Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。
OK

保険

a. イベントのために保険を購入する必要がありますか?
  • イベントのために、イベント主催者は、費用を自己負担して、シンガポールで正式に許可を取得している保険会社または会場所有者が受諾できる海外保険会社(「ライセンサー」ともいう)との保険契約を維持する、または維持させるものとします。 
b. 保険の種類や補償額は?
  • 保険契約は、以下に対応するものでなければなりません。

a)  施設の損害または損失

b)  イベントの主催中または開催中に発生する、もしくはイベントの主催または開催によって生じる、もしくはライセンサーおよびライセンサーが自らの絶対的裁量に基づき必要とするその他保険によるサービスの提供に起因する、身体障害、死亡、物品損害・盗難に対する請求を補償する、請求ごとに合計$ 1,000,000.00以上の総合一般損害賠償責任

c)  ライセンサーを被保険者に指定する

  • 保険契約には、以下を含む必要があります。

a)  ライセンサーに対する保険代位の放棄条項             

b)  当該保険に基づく保険会社の支払い責任が当該保険のいずれかの当事者の行為、不履行、不作為、怠慢による影響を受けてはならないという条項                 

c)  ライセンシーまたはライセンシーの従業員が配慮、管理、監督する施設に関して該当の除外方針から削除することによるライセンスエリア(あらゆる付帯設備を含む)に対する損失または損害に関するライセンシーの法的責任             

d)  別個の保険契約がライセンサーおよびライセンシーのそれぞれに発行された場合と同じ方法で、ライセンサーおよびライセンシーがそれぞれ独立した別個の個人と見なされるものとし、かつ保険契約に基づく被保険者へのあらゆる言及(または類似の表現)がライセンサーおよびライセンシーのそれぞれに適用されると見なされるものとする交差契約条項。        ""           

  • 随時、要求があり次第直ちに、ライセンシーはライセンサーに保険契約に関する十分な証拠書類および支払保険料の領収書を提供する必要があります。

その他の役立つ情報

a. シンガポールで花火を打ち上げられる場所はどこですか?
  • シンガポール国内で開催される大規模イベントでは、通常、花火の打ち上げが行われます。花火の催しを行える場所は指定されています。イベント主催者は、認可花火業者にお問い合わせの上、関連当局から必要な許可を取得するための援助を受けてください。
b. シンガポールは、知的財産に関してどのような政策をとっていますか?

  • シンガポールの知的財産に関する情報は、シンガポール知的財産庁でご覧ください。
  •  

    c. 航空写真の手配方法は?
    • 写真撮影地の土地所有者の許可を得る必要があります。
    • シンガポール民間航空庁(CAAS: Civil Aviation Authority of Singapore)にオンライン申請書で申請してください。

    税関

    a. シンガポールに持ち込めない物はありますか?
    b. 会議プログラム、バッグ、お土産を持ち込む場合、輸入税を納付しなければなりませんか?
    • 「商品」と見なされない限り、一般にはありません。 具体的な申告について、または詳細については下記でご確認ください。
    ウェブサイト こちらをクリック
    連絡先

    Eメールを送信

    tel: +65 6355 2000(24時間)


    *注: 本件は、物品を手荷物(受託手荷物または機内持ち込み)で持ち込む旅行者にのみ適用されます。貨物または船荷については、配送業者が必要な手続きを行い、それに応じて依頼主に通知します。


     

    ライセンス

    a. どのような種類のライセンスが必要ですか?申請方法は?
    • 企画している各種アクティビティに関して申請を行う際は、ライセンス交付当局にライセンス&許可についてお問い合わせください。

    a. イベント用品を持ち込む際に、税金(消費税-物品サービス税)を納める必要はありますか?
    • 物品が商品の場合には、消費税を支払う必要があります。「商品」と見なされるかどうかは、入国時に担当税関職員が確認します。
    • 消費税に関する詳細については、シンガポール内国歳入庁ウェブサイトをご覧ください。
    b. 講演者がシンガポール人か外国人かを問わず、講演者の税金を納めなければなりませんか?
    • 講演者が非居住者の場合は必要です。支払額の一定割合を差し引き、当該の差引額をIRASに納付する義務があります。この差引額を源泉徴収額といいます。源泉徴収税についての詳細は、こちらでご覧いただけます。
    c. 主催者からスペースを購入する出展者は、消費税を納めなければなりませんか?
    • はい。シンガポール国内で消費されるすべての物品およびサービスは、一般的な相場の消費税の対象です。シンガポール国内で購入され、国外で消費される物品には、税金の払い戻しが適用される場合があります。
    • 参加者が海外から訪れる場合、会場の賃貸料は免税されることがあります。
    d. 自国に収益を持ち帰る場合、送金税を納める必要はありますか?
    • 主催組織が外国系企業と見なされるか否かによって、さまざまな課税要件があります。税務を扱っている定評のある業者から、専門的な税務アドバイスを受けるのが最適です。
    • (外国系企業に適用される)源泉徴収税に関する情報については、こちらをクリックしてください。