新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

1日目

1 オーチャード・ロード

オーチャード・ロード は、地元の人たちにその名を轟かせているだけでなく、世界各地から訪れる旅行者にも世界屈指のショッピング地区として知られています。 ここには、ルイ・ヴィトン、パテック フィリップ、サンローラン、ティファニーといった人気の高級ブランドが入っている IONオーチャードなど、うっとりするようなモダンな建物がいくつも立っています。

シンガポールで最も歴史あるデパート「 タングス」もここにあり、「リン・ウー 」(現代女性が普段使いのラグジュアリーを楽しめる、レザーバッグやアクセサリーのハンドクラフトライン)のようなローカルブランドやジュエリーブランド「サウト」、「エムエム6 メゾン マルジェラ」といった世界展開ブランドが多数入っています。

2 City Hall MRT

シティホールキャピトル・ピアッツァには、もっと有名処が揃っています。シンガポールで1、2を争うオープンしたての高級ショッピングモール「キャピトル・ピアッツァ」には、常にエッジーな「ミュグレー」やミニマルシックな「ルメール」、ローカルブランド「サブリナ・ゴー」があります。とりわけ、「エロヒム・バイ・サブリナ・ゴー」コレクションには、どんな女性にも似合うシルエットを再考したモダンなファッションが揃っています。大胆で鮮やかなプリントが好きな人に嬉しいニュースも。フィンランドのブランド「マリメッコ」の直営店が、ここキャピトル・ピアッツァにあります。シックなアパレルやインテリア雑貨を夢中で眺めて、夢見心地のひとときを過ごせます。

もっと高級なグッズがほしいときは、ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズがあります。このショッピング天国の各階と各ウィングを、片端から見ていきましょう。バレンシアガ、ケンゾー、プロエンザスクーラーといった世界の有名ブランドの旗艦店が軒を連ねています。

2日目

3 ブラス・バサー / ブギス

コレクションする価値のあるアートグッズやインディーズブランドを探すなら、活気あるシンガポールの文化地区、 ブギス地区やブラス・バサー地区 に行きましょう。 ブラス・バサー・コンプレックス は、アート用品(老舗「アートフレンド」)、入手しづらいデザイン関係の出版物や雑誌(「バッシャー・グラフィック・ブックス」)、古本(「エバーニュー・ブック・ストア」、「ブック・ポイント」)を探すのにうってつけの場所です。

内なる文化への情熱が満たされた後は、お宝を探しに ハジ・レーン に向かいます。Instagramに出てきそうな路地裏に、インテリア雑貨やライフスタイルグッズが揃った「マンデーズ・オフ」などの店が並んでいます。魅力的なビンテージデザインなら「ドルチェフィグ」、旅行にぴったりの鮮やかなハンドメイドバッグやアクセサリーなら「コロンビアーナ」がおすすめ。

4 ティオン・バル

一路、 ティオン・バル へ――多種多様な店が集まる、シンガポールでも指折りのおしゃれな地区です。午後は、インディー系書店「 ブックス・アクチュアリー 」(看板猫たちに挨拶を忘れずに)、「 ウッズ・イン・ザ・ブックス」で過ごしましょう。個性的な絵画、ジュエリー、テキスタイルなら「ディエゴスター」、レコード盤を探すなら、「 キュレーテッド・レコーズ 」に。
 

5 リトル・インディア

年中無休のショッピングモールがあったとしたら?夢のようではありませんか? それでは、 ムスタファ・センターで腰を据えてショッピングといきましょうか。 リトル・インディアにある巨大施設には、必要なものが何でもあります。つまり、DVDから香辛料、金のジュエリー、TVまでありとあらゆるものが揃っています。

インドのアクセサリーなどを探しているなら、リトル・インディアの通りを歩いてみましょう。 サリー (体に巻き付ける長い布でできた、インド人女性の伝統衣装)からバングルまで、あらゆる種類のきれいなものを売る店がいくつも見つかります。

リトル・インディアの多彩な文化を体験したいときは、このガイドをチェックしてください。

3日目

6 クイーンズタウン

高級品のほかに、お財布にやさしい掘り出し物を手に入れたいなら、「クィーンウェイ・ショッピング・センター」や近くの「 アンカーポイント・ショッピング・センター」などに行ってみましょう。クイーンズウェイ・ショッピング・センターには、スニーカー、アパレルやスポーツ用品も買えるスポーツ店が驚くほど軒を連ねています(多くの商品は、シーズン落ちや過去のコレクションのものなので、期待はほどほどに)。アンカーポイント・ショッピング・センターでは、チャールズ&キース、ビラボン、ハッシュパピーなどのブランドのファクトリーアウトレット商品、魅力的な割引やプロモーションが見つかります。
 

7 チャンギ空港

ここは逃さないように。しばらく市内に滞在するなら、なおさらです。チャンギ空港では、帰国直前のショッピング(しかも、免税です)を景気よく楽しめます。チャールズ&キースやグッチなど、品揃えは多彩。利用するターミナルによって並ぶ店舗はいろいろです。