ショーは続く。

シンガポールへの渡航が叶わない今、その代わりに、シンガポールの一面として、交響楽団から演劇、コンサートまで、多彩な芸術的パフォーマンスをご紹介しましょう。

必要なのは、おうちでリラックスして、創造力を少し働かせてみることだけ。ベルが三たび鳴って音楽の演奏が始まり、幕が開いたら、席について、何なら飲み物を用意して、ベッドやソファでくつろいでください。

シンガポールで活気づいているアートシーンを、ぜひご覧ください。シンガポールの才能ある芸術家たちをご紹介します。エスプラネード - シアターズ・オン・ザ・ベイビクトリア・コンサート・ホールなど、最先端を行くコンサートホールで、自分の席を選んでください。もちろん、無料です。

今すぐ楽しめるライブコンサートや録画コンサート、演奏、パフォーマンスの厳選リストをご紹介します。目も耳も喜ぶひとときをお楽しみください。

SSOPlayOn!

シンガポール交響楽団(Singapore Symphony Orchestra、SSO)がおくる待望のデジタルシーズン「SSOPlayOn!」では、週に3、4つのコンサートを公開します。動画や音声によるコンサートでは、シンガポール出身作曲家の作品のほか、アーカイブからこれまで未公開だった貴重な録音を披露します。

今シーズンの開幕はマーラーの「交響曲第2番」。指揮はラン・シュイです。このコンサートは、ラン・シュイ氏のオーケストラ音楽監督としての最後のコンサートでした。シンガポール出身の作曲家、レオン・ユン・ピン、ツァオ・チーフ、タン・チャン・ブーン、ケリー・タンの面々の作品を紹介するオーディオシリーズ「Singapore Composers: From the Archives(シンガポールの作曲家:アーカイブスから)」に、ご注目ください。

平日は、在宅で、SSOのウェブサイトにあるプレイリストやYouTubeチャンネルを聴きながらお仕事。そして週末には、ジェイソン・ライが誘うクラシック音楽メディテーションで、心鎮まる落ち着いたひと時を。シンガポールを拠点とする指揮者のジェイソンが案内役となり、クラシックの名曲を通して瞑想の世界へとリスナーを誘います。

シンガポール交響楽団 www.sso.org.sg/playon


シンガポール・チャイニーズ・オーケストラ

コンサート好きな人たちも、いつでもどこでも演奏を楽しめるはず。そのことを、(外食ではなく)テイクアウトやデリバリーを奨励する現状をヒントに、シンガポール・チャイニーズ・オーケストラは思いつきました。#DabaoSCO(「dabao」は、中国福建語の方言で「テイクアウト」という意味)シリーズではこれまで、自分たちのFacebookやYouTubeチャンネルで、コンサートをノーカットで放送しています。

世界にその名を轟かせるバイオリニストのリュ・スーチンと、高い評価を得ているチェリストのリー・ウェイ・クィンが登場する「Strings Fantasy(ストリングス・ファンタジー)コンサート」をご覧ください。中国民間伝説「白蛇伝」のファンの方は、このオーケストラの演奏をこちらで鑑賞できます。「白蛇伝」は2部構成。視聴時間は約2時間です。

このオーケストラの#roomformusic seriesでは、音楽家たちが自宅で演奏した動画が見られます。日本アニメのファンは、映画「となりのトトロ」のサウンドトラックを、琵琶、チェロ、ハープ、コントラバスで編曲した楽しい演奏をお楽しみください。

チャイニーズ・オーケストラの成り立ちに興味がある方は、こちらで詳細を知ることができます。

シンガポール・チャイニーズ・オーケストラ www.facebook.com/watch/singapore.chinese.orchestra/www.youtube.com/users/1997SCO/


ザ・ネセサリー・ステージ

シンガポール屈指の有名劇団「The Necessary Stage、TNS(ザ・ネセサリー・ステージ)」は、示唆に富む斬新な作品を上演しています。「Those Who Can’t, Teach(ゾーズ・フー・キャント、ティーチ)」や「Model Citizens(モデル・シチズンズ)」などは、シンガポール国際アートフェスティバルでの上演作品です。「Those Who Can’t, Teach」は、シンガポールの一見ごくふつうの中学校の教師と学生の向こう見ずな日々が軸になった愉快な作品です。「Model Citizens」は、メイドと雇い主、政治家の妻の人生が絡み合う様子と、続いて起こるドラマを見つめる作品です。

TNSの全アーカイブから、同劇団が毎月制作・上演している作品に低料金でアクセスできます。また、各タイトルの1週間レンタル配信も可能です。いちおしは、批評家が絶賛した「Off Centre(オフ・センター)」。2人の元精神病患者を描く作品です。

ザ・ネセサリー・ステージ・アーカイブスwww.tnsarchives.com


エスプラネード・オフステージ

「オフステージ」は、景色のいいマリーナ・ベイ沿いにある、シンガポール最高のアートセンターエスプラネード - シアターズ・オン・ザ・ベイで上演される舞台に無制限でアクセスできるバックステージパスです。バックステージを見学するには、動画、ストーリー、ポッドキャストが満載のオンラインコンテンツをチェックしてください。

とりわけおすすめなのが、様々な形式の芸術のエキスパートである子供たちを特集している動画シリーズ「I Kid You Not(アイ・キッド・ユー・ノット)」。子供たちが、マレーダンスや中国の楽器「古筝」のパフォーマンスや演奏を披露したり指導を行ったりします。子供たちに楽しませてもらいながら、そのなかで1つ2つの学びを得るはずです。私たちもそうでした。

また、イヤフォンをつけて、芸術制作の様子を伝えるエスプラネードポッドキャスト「Making A Scene(メイキング・ア・シーン)」をお楽しみください。エピソードの1つでは、有名作品「蝶々夫人」について、劇団トイ・ファクトリーの芸術監督ゴー・ブン・テックと有名なシンガポール人俳優のシャロン・オー、ネルソン・チアが熱いディスカッションを繰り広げます。

エスプラネード・オフステージ www.esplanade.com/offstage/arts


ナショナル・アート・カウンシル
https://www.facebook.com/TheAListSG/videos/496845821200626/

ナショナル・アート・カウンシル(National Arts Council、NAC)による「Aリスト」は、イベントリスト、インタビューなどが掲載されているシンガポールのアート&カルチャーのオンラインポータルです。モニュメントをスケッチする男性やミュージカル「キャッツ」で世界中を巡っている照明技術者など、あらゆる職業で活躍するシンガポール人へのインタビューは特に注目です。

さらに、NACでは最近、「Arts in Your Neighbourhood(アーツ・イン・ユア・ネイバーフッド)」プログラムをスタートさせました。これは、ご近所さんそれぞれのエピソードを団地ならではのサウンドスケープと組み合わせて織りなすプログラムです。

シンガポールのチャイナタウンリトル・インディアなどの場所はよく知っているかもしれませんが、都心を越えて、あまり知られていない地区を探検してみましょう。「ポッドスケープ」は、ブキ・パンジャン地区を中心とするNAC初のポッドキャストです。豊かな緑、団地やそのほかのコミュニティのランドマークを通り抜ける広い鉄道網に着想を得て、アーティストのウン・ジィ・ミンがサウンドスケープを制作しました。

Aリスト www.facebook.com/thealistsg/videos

ポッドスケープ www.shophouseandco.com/podscape