東京(2017年8月25日金曜日~8月27日日曜日)

ASPIDISTRAFLY x haruka nakamura LABO 公演

「シンガポール: インサイド・アウト(SG:IO)」第2弾では、シンガポールのクリエイター達が再び国際的アートシーンの最前線に登場します。このコンテンポラリークリエイティブ展が初めて開催されたのは2015年のこと。北京、ロンドン、ニューヨークを巡回してシンガポールに帰還しました。今回は、東京とシドニーに向けて、多岐の芸術分野にわたる作品と、国境を越えたコラボレーションの革新的な交わりを特徴とする、都市ごとに異なる展示が準備されています。

各3日間の展示では、クリエイティブな活動拠点として急成長中のシンガポールへの注目を集め、クリエイターたちの芸術的情熱を刺激します。東京会場の主要コンセプトは、シンガポールのクリエイティブスタジオ「SuperandCo(スーパーアンドコー)」が監修。日本とシンガポールの一流アーティストとともにマルチ感覚応用の旅に乗り出し、ビジュアルアート、音楽、ファッション、デザイン、映像など、多種多彩なアートが体験できます。

デジタルとライトのプロジェクション、パフォーマンス、マルチ感覚応用アートワークなど、さまざまなメディアによる体験型展示やパフォーマンスで構成される驚きに満ちたイベントにご期待ください。

「ハイパーシテイ」をテーマとする東京展は、表参道という洗練された街にある建築空間「バンクギャラリー」で開催し、世界屈指の先進技術を誇るシンガポールと東京という2つの都市で刻々と変化するアートの世界を 前衛的に表現します。照明&メディアアーティスト矢野大輔(JP=日本)、マルチデザイナーClara Yee(クララ・イー)(SG=シンガポール)、シンガポール発ブランドSupermama(スーパーママ)(SG)、デザインワークショップ石巻工房(JP)、パフォーマンスアーティストDiskodanny(ディスコダニー)(SG)、コンテンポラリーアーティスト清水美帆(JP)、サウンドアーティストZul Mahmod(ズル・マーモド)(SG)、フローラルアーティストPlantica(プランティカ)(JP)、シンガポールのファッションデザイナーJosiah Chua(ジョサイア・チュア)(SG)、マルチメディア集団Media Art Nexus(メディア・アート・ネクサス)(SG)など、シンガポールと日本を代表するクリエイター達のコラボレーションにご期待ください。

それだけではありません。展示作品を詳しく紹介するツアー、ワークショップ、トークショーも行われるほか、デザインや料理アートの多彩な提携イベントも都内各所で開催されます。

このページでは、これからもイベントの見どころをご紹介していきます。お見逃しなく。