ジョー・チャット/カトン地区のアイデンティティを特に形作ったのは、戦前に建てられた独自の建築物です。

昔はヤシのプランテーションがたくさんあり、都会暮らしの裕福な人たちが週末休暇を過ごす場所だったカトンが、開発されて郊外住宅地になったのは、20世紀初頭のことです。プラナカンユーラシアンなど、英語教育を受けた中産階級が、ここに住むようになりました。 

近隣のジョー・チャット地区は、20世紀初頭の裕福な中国人地主チュウ・ジョー・チャットにちなんで名付けられました。このエリアの個性を特に形作ったのは、華やかな色の2階建てのショップハウスや、ファサードに凝った装飾を施したテラスハウス、複雑なモチーフや陶磁器タイルで彩られた、戦後の個性的な建物です。

プランテーションはそれ以来姿を消しましたが、この賑やかな地区には、保存状態の良いプラナカンショップハウスがたくさんあり、コロニアル様式のバンガローが点在しています。市中心部からこの地区までは、車でわずか10分です。

美食天国を求める多くのシンガポール人から深く愛されている場所でもある、ジョー・チャット/カトン地区。

ジョー・チャット/カトン地区は、シンガポール屈指のグルメスポットとしても、多くのシンガポール人から深く愛されています。料理の選択肢は無限です。名だたるカトン‘ラクサ’、‘クエチャン(ちまき)’などのニョニャ料理を出す昔懐かしいコーヒーショップと隣り合う素敵なカフェを巡ってみてはいかが?

ショッピングを楽しみたいなら、伝統的なニョニャの服――「ケバヤ」や「サロン」、ビーズ飾りのスリッパやアクセサリーがおすすめです。プラナカンの陶磁器や手工芸品を扱っている小さな店をゆっくり見て歩くのもおすすめです。

ジョー・チャット/カトン地区の良さを存分に味わうには、2~3時間の観光では足りません。この地区のホテルに滞在して、ゆっくりのんびり過ごさない手はありません。修復が済んだプラナカン風の装飾がほどこされたホテルや、利用しやすい値段のホテルが揃っています。