旧国立競技場跡地に最先端技術を駆使して建設されたシンガポール・スポーツ・ハブは、スポーツ・エンターテインメント・ライフスタイル総合施設です。 

2014年に開場した、35ヘクタールの敷地面積を誇るスポーツ・ハブは、開閉式の屋根と可動式座席を備え、55,000人を収容できる国立競技場です。このスタジアムでは、多数の大規模イベントや会合を開催することが可能です。規模が小さめのシンガポール・インドア・スタジアムは座席数12,000。幅広いスポーツイベントやエンターテインメントイベントに適しています。