Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

1日目:イーストエンドのグルメ

ゲイラン・セライ・マーケットの屋台で食材を購入するルクサナ。
1 ゲイラン・セライ

明るく賑やかなゲイラン・セライ・マーケットで1日をスタートしましょう。1840年代にはオラン・ラウト(水上生活者、漂海民)の居留地だったゲイラン・セライは、現在ではシンガポールにおけるマレー人コミュニティの中心地となっています。また、シンガポールで最大かつ最も活気のある生鮮市場もここにあります。

「ゲイラン・セライ・マーケットには、すりおろしたココナッツや、マレー系シンガポール料理の食材を買いによく来ます。(シンガポールでは)ここでしか買えないハーブもあります」とルクサナは言います。
 

328カトン・ラクサでランチを楽しむカップル。
2 328 カトン・ラクサ

カトン/ジョー・チャット地区にある328カトン・ラクサでランチを食べましょう。ミシュラン「ビブグルマン」にも選ばれているこの食堂は、熱々のラクサ(ココナッツミルクをベースにしたスパイシーなスープ麺)を20年以上にわたって作り続けている名店です。

ルクサナいわく、ラクサはシンガポールのローカル料理を堪能したい人にぴったりの料理です。この料理には、多民族国家としてのシンガポールの歴史が詰まっています。「ラクサはシンガポールを代表する料理と言ってもいいと思います。インド、マレー、そして中国の料理の要素が融合しています」とルクサナは言います。"
 

ルーマ・ビビの店頭に並ぶプラナカンのアンティークや家具、陶器
3 ジョー・チャット/カトン

「カトンやジョー・チャットの歴史的な遺産や美しいショップハウスの街並みが大好きです」とルクサナは熱く語ります。シンガポールのプラナカン*建築を代表する建物が多く建ち並ぶカトン/ジョー・チャット地区は、散策にもぴったりのスポットです。

ルクサナと同じように、ノスタルジーや伝統文化が好きな方には、ルーマ・ビビがおすすめです。保存状態も良好なこの美しいショップハウスでは、プラナカンのアンティークや家具、陶器などが売られています。

*この言葉は、インドネシア/マレー語で「地元生まれ」を意味し、通常は中国系とマレー/インドネシア系の人々のことをいいます。
 

ザ・コースタル・セトルメントのピザとベーカリー用の道具。
4 チャンギ・ビレッジ

歩き疲れたら、ネザラボン・ロード沿いにある美しい緑に囲まれたカフェ、ザ・コースタル・セトルメントでお茶を飲みましょう。ルクサナによると、このカフェは「西洋料理とアジア料理を組み合わせた多彩な素晴らしい料理」が楽しめる場所。「ビンテージ風の雰囲気」も魅力です。

午後の残りの時間は、チャンギ・イースト・ボードウォークの散策もおすすめです。ネザラボン・ロードからチャンギ・クリークまでの全長2.2キロメートルのこの遊歩道は、6つのセクションに分かれています。
 

チリクラブ
5 華友園

アッパー・イースト・コースト・ロードにある華友園(Hua Yu Wee)でディナーを食べて、1日を締めくくりましょう。コロニアル様式のバンガローを改装したこのレストランは、幅広いラインナップのおいしいシーフード料理が自慢の名店です。どんな美食好きの舌も満足させてくれること間違いありません。

ルクサナによると、シンガポールの食の場では、おいしいシーフードと楽しい会話が欠かせないとのことです。「仲の良い友達が集まってテーブルを囲んで、チリクラブなどの代表的なローカル料理を味わう。これこそが、シンガポール流の楽しい時間の過ごし方です」

2日目:五感が喜ぶ味覚

リトル・インディアにある青果店屋台の店主
1 リトル・インディア

セラングーン・ロードにあるリトル・インディアでちょっと遅めに朝食を食べて、1日をスタートしましょう。「ドーサ(米を使った塩味のパンケーキ)やアッパム(ミルクパンケーキ)を好きなだけ食べる」のがルクサナのおすすめです。この地区には、寺院や昔ながらの店舗、そしてマーケットが並んでおり、南アジアのカルチャーが色濃く息づいています。

腕によりをかけたシェフの逸品の味をさらに引き立ててくれるのが、五感を刺激する体験です。シンガポール最大の屋内生鮮市場であるテッカ・センターには、目にも、耳にも、そして鼻にも楽しい刺激が溢れています。様々な食品や、レアな食材も数多く売られています。
 

プラナカン博物館のエントランスを飾る彫像
2 プラナカン博物館

「博物館からもたくさんのインスピレーションをもらいます」とルクサナは言います。「(展示品が作られた時代に)私もいられたらなあ、とよく思います」 ルクサナと同じようにアートや伝統、ノルタルジーに興味がある方は、プラナカン博物館へぜひ足を運んでみましょう。ここはインスピレーションの宝庫です。ここはルクサナのお気に入りの博物館の1つです。建物自体も素晴らしいプラナカン文化の遺産ですが、展示室にも伝統的な刺繍や詩の作品、宗教美術などの作品が並んでいます。
 

エスプラネードで屋外コンサートを楽しむ音楽ファン。
3 エスプラネード - シアター・オン・ザ・ベイ

アートへの興味をさらに深めたいという方は、シンガポール川の河口付近に位置する芸術劇場、エスプラネードで開催されるパフォーマンスが必見です。ダンスから交響楽まで幅広いプログラムが楽しめるエスプラネード。ここでは、国内外のアーティストによる多彩なショーが開催されます。

「私はシンガポールが大好きです。シンガポールのことを誇りに思う気持ちは、とても自然に湧き上がってきます」とルクサナは言います。「演劇もミュージカルも、コンサートもここで楽しんでいます。アートシーンはとても活気があり、様々な活動が行われています」 ちょっとお腹がすいたので、地元の味をもっと試してみたいと思ったら、エスプラネードのすぐ近くにあるマカンストラ・ブラトンズ・ベイに足を運んでみましょう。塩味のものが食べたい場合、おすすめはサテー(串焼き肉)です。
 

アラブ・ストリートのヘリテージ・ショップに並ぶ記念品やレトログッズのコレクション
4 アラブ・ストリート

日が暮れてきたら、賑やかなアラブ・ストリートへ繰り出しましょう。人気のファッションブティックや流行のライフスタイルショップが軒を連ねています。記念品やレトログッズの愛好家にルクサナがおすすめするのは、ヘリテージ・ショップです。ここは、絵葉書やコイン、古いグラモフォンなど、ノスタルジーあふれる昔懐かしい品々が並ぶ、宝箱のようなお店です。

「私はファッションやショッピングが大好きなんです。ここでビジネスをスタートさせている若い人たちは、みんな自分の仕事に情熱を注いでいて、自分が好きなものを売っています」とルクサナは熱く語ります。「すべてがオーガニックです。ここのエネルギーが大好きです」
 

氷の上の野菜の刺身とウズラ卵のシューター、ジョイ・バイ・ドーゾーにて
5 ジョイ・バイ・ドーゾー

アーティスティックな料理を体験したことがない方はぜひ、ルクサナおすすめのジョイ・バイ・ドーゾーを訪れてみましょう。このレストランでは、見た目が美しくて味も最高なたくさんの料理を、至高の技で作り出しています。

「ここの料理はあまりにきれいなので、食べてしまうのがもったいないくらいです」とルクサナ。このレストランは、日本料理と西洋料理を融合したベジタリアン料理の専門店です。

こちらも

チェック