街中で、さまざまな文化行事を祝いましょう。重要な行事が1カ月おきに行われている人種や文化のるつぼ、シンガポールを旅していると、さまざまなお祭りを体験できます。 

中国正月からディパバリまで、シンガポールの年中行事をご紹介します。休暇の計画をうまく立てれば、普通の日には味わえない特別な光景や音を体験できます。 


1月~4月

シンガポールで最も重要な休日の一つ、中国正月は、旧暦の元日です。元日にあたる日は太陰周期によって毎年異なりますが、一般的には1月~2月に収まります。親族が集まってスチームボードディナーで親睦を図り、紅包(赤い祝儀袋に入れたお年玉)を渡すなどのしきたりがあります。

中国正月を祝って、マリーナ・ベイに浮かぶフローティング・プラットフォームでは、リバー・ホン・バオという毎年恒例の賑やかなお祭りが開催されます。干支を描いた無数のランタンが灯る中、楽しい乗り物やストリートパフォーマンスなどのアクティビティが目白押しです。

ほかに、シンガポールの多様な文化遺産を盛大に掲げる チンゲイ・パレードも開催されます。堂々たる山車や竹馬の行列など、ハイライトは豪華絢爛です。

1月や2月には、ヒンズー教のお祭り「タイプサム」もあります。この期間中、祝福を求め、誓いをかなえるために信者がこの奇祭に集まり、セラングーン・ロードのスリ・スリニバサ・ペルマル寺院からケオン・サイク・ロードのシチ・ ヴィナヤガー寺まで行進します。

この2日間の奇祭の中で、信者の中には、頬に金串を刺して、飾り立てた神輿(別名「カバディ」)を運ぶ者もいます。まったくもって刺激的な光景です。


5月~8月

中国古来の太陰暦で5月5日は、美味しいちまきを食べる日。 血湧き肉躍るドラゴンボート・レースが開催される日でもあります。エネルギッシュなレースを観戦するには、ベドク貯水池、カラン・リバー、マリーナ・ベイ・エリアなどに行きましょう。美味しいちまきなら、キム・チュー・クエ・チャンが地元一番人気です。

シンガポールのイスラム教徒は、ラマダンとして知られる聖なる月(6月または7月)を祝います。ラマダンの期間中、シンガポールのイスラム教徒は、日没まで断食を行い、一日が終わる時間に集まります。ラマダン月には、カンポン・グラムやゲイラン・セライなどの地区のナイトマーケットに足を運んでみましょう。衣料品はもちろん、何より特別なお菓子や料理を売っています。


9月~12月

毎年9月には、秋の収穫を祝う中国の中秋節があります。夜の帳が下りると家族でチャイナタウンやチャイニーズ・ガーデンなどに集まり、いろいろな種類の味がある伝統菓子の月餅を食べ、子供たちがランタンをもって家族や友人と行進します。

10月、11月頃には、ヒンズー教徒が祝福するディパバリとして一般に知られている光の祭りが行われます。通りが美しくライトアップされるリトル・インディアに行くと、この色彩と活気に満ちた華やかな祭典を満喫できます。市場にたくさんの店が出るので、ショッピングの心構えをしておきましょう。本格的なインド料理を味わい、ライトアップされた通りの写真を素敵に撮るチャンスです。


 参加できる祭典や見学できるお祭りがたくさんあるので、心惹かれる行事に必ず出会えます。