新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

保存状態の良いフク・タク・チー博物館に一歩足を踏み入れれば、そこには、せわしない日々の生活とは無縁の空間が広がっています。

撮影者 Joel Chua DY

フク・タク・チー博物館は、今、デザイナーズホテルの敷地の一角を占めています。

発展のさなかにあっても、この博物館が姿を消すことはありませんでした。ファー・イースト・スクエアの近くにいるなら、この趣のある小さな建物を訪れてみてください。保存状態の良いフク・タク・チー博物館に一歩足を踏み入れれば、そこには、せわしない日々の生活とは無縁の空間が広がっています。ショップハウスやオフィスビルの真っ只中で、沈思黙考のひとときを過ごせるスポットです。

もとは神社
フク・タク・チー寺院は、元々、儒教、道教の信者が崇拝する中国の神「大伯公」を祭った神社でした。

撮影者 Joel Chua DY

フク・タク・チー寺院は、元々、儒教、道教の信者が崇拝する中国の神「大伯公」を祭った神社でした。広東人と客家人の移民によって1820~1824年に建立され、多くの中国移民がシンガポールへの旅の加護に感謝を捧げに訪れました。

寄付が殺到したこの寺院は、1825年にレンガで建造されます。1869年に行われた福建人コミュニティの長、チアン・ホン・リム(Cheang Hong Lim)の出資による全面的改修など、数回にわたる修復を経ています。

改修と再開発

寺院はのちに、広東人および客家人のコミュニティの拠点となり、紛争解決を行う福祉協会としての役割も果たしました。

しかし、1990年代までに、この華やかな歴史は崩れ去り、寺院は荒廃します。建物は政府に引き渡され、寺院はゲイランにある神社に移転。中国とマレーシアの職人がすっかり修復し、博物館となったのは、1998年のことです。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgheritage インスタグラム

トリップアドバイザー