カイラ にインタビュー

カイラ
にインタビュー

世界最速のスカイダイバー

まさに空を飛べるカイラ・ポーは、週に少なくとも5回、時速230kmの速さで風に乗るインドアスカイダイビングチャンピオン。「ウィンドトンネル」という風洞装置の中で行う後方宙返りの回数最多記録(68回)の持ち主です。不撓不屈の精神で数え切れないほどの時間をトレーニングに費やし、最高のフライヤーになった彼女は、スクール・オブ・アートの3年生。インドアスカイダイビングワールドカップで優勝したのは、2016年8月のことです。2カ月後に開かれたインドアスカイダイビングワールドカップでも金メダルを取った彼女は、さらに世界大会「ウィンドゲームズ2017」で2つの金メダルに輝き「世界最速フライヤー」のタイトルを獲得しました。

発奮の源は
無限の
可能性

「夢は宇宙飛行士になることでした。自分が飛べる唯一の方法だと思ったからです」と、カイラは打ち明けてくれました。空を飛ぶことと、インドア・スカイダイビングがもつ無限の可能性に、カイラが初めて憧れたのは8歳の時でした。「(インドア・スカイダイビングには)学びが尽きません。インドア・スカイダイビングは、さまざまなスポーツの組み合わせのようなものです。」 この怖い物知らずの彼女の願いは、視野を広げること。インドアスカイダイビングで経験できるすべてを経験すること。「夢は、世界中のいろいろな垂直のトンネル(インドア・スカイダイビング用チューブ)に行けるようになることです。100カ所以上あるんですよ!」

カイラのアドベンチャースポット

空中ヨガからジェットコースターまで、スリルを求める人を魅了するシンガポールは刺激と興奮に満ちあふれています。

伸びる、浮く

伸びる、浮く

カイラいわく、「空中ヨガは、たしかに新しい技を試すのに役立ちます。空中ヨガで、空中に(浮いて)いる時に体を無理なく伸ばすことを覚えた」そうです。 Upside Motion—空中ヨガのクラスを設けているスタジオ――カイラが過酷な試行錯誤を経て、空中での動きを上達させた際の協力スタジオです。

情熱は翼に乗って

情熱は翼に乗って

「情熱はとても大切です。でも、努力や献身も必要でしょう」と、自らの活躍の原動力についてカイラは語ってくれました。指導養成のため、このインドア・スカイダイビングチャンピオンは、自分が週7日のうち5日トレーニングをしているiFlyシンガポールで年下の仲間の指導を非公式に行っています。

セントーサ島でアウトドアのスリルを体験

セントーサ島でアウトドアのスリルを体験

インドア・スカイダイビングにとどまらないスリルを求めるカイラのお気に入りは、メガ・アドベンチャーパーク─シンガポール。メガジップ(75mのジップライン)などの各種アドベンチャーアトラクションが充実しています。カイラが言うには、「(私がトレーニングしている)iFlyに近いので、セントーサ島でよく過ごします。週7日のうち5日はここにいますよ。私の遊び場です」とのことです。

USSの大興奮ジェットコースター

USSの大興奮ジェットコースター

「ジェットコースターはいつ乗っても楽しいですね。私は、ちょっと命知らず」と言うカイラ。空を飛ぶことに対するカイラの愛を理解したい方は、ぜひユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)に行って、体を駆けめぐるアドレナリンを体験してみましょう。若きチャンピオンがインドアスカイダイビングを選ぶ決意をしたのは、幼い頃に乗ったジェットコースターの影響でした。

スリルを求める人のための1日プラン

ジェットコースターや東南アジア随一の高低差を誇るジップライン。島の各地で楽しめるアクティビティをカイラ・ポーが紹介します。