新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

NUSミュージアムには、古典的な彫刻、現代絵画、複合メディア作品から成る意義深いコレクションが所蔵されています。

撮影者 NUSミュージアム

シンガポールや東南アジアの歴史を深く掘り下げたいなら、このシンガポール国立大学構内にある博物館は、規模は小さいながら珠玉のコレクションを所蔵しています。

工芸品の宝庫

この博物館では、4つのコレクションで、8,000点を超える工芸品や美術品が所蔵されています。著名な中国系シンガポール人実業家で慈善家でもあったリー・コン・チアン(Lee Kong Chian)の名にちなんで名付けられた「リー・コン・チアン・コレクション」は、古代から現代までの中国美術(絵画、陶器、装飾品など)を収蔵しています。「南アジア&東南アジア・コレクション」では、インドの古典的彫刻から現代絵画、複合メディア作品までに至る作品を鑑賞できます。また、「ン・エン・テン・コレクション」は、著名なシンガポール人彫刻家ン・エン・テン(Ng Eng Teng)による作品1,000点を擁するもので、この彫刻家のフィギュラティヴ・アートは、シンガポール市内多くの公共の場に展示されています。

4つめのコレクションは、NUS ババ・ハウス(157 Neil Road)にあります。先祖代々伝わってきた海峡華人一族の旧邸ですが、屋敷内の装飾を修復し、再現しています。

アートの歴史

NUSミュージアムは、当時シンガポールにあったマラヤ大学に1955年に設けられた大学美術館に端を発します。そのコレクションは、同機関における美術史研究に貢献しました。現在は、教育・研究の総合的リソースになっています。2004年、シンガポール国立大学やシンガポール国内外のアートの質と成長を後押しする芸術エージェンシー「NUSセンター・フォー・ジ・アーツ(Centre For the Arts: CFA)」と提携しました。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#nusmuseum インスタグラム

トリップアドバイザー