シンガポールで観光などを楽しまれる際には、安全に十分に配慮して、必要な感染症予防対策を取り、互いを気遣うことが大切です。シンガポール在住者および観光客の皆様の健康が、この期間における最優先事項です。観光産業において更なる予防対策が取られる場合があります。

シンガポール滞在中に責任ある行動を取るための簡単な5つのポイントをご紹介します。

1)衛生管理をする

ラクサ(ココナッツミルクベースのスパイシーなスープ麺)やチリクラブをすぐにでも食べたい気持ちを抑えて、お食事の前後は毎回、石けんを使った手洗いをお忘れなく。徹底した衛生管理はご自分を守るだけでなく、周囲の人のために清潔な環境を作ることにつながります。

お手洗いの後や、咳やくしゃみで手が汚れた時にもこまめに手洗いをしてください。


2)旅行プランを立てて、持ち物の準備を万端に
マリーナ・ベイ・サンズおよびシンガポール・フライヤーを含むシンガポール市街地

事前に予定を立てましょう。

途中で予定が崩れないよう、行きたい施設やレストランの営業時間などの詳細をインターネットで事前に確認しておきましょう。営業時間などの情報は、本ウェブサイトの観光&体験ダイニングなどからご確認いただけます。また、App StoreGoogle Playから「Visit Singapore Travel Guide」アプリをダウンロードしていただくと、より予定が立てやすくなります。

ご旅行前の荷造りの際は、マスク、体温計、飲料水、抗菌ウェットティッシュ、除菌ハンドジェルなども忘れないようご準備ください。


3) 同行者への気遣いを
ハジ・レーンに行かれる旅行者の方

ご自身または同行者の方が気分が悪い時は、ご宿泊ホテルのコンシェルジュに最寄りの医療機関を尋ね、すみやかに医師の診察を受けてください。

気分が優れない時、または咳や鼻水などの呼吸器症状がみられるときはマスクを着用してください。

何よりも、互いに気遣い、自分の健康状態に常に気つけるようにすることをお忘れなく。


4)最新情報を常にご確認ください

外出の際も、政府当局からの最新情報を常にチェックするようにしてください。


5)ゆったりとお過ごしください
サザン・リッジーズの巨大な木々。

こういう時はアクティブに動くよりも、ゆったり過ごし休息をとるのにちょうどよい時かもしれません。

博物館やギャラリーなどをゆっくりご覧になり、アートや歴史に触れ、リラックスした気持ちでお過ごしください。コニーアイランドやサザン・リッジーズを散策して、日光を浴びてビタミンDをどんどん生成し、免疫力を高めましょう。

旅行中はくれぐれも安全に配慮し、状況をご理解いただき、責任ある行動をお取り下さい。