観光好き
が出会う

シンガポールには、ワールドクラスのテーマパークから、街のシンボルでもあるウォーターフロントのアトラクション、世界初の夜だけ開園するナイトサファリ、そして情緒あふれる街の隠れ家的スポットや緑豊かな自然まで、旅行者一人ひとりの興味や関心に合ったアトラクションや見どころがあります。ジョー・チャット地区では、美しく蘇ったプラナカンの建築群に魅了され、ハジ・レーンでは、色鮮やかなショップハウスが軒を連ねる街並みをゆっくりと散歩しましょう。または、観光ルートから離れて、マクリッチ貯水池へ足を伸ばしてみましょう。ここでは、ジャングルを抜ける吊り橋を渡りながら、シンガポールの緑豊かな自然を満喫できます。ハイキングやサイクリング、歴史愛好家、写真マニアなど、自然を愛するトラベラーが集う、おすすめの穴場スポットをご紹介します。

スバラジ にインタビュー

スバラジ・ラジャトゥライ
にインタビュー

シンガポールの自然保護活動家

シンガポールにある多くの自然保護区は、独学の自然主義者であり、情熱ほとばしる自然保護活動家であり、ベテランエコツアーガイドでもあるスバラジ・ラジャスタイのようなごく少数の人々の努力の賜物です。この35年ほどの間にわたって、スバラジは、シンガポールでとても大事にされているエコシステムを保護する運動に陰で黙々と取り組んできました。1987年、スバラジほか3人がスンガイ・ブロー保護のための提案書を起草しました。スンガイ・ブローはシンガポール北西部にあるマングローブの森です。政府による再開発が予定されていました。4人の粘り強さのおかげで、6年の後、スンガイ・ブロー湿地は自然公園を名乗るようになりました。1992年、スバラジはさらに、調査チームの一員としてローワー・ピアース貯水池に広がる123.8ヘクタールの森林の保護に取り組みます。

わずか72時間で、シンガポールの見どころを巡る欲張りコース。

シンガポール3日間

すみからすみまで観光するには、時間が足りない? この旅程は、たった3日間でシンガポールを最大限に満喫できるおすすめコースです。