ジュロン・バードパークは、400種5,000羽を超える鳥が生息するアジア最大の鳥類園です。

可愛いらしい希少種の鳥を間近で観察したいときは、ジュロン・バードパークに向かいましょう。

シンガポール西部の20.2ヘクタールにわたる広大な公園は、400種5,000羽を超える鳥が生息するアジア最大の鳥類園です。

毎日の餌やりセッションでは、たくさんの鳥を見られます。カンムリホロホロチョウのように、なかなかお目にかかれない鳥にだって出会えるというわけです。

色とりどりのアトラクション
毎日の餌やリセッション中に、いろいろな美しい種と出会えるジュロン・バードパーク。

世界指折りの大きさを誇るウォークイン型の鳥小屋「ウォーターフォール・アビアリー」は必見です。ここで暮らす鳥は600羽以上。高さ30メートルの滝があります。

この広大な公園には、ほかにも人気アトラクションがあります。9階の高さより高い、世界最大のウォークイン型インコ用鳥小屋もその一つ。ここでは、15種のカラフルなインコを間近で観察できます。また、「ペンギン・コースト」は、この飛べない鳥の種をたくさん見られる印象的なスポットです。

ほかに、気取り歩きのフラミンゴが何百羽もいる「フラミンゴ・レイク」もあります。その近くにある「ペリカン・ケイブ」は、世界で最も完全なペリカンコレクションです。

翼のある奇跡

威厳のある空飛ぶ生物のショーも楽しめます。大きなワシ、ハヤブサ、タカが動きを披露する「キング・オブ・スカイズ・ショー」では、狩りの熱いシーンを見られます。「ハイ・フライヤーズ・ショー」では、鳥の群れに仲間入りできます。

まだ物足りないときは、オウムやペンギンと食事をすることもできます。

子供たちにとりわけ人気なのが「バーズ・オブ・プレイ」。鳥をテーマにしたウォータープレイグラウンドです。大きなバケツがゆらゆら揺れる下でずぶ濡れになって遊び、「フライング・フォックス」に乗って勢いよく空を飛べます。アーケードゲームも揃っています。

この驚異的な鳥の聖域を訪れれば、心奪われるひとときをすごせるはずです。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#jurongbirdpark インスタグラム

トリップアドバイザー