セノタフ(戦没者記念碑)は、高さ約18.3メートル。国内で採石された花崗岩で造られています。

セノタフ(戦没者記念碑)は、第一次・第二次世界大戦中に没した英雄を祀る戦没者記念碑です。

コノート・ドライブ沿いにある緑豊かなエスプラネード・パーク。その真っ只中に記念碑がそびえ立っています。近隣の通りの喧騒から外れたセントラルビジネス地区にある静謐なスポットです。約18.3メートルもの高さがあり、国内で採石された花崗岩で造られています。

青銅の銘板に刻まれているのは、海峡植民地出身の戦没者名です。

感動の献辞
セノタフ(戦没者記念碑)の青銅の銘板には、戦没者の名前が刻まれています。

ぜひご覧いただきたいのが、裏面の碑文です。もっとも、そこに人名は並んでいません。「彼らの死によって我々は生かされた」という簡素な言葉が、4つの主要言語( 英語、マレー語、中国語、タミル語)で刻まれています。

スワン&マクラーレンの建築家デニス・サントリー氏が設計したセノタフ(戦没者記念碑)は、1920年にロンドンに建てられたホワイトホールにあるエドウィン・ラッチェンス卿の記念碑をモデルにしています。

第一次大戦を指揮したフランスの首相M・ジョルジュ・クレマンソーと司令長官D.H.リド少将の立会いの下、その当事の海峡植民地総督であったローレンス・ギルマード卿により、1920年11月15日に礎石が敷かれました。

ナショナル・モニュメント

セノタフ(戦没者記念碑)は、1922年3月31日、後にエドワード8世、そしてウィンザー公爵となったプリンス・オブ・ウェールズによって除幕されました。

2010年12月28日にはエスプラネード・パークにあるリム・ボー・セン・メモリアル、タン・キム・セン噴水というほかの2つの建造物とまとめて、国定記念碑の指定を受けています。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sghistory インスタグラム

トリップアドバイザー