マリーナ・ベイのスカイラインに立つ代表的建築物の数々は、感嘆の一言。

マリーナ・ベイに繰り出せば、五感をたっぷり刺激してくれること間違いなし。土地再開発工事は1970年代に始まったばかりですが、この地区の変貌ぶりは、まさに奇跡のようでした。

傑作建築物

マリーナ・ベイのスカイラインに立つ代表的建築物の数々は、感嘆の一言。モシェ・サフディ(Moshe Safdie)が設計した一流建築家の名に恥じないマリーナ・ベイ・サンズ®サンズ・スカイパーク®から世界指折りの極上の景色を見た経験は周りに自慢したくなるほどです。

自然に触れたいときは、101ヘクタールに広がるガーデンズ・バイ・ザ・ベイにお出かけください。緑豊かな庭園の中にそびえるスーパーツリー・グローブから、壮大な景色を心ゆくまで眺めましょう。冷室で南国の暑さから逃れるもよし、チルドレンズ・ガーデンで子どもたちに水遊びさせるのもおすすめです。

遠くを走る船を近くで見たいときは、マリーナ・ベイ・クルーズ・センター・シンガポールへ。新世代大型クルーズ客船が入港できるよう設計されたターミナルです。

新しい都市生活

パワー・スーツとブリーフケースで身を固めた人、軽快に走るジョガー、風を切って進むサイクリングを楽しむ人を、オープンカフェから眺めるひととき。ここには、通勤者も、マリーナ・ベイを我が家と呼ぶ人たちも集まっています。

超高層ビルに圧倒されてしまうというなら、景色のよいウォーターフロントのプロムナードを散策しましょう。芸術的な彫刻が、水辺のマリーナ貯水池まで導くかのようにプロムナードを飾っています。貯水池では、凧揚げやドラゴンボートレースを目にしたり、音楽の調べが耳に入ってくるはず。

どれもこれも、マリーナ・ベイの日常風景です。