施設です。

アートサイエンス・ミュージアム™での日没
5 マリーナ・ベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアム™

午後

楽しい朝を過ごした後は、マリーナ・ベイ・サンズ®アートサイエンス・ミュージアム™に向かいましょう。金曜日は、大人用チケット1枚購入につき12歳未満のお子様4人まで入場無料です。

定期的に変わるメイン展示に加え、「フューチャー・ワールド」など目玉展示の対話型ガイドツアーに参加することができます。家族全員で愉快な体験型学習を楽しみましょう。最新ツアーの詳細はこちらをクリックしてください。

MINT博物館の外にある鉄腕アトムの彫像
6 MINTおもちゃ博物館

今日の締めは、MINTおもちゃ博物館。鉄腕アトム、ポパイ、タンタンなど、ビンテージ玩具のコレクションが自慢の風変わりな博物館です。大人も子供も、いくつ知っているか数えてみましょう。たくさん展示されている昔の漫画キャラクターに感心しきりの楽しい時間を過ごせます。

4日目:自然と触れ合う

シンガポール植物園で咲き誇る蘭の一種
7 シンガポール植物園

自然に囲まれて家族で過ごす時間を作りましょう。時間を分配して、シンガポール植物園とガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ。どちらも、世界有数の緑地空間ですが、それぞれ趣は異なります。(レストランもたくさんあるので、お腹を空かすことはありません)。

午前中は、約150年の歴史を持ち、今やユネスコ世界遺産に登録されているシンガポール植物園を散策しましょう。スワン・レイク、世界最大規模の蘭が見られる公園「国立蘭園」、植物に関するすべてを遊びながら学べるジェイコブ・バラス・チルドレンズ・ガーデンなどの見どころを、ぜひチェックしましょう。手頃なパスタや、薪を使って焼き上げたサクサクの薄焼きピザ、さらには「ナシレマ」やホッケン・プロウン・ミーなど、地元の味を楽しめるカサ・ベルデでランチを。お子様にも安心してご利用いただけます。気候の良い日にはレストランでピクニック・バスケットを借りることもできます。子供たちはシンフォニー湖のそばの芝生で思い切り駆け回れます。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのスーパーツリーの眺め
8 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

午後・夜

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、高さ50メートルに達する「スーパーツリー」を擁するバーチャルガーデンを特徴とした未来的な自然公園です。興味をそそる他のアトラクションもお見逃しなく。「フラワー・ドーム」は世界最大のガラス張りドームです。「クラウド・フォレスト」には、世界で最も高い屋内滝が流れ落ちています。

ディナーには、「スーパーツリー・ダイニング」がおすすめです。この屋内ダイニングスポットには、昔ながらの中国料理が食べられる「ピーチ・ガーデン・ヌードル・ハウス」、ブラックペッパーチキンや炒飯がおすすめの家族向けレストラン「オリエンタル・ウェスタン&ビストロ」など、いくつかの食堂やレストランが入っています。

5日目:科学探求

シンガポール・サイエンス・センターの内部
9 シンガポール・サイエンス・センター

1日の前半、学習と教育の楽しい時間になること請け合い。家族でシンガポール・サイエンス・センターへ行き、驚きのデータや1000件を越す対話型展示を見学しましょう。年齢を問わずためになる情報を吸収できます。

ショーやデモンストレーションも開催されています。火災旋風の発生の様子を見学したり、勇気があれば、ゴキブリを手に載せて観察してみましょう。

映画を見る時間があるなら、オムニ・シアターへ。シンガポール唯一のドーム型アイマックス・シアターで、他にはない身体を包み込む映像を体験しましょう。

アイマックス・ドーム・シアターに映し出された映像
10 シンガポール・ディスカバリー・センター

午後・夜

残りの時間は、シンガポール・ディスカバリー・センターで過ごしましょう。シンガポールの国の歴史と未来に焦点を合わせた施設です。シンガポール軍士官学校を垣間見ることができる「SAFTI」バスツアーや、一般向けに作られたシンガポール初の没入型第3世代シンガポール国防軍(SAF)ゲーム「バトルフィールド・コマンド」など、見逃せない展示やアトラクションがあります。

6日目:野生動物と

リバーサファリでボート遊びを楽しむ家族
11 リバーサファリ

リバーサファリ、シンガポール動物園、ナイトサファリの3つの野生生物公園で、動物の群れをじっくり観察しましょう。

1日のスタートは、リバーサファリから。地域初の川をテーマにした動物園です。マナティやジャガーなどの生き物が飼育されています。

ジャイアント・パンダ・フォレストにいるジャイアントパンダのカイカイとジァジァは必見です。アマゾン・リバー・クエストもお見逃しなく。所要時間10分のボートに乗って、アメリカバクやアリクイなどの動物をゆったり観察します。

シンガポール動物園でキリンを眺める家族
12 シンガポール動物園

午後

午後は近くのシンガポール動物園に行って、たっぷり楽しみましょう。受賞歴を誇るシンガポール動物園の敷地面積は28ヘクタール。11のゾーンに分かれています。

「フラジャイル・フォレスト」に一歩入れば、興味深い熱帯雨林を体験できます。「プリメイト・キングダム」ゾーンでは、人類に最も近い動物を観察しましょう。オーストラリアゾーン「ランド・ダウン・アンダー」には、見てびっくりのカンガルーがいます。

園内には、子供が楽しく過ごせる水遊びエリア「レインフォレスト・キッズワールド」もあります。野生動物仕様のメリーゴーランドに乗ったり、小動物に関するすべてを学んだりできます。

ナイトサファリで象の赤ちゃんと触れ合う家族
13 ナイトサファリ

最後の一大イベント、ナイトサファリ。世界初の夜行性動物(ワラビー、ブチハイエナなど)のための動物園です。各地域やゾーンを歩いて回ることもできますが、トラムに乗って見学するのが一番です。乗車時間は40分間。赤道アフリカやインドマラヤ地域など、地域別ゾーンをめぐります。

7日目:買い物道楽を極める

IONオーチャードで彫像の前を通り過ぎる家族
14 オーチャード・ロード

午前・午後

どこに行けばいいか分かっていれば、ショッピングは、家族全員が楽しめる素敵なレクリエーション。

オーチャード・ロードに行って、午前も午後も世界に名高いショッピングエリアで過ごしましょう。このエリアには、パラゴンとフォーラムという子供に優しいショッピングモールが2つあります。どちらも、子供たちが夢中になれるプレイエリアが設けられているので、その間に、大人たちはバナナリパブリックやカルバン・クラインでショッピングを楽しめます。

ビボシティの遊園地の上空からの眺め
15 ビボシティ

夜になったら、ビボシティにあるコーチなどのファッションショップやダイソー(2シンガポールドルで思いつく限りすべての物が揃う日本の店)はいかが。2階にあるオープンエアの遊び場や3階の水遊びエリア「スカイパーク」で、子供たちは楽しい時間を過ごせます。

この旅行プランには、家族で楽しめるアクティビティ、ショップ、グルメのおすすめが満載――シンガポール7日間の家族旅行を満喫できます。もっとアイデアが必要なら、このページをチェックしてみてください。

こちらも

チェック