ホワイトタイガー、ピグミーカバ、そしてあの不思議な動物、ハダカデバネズミまで。珍しくて魅力的な野生生物たちを間近に見られるシンガポール動物園に出かけましょう。26ヘクタールに広がる広々とした敷地に、300種以上の野生生物が飼育されています。哺乳類、鳥類、爬虫類などの多様な動物たちが、開園以来40年以上にわたり訪れる人々を魅了してきた伝統ある動物園です。

ワイルドな一面を体験

シンガポール動物園には11のゾーンがあり、それぞれが多様な野生生物が生息する世界各地の特徴あふれる自然環境への旅に来場者を誘います。熱帯地域で生まれた初めてのシロクマ、イヌカのすぐそばまで会いに行きましょう。イヌカにあいさつした後は、もう少し暖かい地域に戻ってきましょう。オーストラレーシアゾーンでは、グレーカンガルーやすばしっこいワラビーたちの間を散歩したり、珍しいキノボリカンガルーやヒクイドリを目の前で見ることができます。他にも、魅力的なゾーンが目白押し。「プリメイト・キングダム」には、動物園で飼育されている39種の霊長類の多くが集められています。「レプタイル・ガーデン」では、コモドオオトカゲを間近に見るスリリングな体験をどうぞ。「トータス・シェルター」では、そこで保護されている絶滅危惧種のリクガメを見学することができます。

夢中になる体験

お茶目なカリフォルニアアシカが優雅で機敏な芸を披露する「スプラッシュ・サファリ・ショー」をお見逃しなく(毎日午前10時30分と午後5時に上演)。森林破壊がもたらす影響をしっかり学ぶことのできる「レインフォレスト・ファイツ・バック・ショー」にもぜひご参加ください(毎日午後12時30分と午後2時30分に上演)。

普段は見ることのできない秘密のベールの向こう、動物園の舞台裏を「フラジャイル・フォレスト」「レプタイル・ガーデン」「グレート・リフト・バレー・オブ・エチオピア」の各エリアで見学しましょう。「ワイルド・ディスカバラー」ツアーに登録して、待遇の行き届いたVIPツアーをご体験ください。

ちびっ子たちのお楽しみ

ご存知の通り、シンガポール動物園はファミリーでのお出かけには最適のスポットです。子どもたちにはキッズレンジャー・ツアーがおすすめ。5歳から12歳までのお子様が参加でき、飼育係になってウサギやファラベラの餌やりをしたり毛の手入れをしたりという体験ができます。

他にも、動物のワンダーランドをテーマにしたレインフォレスト・キッズワールドも子どもたちに大人気。ヤギに餌をやって可愛がったり、ポニーに乗ったりでき、いつまでも遊んでいたくなる楽しいアトラクションです。水の流れるプレイグラウンドで水遊びを楽しんだり、ペットコーナーでウサギ、ヒヨコ、その他小さなふわふわの動物などと仲良くしたりもできます。

太古の生物とともに未来を考える - ズーラシック・パーク
ズーラシック・パーク

撮影者 Wildlife Reserves Singapore

シンガポール動物園では、いつ訪れても新しいスペシャルイベントや特別展示が開催されています。なかでもこの動物園ならではの話題の展示は、ズーラシック・パークです。命を吹き込まれたかのような太古生物の展示を見学して、5度目の大絶滅について学び、未来に起きるかもしれない6度目の大絶滅について考えてみましょう。

霧の立ち込める「ダイナソア・バレー」では、20を超える恐竜たちがすぐ目の前に迫ります(あまりにリアルで生きているかのようですが、精巧なロボットですのでご安心を)。堂々たるティラノサウルス・レックスや抜け目のないヴェロキラプトルなど、人気の恐竜たちがあの牙や爪をもった恐ろしい姿で訪れる人を待っています。この展示を存分に楽しむには、Blipparアプリをダウンロードして。拡張現実とのインタラクティブなゲームで恐竜たちを生き生きとよみがえらせましょう。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#singaporezoo インスタグラム

トリップアドバイザー