マーク にインタビュー

マーク
にインタビュー

反骨の靴デザイナー

国内外のスニーカーコレクターに熱いファンをもつマーク・ウォンは、自らの靴のデザインに奔放なパンクの精神をこめています。画家の父やパンクロックの反骨魂に触発された若きマークは、1990年代の漫画を理科の教科書に描きながら、数え切れないほどの夜を過ごしました。

青春時代にはパダンでスケートボードに乗っていた彼。そのことが、今日も彼のデザインに影響を与えています。2002年、初めてのカスタマイズナイキをオンラインで販売し、スニーカーデザインのパイオニアとしての道のりに弾みを付けました。それ以来、マークが設立したシンガポール生まれのブランド「SBTG」で、コービー・ブライアントといった世界の有名人たちを魅了し続けています。

インスピレーションとしての自由

マークのデザインに対する情熱は、スケートボードに乗りながら学んだ厳しい教訓から生まれたものです。彼が言うには、「スケートボードは、情け容赦ない師でした。トリックを身につけるには、まず転び方を学ぶんです」とのこと。この決意が彼の生き方に影響を与え、彼は、社会的期待に背を向ける気になり、デザインへの情熱をキャリアに生かします。パンクとスケートボードが根底にある自由の原理は、今に至るまで変わらずにマークの着想の源となっています。「1980年代の少年時代、誰もが弁護士か医師を志望していました。(でも)僕は常に反体制的な態度でしたね。スケートボードが自立した考え方を教えてくれました。」

マーク
都会の遊び場

マークの代表的なデザインスタイルを反映するフュージョン料理から、青年デザイナーとしての発想に影響を与えたスケートボードコースまで、彼にとって着想の源である街歩きを、皆にすすめています。

都市形態を意識する

都市形態を意識する

マークによると、「スケートボードに乗ると、自分を取り巻く世界への感度が否応なしに高まる」のだそう。マリーナ・ベイ・サンズ®のヘリックス・ブリッジの下――ここでマークは毎週土曜日にあえてスケートボードに乗り、その都会的な地形を慎重に滑りこなしています。このダイナミックな眺めこそ、彼自身、そして彼の作品を特徴づけているものなのです。

フュージョンが刺激に

フュージョンが刺激に

新たな企画を温めている時、マークが出かけるのがフュージョン中華料理店ロッキーです。マークのデザインと同様、このレストランのメニューにも東洋と西洋の影響が溶け込んでいます。「ロッキーは、店そのものが独自性を体現しています。素材の新鮮さはもちろん、ふつうの中華料理に比べて、革新性が高いことは間違いないですね。」

新しいデザインのパイオニア

新しいデザインのパイオニア

年月を重ねるにつれて、SBTGはアパレル、レザー製品に手を広げ、インダストリーコラボレーションにも取り組むようになりました。マークの先駆的な仕事の成果は、マリーナ・ベイ・サンズ®にあるリミテッド・エディット・ストアでご覧いただけます。「自分たちは独立したアーティストなのだと次の世代に示すことに、責任を感じています」というのが、彼の意見です。

ストリートが学びの場

ストリートが学びの場

ミスター「SBTG」として知られるようになる前、マークは、シンガポールのど真ん中で、その青春時代を新しいスケートボードコースを探すことに費やしました。最高裁判所からパダンに向かうコースは、彼の大事な思い出です。「コース全体の道のりが僕の遊び場です。行くたびに刺激があります。」

ストリートカルチャー愛好家のための1日ガイド

ストリート密着型のデザイナー、マーク・オン(Mark Ong)が、有名なランドマークからホットなレストランまで、シンガポールをご案内します。