午前9時:典型的なシンガポールの朝食
1 ヤ・クン・カヤトースト

午前9時:典型的なシンガポールの朝食

「ヤ・クン・カヤトースト」でシンガポールの典型的な朝食を味わって、地元の人々のように1日をスタート。カヤトーストのおともに地元のストロングコーヒーをすすりながら、シンガポールのセントラルビジネス地区が活気を帯びていく様子を眺めましょう。カヤ(ココナッツジャム)とたっぷりのバターの濃厚な味わいと、炭火でトーストした薄いパンのコントラストが絶妙です。 そのまま食べるのもおすすめですが、カヤトーストを半熟卵につけたり、濃く淹れたコーヒーをつけて食べるローカルの食べ方もお試しあれ。

MRTに乗ってチャイナタウン駅(ダウンタウン・ライン)まで行き、徒歩でサウス・ブリッジ・ロードを経由してチャイナ・ストリートへ。ノース・ブリッジ・ロードからアッパー・クロス・ストリートまで124番か174番のバスに乗って、チャイナ・ストリートまで歩くのもいいでしょう。

2 フォート・カニング・パーク

午前10時:フォート・カニングスパイス・ガーデン巡り 

これまでに食べたことのあるローカルフードに、ナツメグ、シナモン、クローブの香りを感じたことがあるでしょう。今度は、 フォート・カニング・パークにあるシンガポールの元祖スパイス・ガーデンで、こうしたスパイスの植物としての姿を見学しましょう。スパイス・ガーデンは、1822年にフォート・カニング・ヒルにスタンフォード・ラッフルズ卿が作った広さ19ヘクタールの最初の庭園を、こぢんまりと再現したものです。ショウガやラクサの葉、パンダンや、治療用の伝統的なハーブ(薬草)など、ローカルフードに使われることの多いハーブやスパイスをよく観察しましょう。植物を採取することはできませんが、参考として看板に記載されているレシピの写真撮影は自由――次の目的地で役に立ちます。

チャイナ・ストリートからカニング・ライズまでタクシーに乗り、結婚登記所の先で降りれば、そこがフォート・カニング・パークのふもとです。

午前11時15分:ゲイラン・セライ・マーケットでショッピング
3 ゲイラン・セライ・マーケット

午前11時15分:ゲイラン・セライ・マーケットでショッピング

地元の味を深く知る一番の方法は、ローカルマーケットに行くこと。ゲイラン・セライ・マーケットは、賑やかなゲイラン地区にあるシンガポール最大級の活気ある生鮮市場です。1964年に開かれて以来、地元マレー系コミュニティの中心として存在してきました。肉から野菜、外国産の果物まで、マレー系やインド・ムスリム系のものが何でも揃います。常に賑わっているので、五感を全開にして、記憶に残るショッピングを楽しむ覚悟が必要です。また、市場正面は典型的なマレーハウス風なので、最高のシャッターチャンス。Instagramに投稿する写真を撮影しましょう。

乾物店や雑貨店に立ち寄れば、スパイス・ガーデンで見かけたスパイスが買えます。いずれ料理する時のためのお土産にしましょう。2階のフードセンターにも立ち寄って、シンガポール一のマレー料理をぜひ味わってみてください。

ドビー・ゴート駅またはシティホール駅からMRT(ノース・サウス線)に乗り、パヤ・レバ駅で下車。その後、ゲイラン・セライ・マーケットまでは徒歩。

正午:プラナカン文化を体験
4 キム・チュー・クエ・チャン

正午:プラナカン文化を体験

「Kim Choo Kueh Chang(金珠肉株:キム・チュー・クエ・チャン)」は、プラナカンの文化と料理、東南アジアおよびシンガポールの土着の海峡華人についてまとめて学ぶことができる理想のスポットです。プラナカンの衣装、装身具、磁器が豊富に展示されており、「Kim Choo Gallery(キム・チュー・ギャラリー)」で販売もされています。ただし、ここのハイライトは、まちがいなく、この店でしか買えない、有名なニョニャ粽(娘惹粽)です。

豚の角煮などの入った餅米の粽をお腹いっぱい味わい、粽に使われている多種多様なスパイスの識別に挑戦しましょう。

まだお腹に余裕があるなら、保存されているショップハウスが建ち並ぶ通りを歩いて、少し先にある「Glory Catering(グローリー・ケータリング)」に行き、この店名物のポピア(春巻き)をお試しください。最後のデザートで、美食ツアーを甘く締めくくりましょう。

ゲイラン・セライ・マーケットからイースト・コースト・ロードまでタクシーに乗り、カトン・ショッピング・センターを過ぎて「Kim Choo Gallery(キム・チュー・ギャラリー)」で降車。

3pm: Indulge in afternoon tea
5 ラッフルズ シンガポール

午後3時:気ままにアフタヌーンティ

街歩きでお腹が空いたら、シンガポール屈指の知名度を誇るランドマーク、かのラッフルズホテルに行きましょう。まっしぐらに目指すは、ティフィン・ルームで、3段トレイに優美に盛り付けられたご馳走です。このダイニングは、ランチやディナーには北インド料理を供していますが、午後には英国の伝統とハイティーを満喫できます。サーモンとクリームチーズ、マヨネーズとチャイブで和えたタマゴなどの上品なフィンガーサンドイッチ、イチゴとピスタチオのタルトやバナナクランブルといったおいしい英国ケーキにご期待ください。

もっとシンガポールらしいスナックを食べたい気分になっても、ブッフェには点心(蒸籠や小皿で運ばれてくる一口サイズの料理)がずらりと並びます。ミニ鶏叉焼饅やホウレンソウの餃子など、種類は多彩です。

ご注意:ドレスコードはスマートカジュアルです。ふさわしい服装で訪れましょう。

「キム・チュー・クー・チャン」(あるいは、「グローリー・ケータリング」)からタクシーに乗って、ラッフルズホテルで降りましょう。

6pm: Enjoy a centre feast for dinner
6 マックスウェル・ロード・フード・センター

午後6時:屋台のごちそうディナーを堪能

絶品屋台料理を味わってみたいなら、シンガポール屈指の人気を誇る食べ処、マックスウェル・フード・センターに行きましょう。一つ屋根の下に集まっている100軒余りの屋台が作る食欲をそそる料理がたくさん揃っています。

マックスウェル・フード・センター:シティホール駅(ノース・サウス線)からMRTに乗り、テロック・アヤ駅(ダウンタウン・ライン)で降りて、マックスウェル・フード・センターに徒歩で向かいましょう。

10pm: Drinks and bar grub
7 アン・シャン・ヒル

午後10時:バーで一服

ナイトライフを充実させたいなら、チャイナタウン地区から離れる必要はありません。クラブ・ストリートやアン・シャン・ヒルには、トレンディなバーや活気に満ちた社交場が並んでいます。おすすめは、「ディン・ドン」アモイストリートのディン・ドンの東南アジア風カクテル(ウィスキー&ラムドリンク「ロティ・カヤ」は、パンダン、ココナッツクリーム、グラ・メラカ(ヤシ糖)が素材の伝統的朝食をもとにした面白いドリンク)や小皿でも大皿でも頼める料理があります。「ザ・クラブ・ホテル」に入っているペルー風ルーフトップバー「タイガーズ・ミルク」(市内の眺望良し)。

マックスウェル・フード・センターからクラブ・ストリートやアン・シャン・ヒルには歩いて5分もかかりません。