ティオン・バルはシンガポールで最も古い住宅街です。誰もが、この古風で趣のある地区を訪れるとすぐに、歴史と新しさが見事に融合する街並みに目を見張ります。

古くからの住人が何十年もの間ショップハウスやアパートに住み続けている一方で、若い世代がこの地区の食べ物、ショップ、そして文化に惹きつけられて集まっています。

街の歴史に浸る

この界隈は、最近こそシンガポールで最も粋で流行りの街のひとつとなりましたが、以前からずっとそうだったというわけではありません。ティオン・バルという地名は、実は「新しい墓地」という意味です。「ティオン」は、中国福建省の方言で「終わり」を意味し、「バル」はマレー語で「新しい」を意味します。つまり、この土地が以前は墓地として使われていたことに由来する地名なのです。

そしてまた、この界隈は汚染された、整備されていない街でもありました。この荒涼とした街が一転して粋な界隈へと生まれ変わる改革が始まったのは、1930年代のことでした。住宅地など、その時代に生まれたランドマークのいくつかは今でも残っています。90年以上前に建築された齊天宮(チー・ティアン・ゴン寺院)もそのひとつ。この寺院には「猿神寺」というニックネームもありますが、これはこの寺院が中国文学の古典、『西遊記』の主人公を祀っていることによるものです。

活気を取り戻した街

近年、ティオン・バルの再開発(中産階級化)はさらに進んでおり、最先端のテナントが街の新たな一員として多く加わってきています。コーヒーとスイーツで、ちょっと休憩しませんか? ティオン・バルには、たくさんのカフェがあります。フォーティー・ハンズフロック、それにカップケーキが人気のプレイン・バニラ、他にもつい立ち寄りたくなる素敵なカフェが目白押し。

もちろん、思い切りショッピングを楽しむのにももってこいのスポットです。独立系書店ブックス・アクチュアリーは、地元で人気の本やレトロな雑貨を豊富に扱っています。ホーム・ファニッシング、アクセサリーやクラフトが好きな人なら、ライフスタイルブティックのストレンジレッツがおすすめ。音楽好きはキュレーテッド・レコーズへ。レアなヴィンテージものから流行のヒット曲まで、多彩なレコードが揃っています。 

静かに落ち着いて少し休みたいと思ったら、地元発のヨガスタジオ、ヨガ・ムーブメントはいかがでしょうか。ブックス・アクチュアリーのすぐ隣にもスタジオがあります。