マレー語の「ナシレマ」は「リッチなライス」という意味。しかし、ここでいう「リッチ」というのは富のことではなく、ほっぺたが落ちるほど美味しい味の秘訣であるココナッツクリームの、豊かな風味のことを指しています。

様々な旨味の絶妙のバランスを楽しむこのお料理は、ココナッツミルクとパンダンリーフで炊き上げたライスに、鶏手羽先の唐揚げ、「オタ」(フィッシュペーストのグリル)、「イカンビリス」(シンガポール風アンチョビ)、ピーナッツ、タマゴ、キュウリのスライス、「サンバル」(スパイシーなチリペースト)を合わせていただきます。

マレー人たちに愛されるアットホームなお料理で、マレー人以外の人々は独自のバージョンがあります。パンダンリーフで緑がかった色のものがあるものの、基本的にライスは同じ。サイドに添えるものがそれぞれ異なります。

例えば中国風バージョンは、鶏の手羽元の唐揚げ、鶏のソーセージ、かまぼこから、カレー味の野菜やランチョンミートまで、様々なものを合わせます。

#nasilemak インスタグラム