1日目:シンガーが巡るシンガポール

チャイナタウン
1. チャイナタウン

ネイサンは熱く語ります。「チャイナタウンの食べ物はおいしいですよ。ぜひ、大通りと大通りの間の細い通りを探検してください。ケオンサイク・ストリートとテンプル・ストリートの間に、細い路地がいくつもあります。」 ネイサンお気に入りの店で食事をしたいときは、日本食レストラン「鰻満Man Man」にランチを食べに行きましょう。言わずもがな、イチオシは鰻丼です。

新旧が入り交じる喧騒の観光スポットであるチャイナタウンには、トレンディなカクテルバーや、シンガポール有数の伝統を誇る礼拝所であるスリ・マリアマン寺院などがあります。このエリアで催されている多彩なツアーに参加しませんか。伝統あるチャイナタウンの歴史を学びながら、新しい友達をつくれますよ。

ブギス
2. ブラス・バサー / ブギス

夕方近くになったら、国立図書館ドラマ・センターのマチネ公演を鑑賞して過ごしましょう。ネイサンは、ここのステージに数え切れないほど立っています。「演出をするたびに、演出とは千変万化だといつも思います。作曲の創作プロセスとは大きく違います」と、シンガーのネイサンは感じています。

スイーツ好きな方にネイサンがおすすめするのが、阿秋甜品(アーチュウデザート)でハネデューメロンとスイカのサゴや、ロンガン入り仙草ゼリーといったチャイニーズデザート。ここは、日付が変わる前にリハーサルが終わった日にネイサンが足を運ぶ店です。

ブルージャズ
3. カンポン・グラム

夜はハジ・レーンへ。一日のメインイベントです。かつてマレー王宮のあったカンポン・グラム地区は、今や中東文化のメッカであり、ボヘミアンファッションの店やライブミュージックバーが並ぶエリアです。

「ハジ・レーン沿いでは、地域のお祭りやジャムセッションが時々行われます。ハジ・レーンの街頭で演奏するバンドを見たことがあります。初対面の人たちが一緒に歌い、踊ろうとやって来るんです」と、ネイサンは話してくれました。

社交を楽しみながら喉を潤したいなら、ネイサンがよく通う、バリ・レーン沿いのブルージャズカフェへ。ライブミュージックを聴きながら新しい交流の輪を広げるにはもってこいのスポットです。ネイサンによると、「以前はブルージャズカフェで歌っていて、よくライブをしていました」とのこと。

2日目:見る・聴く三昧の一日

シンガポール植物園
4. シンガポール植物園

友達の輪づくりは一旦お休み。UNESCO世界遺産に登録されているシンガポール植物園で、遅い朝をのんびり過ごしましょう。この植物園では60,000種を超える植物やランが栽培されています。シンガポール植物園を最近訪れた時、ネイサンの心には音楽のアイデアが湧き上がってきたそうです。「僕のランニングコースの定番の一つ、ラーニングフォレストに行きました。ラーニングフォレストの後ろに日が沈んでいく姿は、まるで森を独り占めしている気分でしたよ。その晩は曲のアイデアをたくさん書きとめました。」

ホーランド・ビレッジ
5. ホーランド・ビレッジ

ネイサンにとって懐かしい思い出のある地区、ホーランド・ビレッジには、賑やかなレストランやカフェがたくさんあります。ランチやコーヒーで一服なら、ネイサンのおすすめはチップビーガーデンです。「ホーランド・ビレッジは懐かしいですね。以前は週末に家族とよく来たものです。ジュニアカレッジ時代には授業が終わると来ていました。昔からずっと、家族や仲間との行きつけの場所です」と、ネイサンが思い出話をしてくれました。

オーチャード・ロード
6. オーチャード・ロード

シンガポールのもつ掛け値なしの多様性を肌で感じたいときは、オーチャード・ロードで午後のショッピングを楽しむのがおすすめです。アジアで一番有名なショッピング街には、最新のショッピングモール 老舗ショッピングモールの両方が立ち並んでいます。

「古いものと新しいものが入り交じっているオーチャード・ロードこそ、シンガポールの真骨頂。たとえば、建築的にも魅力的な 最新モールのIONがある一方、ファー・イースト・プラザラッキー・プラザなどは、何十年も変わらないままです。」

映画が見たいなら、ショー・シアターズ・リドへ。シンガポールで映画を見るならココという一つです。ふつうのシアターのほかに、 3Dシアターが2つ、画面の広いアイマックスシアターが1つあります。「僕が初めて映画を見たのが、ショー・リドの 映画館でした。行くたびに、どうしてもセンチメンタルな気分になってしまいますね」と、ネイサンは話します。

エスプラネード
7. エスプラネード - シアター・オン・ザ・ベイ

夜は、エスプラネード - シアター・オン・ザ・ベイへ。エスプラネード屋外シアターのステージを揺るがすローカルバンドが登場します。国内ミュージシャンの登竜門であるエスプラネード - シアター・オン・ザ・ベイは、シンガポールの新進ミュージシャンを育て、その才能を披露する機会を提供していることで知られています。このシンガポールの一流パフォーミングアーツシアターでは、モザイク・ミュージック・シリーズという、さまざまなジャンルの多種多様なアーティストが登場するライブミュージックイベントも開催されています。2007年、ネイサンが初めて開いたコンサートの一つが、当時は「モザイク・ミュージック・フェスティバル」として知られていたこのイベントでした。ネイサンいわく、「国内のコンサートは必見ですよ。良いステージが目白押しだし、どのアーティストもファンがみるみる増えています。コンサートはいつも最高です。」

MBS
8. マリーナ・ベイ・サンズ®

エスプラネードからヘリックスブリッジ沿いをそぞろ歩き、マリーナ・ベイ・サンズ®でグラスを傾けながら、シンガポールのスカイラインを眺めて夜の幕を閉じましょう。スカイラインの景色が広がる中で飲んで踊っての夜を過ごしたいなら、おすすめは、マリーナ・ベイ・サンズの最上階にあるルーフトップナイトクラブ、セラヴィシンガポールを代表する、夜更かし組の社交場です。屋外エリアのスカイバーは360度パノラマに囲まれています。

ネイサンにとってシンガポールのスカイラインは、この獅子の街が内包する成長力のシンボルであり、インスピレーションの源でもあります。「若い国であるにもかかわらず、世界屈指の進歩的なこの街の姿には見惚れるばかりです。ここに立って、周りを見回し、夜景を目にすると、シンガポールという街の息吹さえ感じます。目に映るのは灯りや建物ばかりじゃない。一つひとつ違うたくさんのストーリーが浮かびます。こんな素敵な景色を見ると深い物思いにふけってしまいます。」