カンポン・グラムの路地はたくさんの冒険に溢れています。

カンポン・グラムはまさにグラム(地元の言葉で「グラマラス(魅力的)」という意味)だと言う人がいます。ここは、歴史、文化、最新流行のライフスタイルシーンの良さを兼ね備えた地域です。

カンポン・グラムを巡り歩いて、その真偽を確かめましょう。出発点は、ランドマークのサルタンモスクから。たくさんの路地を歩き回りましょう。

マレー系シンガポール人の居住地域
個性的なブティックや伝統的な陶磁器まで、カンポン・グラムは大満足のショッピングスポットです。

カンポン・グラムはもともと、ロチョー川河口の漁村でした。マレーの言葉で「カンポン (kampung)」には「村」という意味があります。この地域は、ここで生育し船造りに使われていたグラム ツリー(カユプテ)で有名でした。

1822年、スタンフォード・ラッフルズ卿が、マレーのサルタン・ハッサン・モハンマド・シャーや、アラブ、ブギスの商人をはじめとするムスリム人コミュニティをこの地域に置きました。

魅力いっぱい

現在、「イスタナ」(宮殿)だった場所には、マレーの歴史や文化を深く知ることができるマレー・ヘリテージ・センターがあります。

また、ナシ・パダン(蒸したご飯にいろいろなおかずをのせたもの)やマレー菓子のクィ (「ケーキ」のこと)といったローカルの味から、中東、日本、スウェーデン、メキシコの味まで、各種料理を堪能できます。

ショッピング好きな方は、華やかなハジ・レーンに向かいましょう。ブランドショップや個性的なブティック、流行のバーやカフェが軒を連ねています。ペルシャ絨毯、ケバヤ というブラウスやハンドメイドの香水など、伝統的なものを選ぶなら、アラブ・ストリートやブッソーラ・ストリートへ。

ラマダン(イスラム教徒の断食月)からハリ・ラヤ・アイディルフィトリ(断食明け)までの間も、カンポン・グラムの賑わいは途切れません。夜の「断食明けの食事」(イフタール)に仲間入りするもよし。賑やかな夜の市場を散策するのもおすすめです。