クス島とは、中国語で「カメの島」。その神話的な由来には、興味深いエピソードが詰まっています。

撮影者 TZA

中国語で「カメの島」を意味するクス島について、シンガポール人に尋ねてみてください。たくさんの人が、クス島の神話的な由来を教えてくれるはずです。

出回っている伝説には、いろいろなバリエーションがありますが、どの話も、巨大なカメ、1人のマレー人、1人の中国人を中心に展開する話ばかりです。

このカメが島に姿を変えて、難破した2人を助けたと伝えられています。深く感謝した2人は、道教寺院とイスラム教徒のケラマ(マレー語で「聖廟」)を建立しました。 

聖域

この島の聖域では、たくさんの人々がお詣りを続けています。特に陰暦9月(通常は9月~11月)に当たる毎年のクス巡礼の季節には、大勢の人が訪れます。

1923年に建立され、中国の財神を祭っているダ・ボ・ゴン寺院では、燻る線香の中から礼拝者のささやき声が聞こえるでしょう。

熱心な人は、財神に富、健康、穏やかな海を祈り、慈悲の神である観音に自分の子どものことを祈ります。

丘の頂上を目指して152段の階段を懸命に上り、マレーの3聖人を祭った聖廟ケラマで、富、良縁、健康、円満や子宝を祈る人もいます。

太陽の下で楽しむ
毎年恒例のクス巡礼の季節は、陰暦9月にやって来ます。

撮影者 Jishu Thomas

自然を満喫するなら、泳げるラグーンやビーチがおすすめです。ここでシュノーケリングをすれば、ウミガメの1匹や2匹を見られるかもしれません。

シンガポールの南わずか5.6キロメートルに位置するクス島は、日帰り旅行に最適です。宿泊やキャンプは禁じられています。

島へは、マリーナ・サウス・ピアからフェリーに乗っていきます。1時間の道程では、先にセント・ジョンズ島で停まります。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#yoursingapore インスタグラム

トリップアドバイザー