新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

1日目

チン・ミー・チン・コンフェクショナリー
1 チン・ミー・チン・コンフェクショナリー

古いショップハウスに店を構える、このチャーミングなベーカリーでは、定番の朝食カヤトースト――玉子とココナッツで作った甘いジャムとバター付きのトーストを味わえます。

328 Katong Laksa(328 カトン・ラクサ)
2 328 カトン・ラクサ

ココナッツベースのスープにエビやザルガイが入ったスパイシーなビーフン、「ラクサ」が飛ぶように売れる人気食堂です。

プラマカン
3 レストラン「グアン・ホー・スーン」

午後7時:「グアン・ホー・スーン」に向かいましょう。頬が落ちるほど美味しい料理が食べられる、シンガポールで最も歴史あるニョニャレストランの1つです。メニューが膨大なので、イテック・ティン(鴨と塩味野菜のスープ)やビーフ・レンダン(牛肉のスパイシーな煮込み)などの多彩なプラナカン(海峡華人)料理から、時間をかけてじっくり選びましょう。

2日目

プラタ・サガ・サンバル・バーラダ
4 Prata Saga Sambal Berlada(プラタ・サガ・サンバル・バーラダ)

外側はカリカリ、中はふかふか、カレーに添える南インドの平パン「ロティ・プラタ」がおいしい屋台です。

ブーン・トン・キー
5 Boon Tong Kee(ブーン・トン・キー)

海南チキンライスを出す人気の食堂で、ランチを楽しみましょう。柔らかな鶏肉を、ニンニク、ショウガ、鶏脂で炊いた香り米にのせた一品です。 

レストラン・アンドレ
6 Restaurant Andre(レストラン・アンドレ)

シェフでオーナーのアンドレ・チャンが采配を振るう、評判の高いレストランです。3階建てショップハウスの気さくな空間で、絶妙なフランス料理を供しています。 

3日目

ティオン・バル・マーケット
7 Tiong Bahru Market and Food Centre(ティオン・バル・マーケット&フード・センター)

このローカルフードマーケットでは、ローミー(あんかけ黄麺)やチュー・クェクエ(大根の煮付けをのせた蒸し餅)など、人気の料理を味わってみましょう。

Hajah Maimunah(ハジャ・マイムナー)
8 Hajah Maimunah(ハジャ・マイムナー)

この有名な食堂では、蒸した白米にビーフ・レンダン(牛肉のスパイシー煮込み)やアヤム・バカール・パダン(パダン風のスパイシーなローストチキン)などの肉料理や野菜料理を盛り合わせた「ナシ・パダン」を食べられます。ほかに、タフ・テロール(濃厚甘口ソースをかけた豆腐入り卵焼き)も人気です。

ノー・サインボード・シーフード
9 No Signboard Seafood(ノー・サインボード・シーフード)

瑞々しいカニに玉子とトマトで作ったソースをかけたチリクラブは、シンガポールでぜひ味わいたい一品。この食堂では、一般的な作り方のチリクラブを供しています。キツネ色に揚げたマントウ(饅頭)に、ソースをつけて食べましょう。