オーチャード・ロード

シンガポールの最新流行のリテールショップがひしめくこの通りでは、どこから見始めればいいか迷ってしまうかも知れません。しかし、ご心配は無用です。私たちはMRTのオーチャード駅からサマセット駅まで広がるオーチャード・ロードで最高のショッピングポイントはどこかリサーチしました。オーチャードMRT駅で下車したら立ち並ぶ店を横目に、シンガポール随一のショッピングエリアでもひと際光り輝く、IONオーチャードまでまっすぐ向かいましょう。

すべてのショップはMRTのオーチャード駅またはサマセット駅の近くにあります。
スコッツ・ロード

オーチャード・ロードのショッピングエリアに程近い1 スコッツ・ロードに面するスコッツ・スクエアには、エルメスの旗艦店があります。エルメスでお気に入りの逸品を見つけることはもちろんですが、店内のアートスペースであるアロフトにもどうぞお立ち寄りください。また、同店のウィンドウの装飾は様々なアーティストの手で季節ごとに模様替えされます。こちらもぜひお見逃しなく。

そのあとは、ペダー・オン・スコッツ(こちらもスコッツ・スクエア)に向かいましょう。ここには、7つのリテールゾーンが設けられ、メンズ、レディース、子供向けのスポーツ用品やアパレル製品を豊富にラインナップ。ショッピングで足が棒のようになってしまったら、店内の「ザ・コーヒー・アカデミクス」でひと休み。しばしのコーヒータイムを楽しみましょう。

そのあとはコスメやラグジュアリーブランドがずらりと並ぶTギャラリア by DFSへ。お客様おひとりひとりに合わせたサービスとプロの目で厳選されたコレクションをすべて免税価格で手に入れることができます。ここでアドバイス。免税品のお土産をここで揃えてしまえば、空港でバタバタせずに済みます。

オーチャード・ロード

メークに興味がある人ならだれでも知っている巨大コスメショップ、セフォラ。ショッピングはここから始めましょう。2 IONオーチャード旗艦店では、Kat Von Dやメイクアップフォーエバーなどの店内ブティックで勝負顔にメークアップ。ショッピングづくしの長い一日を乗り切るための完璧ルックでキメましょう。

おしゃれなスタイルを完成させるためにイン・グッド・カンパニーでネオモダンのワードローブアクセサリーをチェックするのもお忘れなく。このコンテンポラリーな地元ブランドでは、レディースウェアやアクセサリのほか、オシャレなおチビさん向けに親子でお揃いのコーディネーションを楽しめる子供服のラインナップもあります。

よりシックでミニマリストなファッションをお望みであれば、H&Mの姉妹ブランド、COS(Collection of Style)の旗艦店に足を運んでみましょう。ちょっと一息つきたいときは、アクセサリコーナーへどうぞ。陳列棚の下にある四角い箱を引き出せば、靴を試すときに腰掛けることができます。

80年前に誕生したシンガポールのシンボル的な老舗デパートのひとつ、3 タングスは家庭用品の豊富な品揃えで有名です。タン・プラザのアウトレットショップに立ち寄ってみましょう。シンガポール生まれのブランド品を始め、多彩なブランドが揃っています。独学で開花したデザイナー、ダネル・ウーのアイジェクは、モダンで女性らしい洋服が特徴です。お気に入りのアイテムを見つけて、ワードローブをリフレッシュ。

そのほか、地元ブランドとしては、正確な仕立てと熟練技を重視することでミニマリストアプローチによるデザインに挑むメンズウェアのBiro、両性具有、幾何学、簡素などをデザインに取り入れ、隅々に反抗的なスピリットを感じさせるブランド、MAX.Tan。地元での受賞歴もあります。

ラグジュアリーなブランドのメッカであり、洗練されたショッパーたちが好んで訪れる4 パラゴンでは、最高で最新のファッションアイテムが見つかります。たとえば、スペイン発のブランド、ロエベが展開するカサ・ロエベをのぞいてみましょう。このブティックはロエベのクリエイティブディレクターを務めるジョナサン・アンダーソン氏自らが手掛けたもので、東南アジア初の試みです。豪華なエメラルドの天井のデコパネル、明るく広々とした空間はまるで別世界。

ゴールドとブロンズの輝くようなグッチのトレードマークは、オーチャード・ロードエリアを愛するファッショニスタを引き寄せる魅惑の目印。モールの外からでも見つけることができます。イタリアのラグジュアリーブランド、グッチのパラゴン店では、植物と動物のイマジネーションの世界を表現した、アレッサンドロ・ミケーレ氏のグッチ ガーデン コレクションが並ぶグッチ ガーデンのインスタレーションなど、特別展示も行っています。

サマセット

5 マンダリン・ギャラリーベイジング・エイプで最新のストリートファッション情報をアップデート。この日本生まれのブランドは、ストリートスタイルファンの間で長く人気を保っています。鮮やかなカラー、ネオンサイン、シンボルでもあるBAPE®エイプの頭のシルエットを使ったプリントなどが揃っています。

女性の皆さん、ヴィクトリアズ・シークレット旗艦店で、ご褒美タイムを楽しみましょう。2階建て、およそ1,115㎡の店舗内にはブランドの大人気ランジェリー、フレグランス、ビューティ・ボディケア用品がひしめきます。また、同ブランドのアスレチックラインであるヴィクトリア・スポーツ、大学をイメージしたティーン向けのスペシャルコレクション、PINKなども勢揃い。

リラックスした控え目なスタイルがお気に入りの方には、いかにも自然な雰囲気のBeyond The Vinesがおすすめです。このシンガポール生まれのブランドは、周到にデザインされた服を通じて、女性にスタイリッシュで心地良い毎日を提案します。

ショッピングのしめくくりは、サマセットMRT駅のすぐ近くにある6 オーチャード・セントラルで。お友達やご家族へのお土産を選ぶなら日本生まれのライフスタイルコンセプトストア東急ハンズがおすすめです。豪華なおもちゃや文房具、家庭用品など雑貨好きにはたまらない、魅力的な(そして実用的な)品々が見つかります。

オーチャード・セントラルにはユニクロの東南アジア旗艦店が出店しています。ここでは、「U+Sと世界」もお忘れなく。オーチャード地区から誕生したビジネスが集まるシンガポールの文化、スタイル、そして創造力にスポットを当てています。