Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

1日目:ハートランド(郊外)で食べる

1. リトル・インディア

テッカ・センターで食べられる香り高いビリヤニ‬(インドの香辛料の効いた肉や野菜入りの米料理)は、一日のスタートの腹ごしらえにぴったりの一品。しかも、ここでは、シンガポールの民族多様性を肌で感じられます。

「ビリヤニの肉はやわらかく、うまみたっぷりです。鶏肉、マトン、スパイスが大きな鍋1杯分ですからね。最高においしいですよ」と、マルコムは熱弁します。マルコムお気に入りのビリヤニと言えばヤケダールですが、このフードセンターには、熱々のタンドールブレッド(土窯で焼いたパン)、ラバドーサ(発酵バターを使うインドのパンケーキ)、アパム(米粉とココナッツミルクでつくるインドのパンケーキ)を売る屋台もあります。

シンガポール滞在中に、テッカ・センター内にあるテッカ・マーケットで国内産のスパイスや食材を調達しましょう。ここは、マルコムの行きつけ。新鮮な食材をここで調達しています。「レストランの規模が大きく成長したので、以前のようにしょっちゅうマーケットで食材を買うことはありません。でも、今でも少なくとも週1回は行くようにしています」と、マルコムは話します。

2. ムスタファ・センター

お買い得品のショッピングを楽しんだり、郊外ショッピングモールに行ってみたりしたいなら、この近くにある24時間営業のショッピングモール、ムスタファ・センターへ行きましょう。リトル・インディアにある8階建ての広々とした複合施設に、携帯電話から香水、台所用品まで何でもそろっています。このエリアはいつでも賑やかで活気があり、人の流れが途絶えることがありません。「リトル・インディア地区は、あちこち見て歩くにはとてもいい場所です。シンガポールの歴史を感じられます」と、マルコムは言います。

3. ブキ・メラ

おいしい料理を味わった1日を締めくくるのは、またしても美味しいもの――瓊榮記(ケン・エン・キー)でディナーを召し上がれ。ボリュームたっぷりのズーチャ(福建語で「焼く・揚げる」を意味する、手頃な中国家庭料理)で知られる店特製コーヒーポークリブやチリクラブは、マルコムのお気に入り料理です。「シンガポール料理は見た目は悪いけれど、とてつもなくおいしい」と、マルコムは考えています。

2日目:文化香る地区を歩く

4. カトン・ラクサ

プラナカン料理の味わいで、一日をスタート。湯気の立つどんぶりに盛られたカトンラクサは、マルコムいわく「初めてのラクサ(ココナッツミルクベースのスパイシーな麺料理)にぴったり。」 食べる時は、地元っ子のように。はさみでぶつ切りにされた麺は、お箸に煩わされることなくレンゲで楽にすすれます。

5. ジョー・チャット/カトン

さあ、カトン/ジョー・チャット地区めぐりをゆっくり楽しみましょう。ここでは、シンガポールらしさの一つ、プラナカン(海峡華人、マレーやインドネシアの伝統)建築が見られます。「カトンやジョー・チャットにあるプラナカンショップハウスは、実にいい」とはマルコムの弁。

6. レストラン「グアン・ホー・スーン」

たっぷりの伝統的プラナカン料理ランチを食べるなら、すぐ近くにグアン・ホー・スーンがあります。ここは1953年創業のニョニャレストランで、バビ・ポンテ(豚肉醤油煮込み)、オタ・オタ(焼いたフィッシュケーキ)、サンバル・アダン(エビチリ)など、海峡華人に人気のある料理が食べられます。「プラナカンの伝統料理は私の大のお気に入り――祖母の料理を思い出します。たくさんの思い出がよみがえってきます」と、マルコムは話します。

7. ゲイラン・セライ・マーケット

ゲイラン・セライ・マーケットには、必ず立ち寄ってください。マレー料理が伝統的プラナカン料理に与えた影響を感じられる場所です。「プラナカン料理はマレー料理にとても似ています。ゲイラン・セライ・マーケットには、マレー料理に必要なものが何でもあります。新鮮なシーフード、スパイス、ココナッツミルクなど、欲しいものは全部ここで手に入るはずです」と、マルコムは教えてくれました。

シーフードは持ち運びが厄介なので、かわりにホーカーセンターで食べてしまいましょう。おすすめは、マルコムが幼い頃から食べていた家庭料理をいろいろ注文すること。「ホーカーセンターには、さまざまなマレー料理を売る店がたくさんあります。ライス、カレー、サンバル(ピリ辛チリペースト)がおすすめです。」

3日目:自然の中でリラックス

8. シンガポール動物園

午前中たっぷり過ごしたくなるのが、シンガポール動物園です――しかも、午後もずっと居たくなるはず。300種超2,800頭以上の動物がここで飼育されています。野生動物の開かれた展示を初めて行った動物園のひとつであり、世界の先駆者です。「熱帯雨林動物園」は、厨房に捧げる時間から離れてリラックスできるマルコムお気に入りの場所の一つ。「自然や動物が大好きなんですが、シンガポール動物園は実によくできているんです。」
 

9. アン・モ・キオ

心を癒やしてくれる静かな空間が必要なときに彼が訪れるのが、シンガポールに点在する300を超える公園の一つ、ビシャン - アン・モ・キオ公園。自然と都会の風景が調和して共存しています。「ここでサイクリングをした、いい思い出があります。のんびりリフレッシュできる絶好の場所ですよ」と、マルコムが言うこの公園は、62ヘクタールの緑地空間です。家族が夜の散策を楽しむ姿が見られる、穏やかなスポットがたくさんあります(カワウソも見られます)。

さて、シンガポール人にとって第2の天性――「食」を思いきり堪能して、一日の幕を閉じるとしましょう。Ang Mo Kio Street 61, Block 628Aにあるホーカーセンターでは、郷土料理が並び、よりどりみどりでディナーを楽しめます。「Ang Mo Kio Street 61のホーカーセンターは、穴場なんです。鴨肉蒸し煮飯やチキンライスが絶品ですよ」と、マルコムが教えてくれました。

こちらも

チェック