マグハイン・アボース・シナゴーグは、シンガポールの多文化が遠い昔に始まったことを偲ばせてくれます。

1878年に建設されたこのシナゴーグは、東南アジアに現存する最古のユダヤ教建築物の一つ。その東南アジア最古のユダヤ教建築物は、シンガポールのユダヤ人街に当時の姿のまま佇んでいます。

優美さをまとう簡素な空間

この建築物の見どころは、簡素なネオクラシカル式ファサードです。エントランスアーチが配された庇付き玄関は、馬車を十分収容できる広さがあります。ここから、3つのドアまで長い急な階段があります。

内装はネオクラシカル スタイルとコロニアルスタイルの建物が融合したスタイルになっており、伝統的な柱と飾り気のない壁は、装飾や肖像をあえて配さないしつらえです。

それにもかかわらず、大理石の床、木製の鎧窓、赤い絨毯、チーク材とラタンの信者席が、優美で簡素な雰囲気を醸し出しています。

豊かなディテール

このシナゴーグの2階には、後年建て増しされた女性用のU字型バルコニーがあります。礼拝所はエルサレムのある西を向いています。「ビーマー」(中央の説教壇)は、礼拝所西側の壁の一段高くなった場所の壁龕にある「アヘル」(アルコーブ)に置かれています。

この「アヘル」の中には「トーラー」が保管され、豪華な刺繍の入った房飾り付きカーテン「パロケット」で覆われています。正面に吊り下げられているのは、エルサレム神殿に灯されていた灯火の象徴、「永遠の灯火」です。

地域の歴史の片鱗はさておき、マグハイン・アボース・シナゴーグでは、シンガポールで最も小さな規模でありながら、ほかと同様の影響力をもったコミュニティの暮らしぶりを垣間見ることができます。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgheritage インスタグラム

トリップアドバイザー