撮影者 Walter Lim

シンガポール本島沖にあるひなびた島の端に、何世紀もの間、土地の人たちの目から隠されていた、自然溢れる秘密のワンダーランドがあります。溢れる自然が魅力のチェック・ジャワが発見されたのは、皮肉にも、2000年にこのエリアを再開発する計画が持ち上がった時のことでした。

野生生物で満ちた100ヘクタールの湿地の存在が判明した時、シンガポールの人々がこの土地に殺到し、再開発計画は中止されました。

この予想外の発見以来、6つの大きな原生地が広がる生物多様性の宝庫に大勢の観光客が訪れるようになりました。

シンガポール本島沖、ウビン島の端にあるため、フェリーに乗って行かなくてはなりません。島に着いたら、一番大きな村でバンか自転車を借りることができます。冒険派は、湿地まで約40分のハイキングを楽しんではいかがでしょう。

海岸伝いに1.1キロメートル伸びる木道は、生い茂る植物や海洋生物を観察するのに最適です。また、高さ21メートルの見晴台に登れば、ナンヨウショウビンやキガシラヒヨドリなどの鳥を観察できます。

ガイド付きツアーが行われているほか、ビジターセンターや展望桟橋では、チェック・ジャワに関する資料を入手できます。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgnature インスタグラム

トリップアドバイザー