シンガポールのスカイラインを背景にして、ウォーターフロントに佇む高級クルーズターミナル、マリーナベイ・クルーズセンター・シンガポール(MBCCS)。市の中心部へ向かう海の玄関口です。この会場は28,000平方メートルでサッカー場3面分に相当する広さを占め、世界最大級の船舶の停泊も可能です。このシンガポールの代表的建築物の屋上には、岸に打ちつける波が独特の表現で再現されています。

ターミナルには広い到着・出発ホールが設けられており、さらに、乗客を収容できる広い地上交通エリアも完備。海のパノラマビューとシンガポールのスカイラインを満喫できる、個性極まるイベント会場となりました。

マリーナベイ・クルーズセンター・シンガポールは、持続可能性の取り組みに尽力していることを示す、建築建設庁(Building and Construction Authority: BCA)グリーン・マーク・アワードを受賞しています。